2002.03.22

【ACC '02速報】 安定狭心症患者の脳心事故、運動療法でPCIより低減

 安定狭心症患者に運動療法を行うと、冠動脈インターベンション(PCI)を行うよりも、脳心事故や症状悪化による入院などが減ることがわかった。「PET」(PTCA/Stent vs. Exercise Training in Symptomatic Patients With CAD)パイロット研究の結果によるもので、ドイツLeipzig大学心臓センターのRainer Hambrecht氏が、3月18日のシンポジウム「The Changing Therapeutic Role of Exercise Training in Contemporary Cardiology」で発表した。

 対象は、労作時に症状が出る安定狭心症患者101人。平均年齢は61歳で4割に心筋梗塞の既往があり、狭窄がある冠動脈数は半数が1枝、3割が2枝で、残りの2割には3枝に病変があった。Hambrecht氏は、対象患者を無作為に2群に分け、一方にはPCI、他方には運動療法を行って予後を比較した。

 1年が経過した時点で両群を比較すると、運動療法群(51人)では狭心症の悪化で一人が入院したのに対し、PCI群(50人)では6人が入院。PCIの(再)施行数は3人対9人、脳卒中の発症または冠動脈バイパス術(CABG)の施行数も2人対3人となり、いずれも運動療法群で少なくなった。1年後の無事故生存率は、PCI群が64%であるのに対し、運動療法群は90%と有意に高くなった(p<0.005)。

 運動中の心筋血流をシンチグラフィーで評価すると、PCI群と運動療法群は、同じ程度に回復していることが判明。しかし、最大酸素摂取能は、PCI群で施行前とほとんど変わらなかったのに対し、運動療法群では2割強の増加がみられた。CCS狭心症重症度評価でも、運動療法群の方がPCI群よりも大きな改善がみられた。

 この結果についてHambrecht氏は、「PCIでは主要冠動脈の血行のみが改善されるが、運動療法では末梢血管も含めた体全体の血行動態が改善されるため、運動耐容能が上がって症状の軽減や脳心事故の低下につながったのではないか」と考察。より長期的な効果について、今後検討を進めていきたいとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5