2002.04.02

コーヒーでは高血圧にならない、30年間の追跡研究で判明

 コーヒーを飲むと血圧は上がるが、コーヒーを毎日飲み続けても、高血圧になる確率はコーヒーを飲まない人と変わらないことがわかった。米国Johns Hopkins大学医学部の卒業生を30年以上追跡した調査で判明したもの。コーヒー好きの人には朗報と言えそうだ。調査結果は、Archives of Internal Medicine誌3月25日号に掲載された。

 コーヒーを飲み続けると、カフェインの昇圧作用によって、いずれ高血圧を発症するのではないか−−。コーヒーの愛飲者が多いアメリカでは、60年以上前からこの「コーヒー高血圧誘因説」が議論の的となっていた。

 この仮説の検証に乗り出したのが、名門医科大学の一つ、Johns Hopkins大学の卒業生たち。1948年から1964年の卒業生1017人(女性を除く)が参加して、コーヒーが高血圧を引き起こすかどうかを調べる「Johns Hopkins追跡研究」をスタートした。

 卒業生たちは、学校を卒業する際に、「1日何杯コーヒーを飲むか」「喫煙習慣はあるか」「コーヒーを飲むときにタバコは吸うか」「飲酒量はどの程度か」といった質問に回答。同時に血圧を測定した。その後、ほぼ5年おきに同様の設問への解答と血圧測定を行い、コーヒーを飲み続けることが血圧にどのような影響を与えるかを調べた。追跡期間の中央値は33年間。

 その結果、コーヒーを飲む習慣がある人では、コーヒーを全く飲まない人よりも血圧が高いことが判明。1日当たりのコーヒー消費量が1杯増えるごとに、最高血圧(収縮期血圧)は0.19mmHg、最低血圧(拡張期血圧)は0.27mmHg上昇することもわかった。

 しかし、60歳までに高血圧を発症した人の割合は、コーヒーを飲む人でも飲まない人でも2〜3割程度。高血圧発症者はコーヒー愛飲者でやや多い傾向はあったが、統計学的には差がなかった。なお、喫煙の有無やタイミング、飲酒量などは、血圧と特に関係はなかったという。

 この調査では、カフェイン抜きコーヒーだけを飲む人は「コーヒーを飲まない」とみなしている。また、大抵の米国人はコーヒーをブラックで飲むためか、ミルクや砂糖をコーヒーに入れるかどうかは調べていない。つまり、カフェイン以外のコーヒーの成分や、コーヒーと一緒に摂る糖分などに関しては検討されていないわけだ。こうした限界はあるものの、少なくともコーヒーをブラックで飲む男性では、飲み続けても高血圧になる心配はしなくてもよさそうだ。

 この論文のタイトルは、「Coffee Intake and Risk of Hypertension」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:409
  2. 新検査法の登場で百日咳の診断が変わる トレンド◎ガイドラインも改訂、早期診断・治療が可能に FBシェア数:284
  3. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:103
  5. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:472
  6. ディオバン事件告発の「成果」──結審を迎えて 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:40
  7. ヒトの健康と腸内細菌叢に関する最新情報 NEJM誌から FBシェア数:229
  8. ロラタジンが要指導医薬品に指定 ペミロラストカリウム点眼は要指導から第1類へ FBシェア数:65
  9. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  10. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:82