2002.04.04

有酸素運動の降圧効果は3〜4mmHg、無作為化試験のメタ分析で示唆

 ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行えば、収縮期血圧で約4mmHg、拡張期血圧で約3mmHgの降圧が見込めることが、無作為化試験54報のメタ分析から明らかになった。定期的な有酸素運動に降圧作用があることは知られていたが、どの程度の降圧効果があるかを評価した研究は初めて。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌4月2日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、米国Tulane大学公衆衛生・熱帯医学部のSeamus P. Whelton氏ら。Whelton氏らは、2001年9月までに発表された、有酸素運動の降圧効果を調べた無作為化試験論文を網羅的に抽出。試験参加者2419人のデータに「ランダム効果モデル」を適用して、運動療法が血圧に及ぼす効果を評価した。

 その結果、20〜30分程度の有酸素運動を週に数回行うと、収縮期血圧が3.84mmHg(95%信頼区間:4.97〜2.72)、拡張期血圧が2.58mmHg(同:3.35〜1.81)、それぞれ低下すると見積もれることが判明。運動の降圧効果は、実施者の血圧(高血圧か否か)や体重(肥満か否か)とは無関係であることもわかった。ただし、無作為化試験の多くは追跡期間が6カ月未満であり、6カ月以上追跡した研究では降圧効果は少なくなった。

 以上から研究グループは、長期的な効果については検証の余地があるものの、高血圧患者や肥満者だけでなく正常血圧の健常者に対しても、定期的な有酸素運動には軽度の降圧効果があると結論。高血圧の治療や予防を目的とした生活習慣の改善策として、定期的な有酸素運動の有用性は高いとした。

 この論文のタイトルは、「Effect of Aerobic Exercise on Blood Pressure: A Meta-Analysis of Randomized, Controlled Trials」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55