2002.03.22

【ACC '02速報】 安定狭心症患者の脳心事故、運動療法でPCIより低減

 安定狭心症患者に運動療法を行うと、冠動脈インターベンション(PCI)を行うよりも、脳心事故や症状悪化による入院などが減ることがわかった。「PET」(PTCA/Stent vs. Exercise Training in Symptomatic Patients With CAD)パイロット研究の結果によるもので、ドイツLeipzig大学心臓センターのRainer Hambrecht氏が、3月18日のシンポジウム「The Changing Therapeutic Role of Exercise Training in Contemporary Cardiology」で発表した。

 対象は、労作時に症状が出る安定狭心症患者101人。平均年齢は61歳で4割に心筋梗塞の既往があり、狭窄がある冠動脈数は半数が1枝、3割が2枝で、残りの2割には3枝に病変があった。Hambrecht氏は、対象患者を無作為に2群に分け、一方にはPCI、他方には運動療法を行って予後を比較した。

 1年が経過した時点で両群を比較すると、運動療法群(51人)では狭心症の悪化で一人が入院したのに対し、PCI群(50人)では6人が入院。PCIの(再)施行数は3人対9人、脳卒中の発症または冠動脈バイパス術(CABG)の施行数も2人対3人となり、いずれも運動療法群で少なくなった。1年後の無事故生存率は、PCI群が64%であるのに対し、運動療法群は90%と有意に高くなった(p<0.005)。

 運動中の心筋血流をシンチグラフィーで評価すると、PCI群と運動療法群は、同じ程度に回復していることが判明。しかし、最大酸素摂取能は、PCI群で施行前とほとんど変わらなかったのに対し、運動療法群では2割強の増加がみられた。CCS狭心症重症度評価でも、運動療法群の方がPCI群よりも大きな改善がみられた。

 この結果についてHambrecht氏は、「PCIでは主要冠動脈の血行のみが改善されるが、運動療法では末梢血管も含めた体全体の血行動態が改善されるため、運動耐容能が上がって症状の軽減や脳心事故の低下につながったのではないか」と考察。より長期的な効果について、今後検討を進めていきたいとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25