2002.03.08

前立腺癌の死亡率低下はPSA検診とは無関係、カナダの研究が示唆

 住民検診として、前立腺特異抗原(PSA)を用いた前立腺癌検診を取り入れる市町村が増えている。しかし、その根拠として挙げられることの多かった、1990年代後半のカナダにおける前立腺癌死亡率の低下が、PSA検診による癌発見率の増加とは関連がみられないことがわかった。Quebecで行われたコホート研究によるもので、研究結果はCanadian Medical Association Journal誌3月5日号に掲載された。

 Quebecでは1980年代の後半からPSAを用いた前立腺癌検診の受診者が増え、1989年から1993年にかけて、前立腺癌と診断される患者数が急増。これと呼応するように、1995年から前立腺癌による年齢調整死亡率の低下が始まり、「PSA検診による癌の早期発見が死亡率の低下につながったのでは」との見方が強まっていた。

 カナダLaval大学のLinda Perron氏らは、この点を検証するために、Quebecの住民のうち50歳以上の男性を2歳幅で15のコホートに分割。各年齢層ごとに、1989〜1993年における前立腺癌の罹患率推移と、1995〜1999年における死亡率推移とを比較した。

 結果を一見すると、どの年齢層でも前立腺癌の罹患率が上昇し、死亡率が低下する傾向があった。ところが、年齢層ごとの罹患率の上昇幅と、死亡率の低下幅とには何ら相関はみられず、罹患率と死亡率とに因果関係があるとは考えにくいことが判明した。

 論文に対する論説では、PSA検診の根拠として挙げられることの多い他の研究にも、「検査から3〜6年で死亡率に影響が出るのは早過ぎる」「無作為化が不完全」などの批判が出ていることを指摘。この問題に決着を付けるには大規模な無作為化試験が必要で、1990年代前半から「ERSPC」(European Randomized study of Screening for Prostate Cancer)と「PLCO」(Prostate, Lung, Colorectal, Ovarian cancer)という二つの大規模無作為化試験がスタートしていることを紹介している。

 この論文のタイトルは、「PSA screening and prostate cancer mortality」。現在、全文をこちらで閲読できる。論説「Does PSA screening reduce prostate cancer mortality」もこちらから全文の閲読が可能だ(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256