2002.03.07

気管支鏡の欠陥で緑膿菌感染増加の疑い、Johns Hopkinsで患者追跡調査

 Olympus America社製気管支鏡の欠陥が原因で、緑膿菌感染者が増加した可能性が高いとして、米Johns Hopkins Medical Institutionは、一定期間内に気管支肺胞洗浄を行った患者の追跡調査を行うことを3月4日明らかにした。

 同気管支鏡は、Olympus America社が昨年12月、テネシー州内の医療機関で細菌汚染が見つかったことを受けて、自主回収に踏み切ったもの。同社では、気管支鏡の一部がゆるく、それが汚染の原因になった可能性があるとしている。

 Johns Hopkinsでは、昨年6月1日から今年2月4日までの間、約410人の患者に対し気管支肺胞洗浄を行った。そのうち、緑膿菌感染が認められたのは約100人と、患者の属性から予測できる数の2〜3倍を記録したという。

 これを受けて同院は、今年1月に、気管支鏡に通常とは逆方向から液体を流し込んで調べたところ、Olympus America社の気管支鏡のみから緑膿菌が見つかった。同院の医師らは、この汚染がOlympus America社の自主回収の原因となった、気管支鏡の一部のゆるみと関連している可能性が高いと考えている。

 なお、Johns Hopkinsでは、二人の患者が気管支鏡汚染が原因の肺炎で死亡した可能性があるものの、両者は既に重態で、その因果関係を明らかにするのは難しいとしている。

 詳しくは、米Johns Hopkins Medical Institutionによる、ニュース・リリース、まで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:142
  2. NHKさん大丈夫?ベルソムラで糖尿病予防って くめやすはるの「健康番組タメツスガメツ」 FBシェア数:565
  3. 院長を落胆させた「即戦力新人」の仕事ぶり 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:2
  4. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  5. 米国医療に憧れる君へ 愛のハリセン FBシェア数:129
  6. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:69
  7. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:322
  8. その点滴を止めろ! DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:15
  9. 「誇大広告」とはいったい何だったのか? 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  10. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0