2002.03.03

高血圧の生涯罹患率は90%、Framingham研究で判明

 Framingham研究の参加者を対象とした解析で、55歳または65歳時に血圧が正常だった人でも、10人に9人までが生存中に高血圧を発症し得ることがわかった。20年前の同様の調査と比べ、男性で高血圧の罹患率が上昇していることも判明したという。解析結果は、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2月27日号に掲載された。

 今回行われた解析の目的は、血圧が正常な中高年者を約20年追跡した場合、どの程度の人が高血圧(血圧が140/90mmHg以上)を発症するかを調べること。研究グループは、米国の代表的な地域コホート研究であるFramingham研究の参加者から、1976〜1980年の時点で55歳または65歳の人を抽出。うち血圧が正常だった1298人を1998年まで追跡し、高血圧の生涯罹患率を算出した。

 その結果、当初の年齢や性別を問わず、高血圧の生涯罹患率は90%と推測されることが判明。この生涯罹患率は、女性では20年前の同様の調査(1952〜1975年調査)と同じだったが、男性では1.6倍になっていた。

 一方、中等症の高血圧(160/100mmHg以上、米国合同委員会(JNC)ガイドラインのステージ2に相当)を発症する生涯リスクは35〜44%となり、前回調査時の35〜57%より低下していることも明らかになった。

 研究グループは、今回得られた結果は「公衆衛生という見地から大問題」だと指摘。高血圧の発症は生活習慣の改善で予防できるため、今後は1次予防により力を注ぐべきと提言している。

 ただし、高齢者高血圧の病態は若年者とは異なる面も多く、若年者と同じ予防策が有効かどうかや、降圧治療が生命予後をどの程度改善するかなど、解明しなければならない課題も多い。今回の解析結果が、高齢者高血圧の病態解明を進める大きな契機となることを期待したい。

 この論文のタイトルは、「Residual Lifetime Risk for Developing Hypertension in Middle-aged Women and Men」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2