2002.04.03

慢性炎症が2型糖尿病の誘発因子に、IRAS研究が示唆

 約1000人の健常者を追跡した観察研究で、代表的な炎症マーカーであるC反応性蛋白(CRP)値が高い人では、5年以内に2型糖尿病を発症する確率が高いことがわかった。さらに、線溶系の機能低下を反映するプラスミノーゲン活性化阻害因子1(PAI-1)も、インスリン抵抗性とは独立の糖尿病発症因子であることが明らかになった。糖尿病患者は虚血性心疾患に罹患しやすいが、その背景には、慢性的な炎症や凝固亢進状態という共通因子があるようだ。研究結果は、Diabetes誌4月号に掲載された。

 この研究は、IRAS(Insulin Resistance Atherosclerosis Study)研究の一環として行われたもの。IRAS研究の参加者1625人のうち、研究参加時に糖尿病を発症していない1047人を解析対象とした。解析対象者の平均年齢は54.8歳、女性が約6割で、平均体脂肪指数(BMI)は28.4。人種比率は白人が約4割、黒人とヒスパニックがそれぞれ約3割だった。

 5年の追跡期間で144人(14%)が2型糖尿病を発症したが、糖尿病の発症者では、非発症者と比べ、研究参加時のCRP値、PAI-1値や、PAI-1と同じく線溶系のマーカーであるフィブリノーゲン値が有意に高かった。これらの検査値は、人種や性別に関わらず、糖尿病の発症と相関していた。

 ただし、BMIなど体脂肪の指標や、インスリン感受性で補正すると、CRP値やフィブリノーゲン値と糖尿病発症との関連は弱まった。しかし、PAI-1に関しては、補正後もこうした他の危険因子とは独立に糖尿病の発症と強い相関があることがわかったという。

 以上から研究グループは、虚血性心疾患の誘発因子として知られる慢性炎症状態は、肥満とは無関係ではないものの、糖尿病も誘発し得ると結論。血栓のできやすさを反映し、インスリン抵抗性との関連も知られているPAI-1は、2型糖尿病の発症リスクを早期から反映するマーカーとみなし得るとしている。

 この論文のタイトルは、「Elevated Levels of Acute-Phase Proteins and Plasminogen Activator Inhibitor-1 Predict the Development of Type 2 Diabetes」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172