2002.03.07

気管支鏡の欠陥で緑膿菌感染増加の疑い、Johns Hopkinsで患者追跡調査

 Olympus America社製気管支鏡の欠陥が原因で、緑膿菌感染者が増加した可能性が高いとして、米Johns Hopkins Medical Institutionは、一定期間内に気管支肺胞洗浄を行った患者の追跡調査を行うことを3月4日明らかにした。

 同気管支鏡は、Olympus America社が昨年12月、テネシー州内の医療機関で細菌汚染が見つかったことを受けて、自主回収に踏み切ったもの。同社では、気管支鏡の一部がゆるく、それが汚染の原因になった可能性があるとしている。

 Johns Hopkinsでは、昨年6月1日から今年2月4日までの間、約410人の患者に対し気管支肺胞洗浄を行った。そのうち、緑膿菌感染が認められたのは約100人と、患者の属性から予測できる数の2〜3倍を記録したという。

 これを受けて同院は、今年1月に、気管支鏡に通常とは逆方向から液体を流し込んで調べたところ、Olympus America社の気管支鏡のみから緑膿菌が見つかった。同院の医師らは、この汚染がOlympus America社の自主回収の原因となった、気管支鏡の一部のゆるみと関連している可能性が高いと考えている。

 なお、Johns Hopkinsでは、二人の患者が気管支鏡汚染が原因の肺炎で死亡した可能性があるものの、両者は既に重態で、その因果関係を明らかにするのは難しいとしている。

 詳しくは、米Johns Hopkins Medical Institutionによる、ニュース・リリース、まで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0