2002.04.08

【日本呼吸器学会速報】 非定型抗菌症の発症に関連する遺伝因子の探索が進む

 国立国際医療センター研究所呼吸器疾患研究部を中心とする研究グループで、非定型抗酸菌症の発症に関与している遺伝因子を明らかにする研究が進んでいる。その一端を、同研究部の田中剛氏が4月4日の口演で発表した。

 対象は、非定型抗酸菌症患者91人と健常者96人。非定型抗酸菌症は、非定型抗酸菌症診断基準を満たす肺Mycobacterium avium complex症例で、HIV症例や血液疾患症例、免疫抑制剤使用例(ステロイド含む)を除いた症例。

 田中氏らはまず関連遺伝子として、Th1系免疫に関わる遺伝子、自然免疫に関わる遺伝子、殺菌に関わる遺伝子を候補に挙げた。

 これらの近傍でマイクロサテライトを検索しプライマーを設定。マイクロサテライトの多系の有無を確認後、多系を示したものをマーカーとして使い症例と対照でタイピングを行った。

 その結果、Th1系免疫に関わる遺伝子のうち「IL−18R1」という遺伝子座が、また自然免疫・殺菌に関連する遺伝子では、「TLR4」という遺伝子座が、非定型抗酸菌症との関連性が強いことがわかったという。

 これらの遺伝子座が非定型抗酸菌症の発症にどのように関わっているかは今後の解析を待たなければならないが、遺伝子レベルでの解析の糸口が見つかったことは大きな一歩といえそうだ。


========================================================================
「市中肺炎診療の実態調査」ご協力のお願い

 MedWaveは、日本呼吸器学会および日本感染症学会の開催を機に、「市中肺炎診療の実態調査」(企画協力:日経メディカル開発)を実施しております。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、外来で遭遇する肺炎(市中肺炎)の診療方法や考え方、抗菌薬の処方経験、市中肺炎診療に関する情報ニーズなどをお伺いし、市中肺炎診療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面は --> こちらから

========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256