2002.03.07

気管支鏡の欠陥で緑膿菌感染増加の疑い、Johns Hopkinsで患者追跡調査

 Olympus America社製気管支鏡の欠陥が原因で、緑膿菌感染者が増加した可能性が高いとして、米Johns Hopkins Medical Institutionは、一定期間内に気管支肺胞洗浄を行った患者の追跡調査を行うことを3月4日明らかにした。

 同気管支鏡は、Olympus America社が昨年12月、テネシー州内の医療機関で細菌汚染が見つかったことを受けて、自主回収に踏み切ったもの。同社では、気管支鏡の一部がゆるく、それが汚染の原因になった可能性があるとしている。

 Johns Hopkinsでは、昨年6月1日から今年2月4日までの間、約410人の患者に対し気管支肺胞洗浄を行った。そのうち、緑膿菌感染が認められたのは約100人と、患者の属性から予測できる数の2〜3倍を記録したという。

 これを受けて同院は、今年1月に、気管支鏡に通常とは逆方向から液体を流し込んで調べたところ、Olympus America社の気管支鏡のみから緑膿菌が見つかった。同院の医師らは、この汚染がOlympus America社の自主回収の原因となった、気管支鏡の一部のゆるみと関連している可能性が高いと考えている。

 なお、Johns Hopkinsでは、二人の患者が気管支鏡汚染が原因の肺炎で死亡した可能性があるものの、両者は既に重態で、その因果関係を明らかにするのは難しいとしている。

 詳しくは、米Johns Hopkins Medical Institutionによる、ニュース・リリース、まで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正