2002.03.29

三共、参天製薬にA2受容体拮抗薬を導出、緑内障治療薬として開発

 三共と参天製薬は3月27日、三共が緑内障治療薬として開発を進めてきたCS-088(開発コード、一般名:未定)の開発などに関する契約を締結したと発表した。この契約で参天製薬は、CS-088の全世界における開発・製造・販売権を保持する。

 CS-088はアンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬で、A2受容体拮抗薬の緑内障治療薬としての開発は世界初。ユニークな眼圧降下作用を持つ薬として注目を集めそうだ。国内での第1相試験は三共が実施したが、第2相以降の試験は眼科用薬に強みを持つ参天製薬が実施する。この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:724
  2. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:4
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:1
  4. 怖い先生と研修医 病院珍百景 FBシェア数:0
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 気胸で呼吸困難! 前胸部に穿刺できますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:212
  7. 誤嚥性肺炎の絶食・抗菌薬、本当に必要? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:336
  8. 患者に共感を示す基本技術 患者の心を開くメディカル・サポート・コーチング塾 FBシェア数:38
  9. オーダー時にアラートを出し無駄な検査を削減 特集◎検査の賢い減らし方《実践編1》 FBシェア数:23
  10. 来る空床時代! あなたの病院は生き残れるか? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:20