2002.03.20

【ACC '02速報】 サプリメントの臨床研究、実施数は補助金の額に依存

 「心臓を強くする」「悪玉コレステロールを下げる」「血管を若返らせる」−−。米国では循環器分野の疾患に対しても、様々な栄養補助食品(サプリメント)が使われているが、臨床的なエビデンスが豊富なサプリメントは、政府からの研究助成金も潤沢であることがわかった。米国国立衛生研究所(NIH)栄養補助食品局(Office of Dietary Supplements)のRebecca B. Costello氏らによる検討結果で、3月19日のシンポジウム「Complementary and Alternative Therapies for Cardiovascular Disease」で発表された。

 米国では1年間に、167億ドルのサプリメントが販売されている。最も多いのはビタミン類(58億ドル)で、次いでセント・ジョーンズ・ワート(オトギリソウ)やイチョウ葉などのハーブ系サプリメント(41億ドル)、運動選手向け栄養剤(15億ドル)、ミネラル類(12億ドル)と続く。うち、循環器疾患の予防や治療に用いられているサプリメントの市場規模は7億4500万ドルで、多い順にビタミンE(21%)、補酵素Q10(14%)、ニンニクエキス(12%)、脂肪酸類(8%)となっている(データはいずれも2000年)。

 Costello氏らは、代表的な医学論文データベースである「メドライン」を使い、循環器疾患に対して用いられているサプリメントの上位3種について、臨床研究がどの程度行われているかを調べた。その結果、ビタミンEについては臨床研究が104件行われているのに対し、補酵素Q10では10件、ニンニクエキスでも10件と、エビデンスの量に格段の違いがあることが明らかになった。

 次にCostello氏らは、これらのサプリメントの臨床研究に対して、NIHからどの程度の助成金が支給されているかを調べた。すると、ビタミンEの臨床研究には、これまで3600万ドルの助成金が出されていたのに対し、補酵素Q10やニンニクエキスへの研究助成金はほぼゼロで、「政府からの補助金の額がエビデンスの量に対する決定因子」(Costello氏)であることが示唆された。

 NIHは毎年、循環器分野のサプリメント研究に対して4600万ドルの助成金を支給しているが(1999会計年度実績)、その62%はビタミンB類(葉酸、B6、B12など)に対するもの。以下、脂肪酸類(10%)、ビタミンE(7%)、大豆蛋白(6%)、抗酸化物質(3%)と続くが、サプリメントの種類によって研究助成金額に大きな差がある点は否めない。

 “見込みのある”研究に大きな予算が付くのは世の常だが、Costello氏は「少なくとも一般市民が広く使用するサプリメントについては、科学的なエビデンスによる裏付けが必要」と強調。サプリメントなどの補助・代替医療と、通常の医療とが統合されるためにも、安全性や効果に対する科学的なエビデンスの集積を進めたいとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25