2002.03.06

FDA、核酸試験による血中HIVとHCVのスクリーニング試験を初承認

 米国食品医薬品局(FDA)はこのほど、核酸試験を用いた血中HIV(エイズウイルス)とHCV(C型肝炎ウイルス)のスクリーニング試験を承認した。この試験を用いることで、従来の抗体や抗原を検出するスクリーニング試験に比べ、HIVとHCV感染を早期に検出できるという。

 現状では、HCV感染についてはHCV抗体、HIV感染についてはHIV抗体やHIV-1抗原を用いて、献血血液のスクリーニングを行っている。だが、ドナーが感染して間もない場合、抗体や抗原が検出されず、試験結果が陰性と出てしまうことがあった。

 具体的には、HCV抗体を用いた試験では、ドナーが感染して平均82日間は偽陰性となってしまう。HIV抗体では同日数は22日、HIV-1抗原では16日という。今回承認を受けた核酸試験を用いることで、偽陰性が出てしまう日数はHCV感染で25日に、HIV感染では12日に、それぞれ短縮されるという。

 なお、今回承認を受けたスクリーニング試験の開発元はGen-Probe 社(カリフォルニア州San Diego)、発売元はChiron Corporation社(カリフォルニア州Emeryville)。米国では、HIV感染については85年から、HCV感染は90年から、それぞれ献血血液のスクリーニングを行っている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14