2002.04.04

有酸素運動の降圧効果は3〜4mmHg、無作為化試験のメタ分析で示唆

 ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行えば、収縮期血圧で約4mmHg、拡張期血圧で約3mmHgの降圧が見込めることが、無作為化試験54報のメタ分析から明らかになった。定期的な有酸素運動に降圧作用があることは知られていたが、どの程度の降圧効果があるかを評価した研究は初めて。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌4月2日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、米国Tulane大学公衆衛生・熱帯医学部のSeamus P. Whelton氏ら。Whelton氏らは、2001年9月までに発表された、有酸素運動の降圧効果を調べた無作為化試験論文を網羅的に抽出。試験参加者2419人のデータに「ランダム効果モデル」を適用して、運動療法が血圧に及ぼす効果を評価した。

 その結果、20〜30分程度の有酸素運動を週に数回行うと、収縮期血圧が3.84mmHg(95%信頼区間:4.97〜2.72)、拡張期血圧が2.58mmHg(同:3.35〜1.81)、それぞれ低下すると見積もれることが判明。運動の降圧効果は、実施者の血圧(高血圧か否か)や体重(肥満か否か)とは無関係であることもわかった。ただし、無作為化試験の多くは追跡期間が6カ月未満であり、6カ月以上追跡した研究では降圧効果は少なくなった。

 以上から研究グループは、長期的な効果については検証の余地があるものの、高血圧患者や肥満者だけでなく正常血圧の健常者に対しても、定期的な有酸素運動には軽度の降圧効果があると結論。高血圧の治療や予防を目的とした生活習慣の改善策として、定期的な有酸素運動の有用性は高いとした。

 この論文のタイトルは、「Effect of Aerobic Exercise on Blood Pressure: A Meta-Analysis of Randomized, Controlled Trials」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正