2002.03.07

気管支鏡の欠陥で緑膿菌感染増加の疑い、Johns Hopkinsで患者追跡調査

 Olympus America社製気管支鏡の欠陥が原因で、緑膿菌感染者が増加した可能性が高いとして、米Johns Hopkins Medical Institutionは、一定期間内に気管支肺胞洗浄を行った患者の追跡調査を行うことを3月4日明らかにした。

 同気管支鏡は、Olympus America社が昨年12月、テネシー州内の医療機関で細菌汚染が見つかったことを受けて、自主回収に踏み切ったもの。同社では、気管支鏡の一部がゆるく、それが汚染の原因になった可能性があるとしている。

 Johns Hopkinsでは、昨年6月1日から今年2月4日までの間、約410人の患者に対し気管支肺胞洗浄を行った。そのうち、緑膿菌感染が認められたのは約100人と、患者の属性から予測できる数の2〜3倍を記録したという。

 これを受けて同院は、今年1月に、気管支鏡に通常とは逆方向から液体を流し込んで調べたところ、Olympus America社の気管支鏡のみから緑膿菌が見つかった。同院の医師らは、この汚染がOlympus America社の自主回収の原因となった、気管支鏡の一部のゆるみと関連している可能性が高いと考えている。

 なお、Johns Hopkinsでは、二人の患者が気管支鏡汚染が原因の肺炎で死亡した可能性があるものの、両者は既に重態で、その因果関係を明らかにするのは難しいとしている。

 詳しくは、米Johns Hopkins Medical Institutionによる、ニュース・リリース、まで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114