2002.02.26

ACCで報告される「LIFE試験」のサブ解析、本試験の発表前にCirculation誌で早期公開

 心肥大を合併した高血圧患者を対象に、β遮断薬のアテノロールを対照薬としてアンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬のロサルタンの有用性を調べた「LIFE試験」(The Losartan Intervention For Endpoint Reduction in Hypertension)のサブ解析が、Circulation誌のホームページで早期公開された。本試験の結果は、米国心臓学会(ACC)の「Late Breaking Clinical Trials」セッションで、3月20日に発表される予定(関連トピックス参照)で、本試験の発表前にサブ解析が公開されるのは極めて異例だ。

 今回報告されたのは、LIFE試験の参加者のうち、試験開始時と試験中に心臓超音波検査(心エコー)を行った728人に対する1年後の解析結果だ。対象患者の平均年齢は66.2歳で、治療前の左室重量は234g、左室内径は5.29cm。ロサルタンまたはアテノロールを基礎薬とする降圧治療で、治療目標値(140/90mmHg)には至らないものの、血圧が収縮期で23mmHg、拡張期で11mmHg低下して平均151/84mmHgとなり、心拡張能が改善することがわかったという。

 具体的には、1年間の降圧治療で、エコーで評価した左室重量と心中隔壁厚が有意に減少しており、左室内径は有意に増加した。さらに、左室拡張機能の指標である等容性弛緩時間と、E/A比(急速流入期の僧帽弁口の最大流入速度を反映するE波と、心房収縮期の僧帽弁口の最大流入速度を反映するA波との比)も有意な改善を認めた。ただし、左室流入血流波形は、1年後でも57%が異常を示している。

 心肥大の退縮は、評価対象となった726人中560人で認められているが、これらの患者では等容性弛緩時間やE/A比、左室流入血減速時間の正常化がみられた。一方、心肥大が退縮しなかった患者(166人)では、こうした指標に有意な変化はなかった。

 さらに、多変量解析の結果からは、左室等容性弛緩時間の短縮と左室重量減少、E/A比の改善と拡張期血圧の低下、左室流入血減速時間増加と拡張末期左室壁厚の減少とが、独立して相関することも明らかになった。

 なお、今回のサブ解析は、本試験の発表前に行われているため、ロサルタン群とアテノロール群との比較はなされていない。β遮断薬の服用で心拍が低下することも知られているが、心拍に基づく比較結果も明らかになっていない。

 LIFE試験は、高血圧に対するA2受容体拮抗薬の有用性を検討した初の大規模試験として期待されており、ACCでの報告が待たれる。

 この論文のタイトルは、「Change in Diastolic Left Ventricular Filling After One Year of Antihypertensive Treatment. The Losartan Intervention For Endpoint Reduction in Hypertension (LIFE) Study」。アブストラクトは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.2.8 ACC、「Late Breaking Clinical Trials」セッションへの採択演題を発表

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48