2002.02.25

米国厚生省、40歳以上のマンモグラフィによる乳癌検診を推奨

 米国厚生省(HHS)は2月21日、40歳以上のマンモグラフィを用いた、毎年または隔年の乳癌検診が有効であるとする推奨ガイドラインを公表した。その際、触診によるスクリーニングは、行っても行わなくてもよいとしている。これは、HHSがスポンサーである、予防とプライマリケア分野の専門委員会U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)が、主に八つの無作為化コントロール試験(追跡期間は11〜20年)の結果を元にまとめたもの。USPSTFが96年に作成したガイドラインでは、50〜69歳の毎年の実施を勧めていた。

 USPSTFは新ガイドラインの中で、これまでのエビデンスから、マンモグラフィを用いた検診は、50〜69歳の女性で最も有効であるとしている。40〜49歳については、調査対象となった研究のほとんどが死亡率の低下につながることを示しているものの、より高齢のグループに比べ同年齢グループの乳癌罹患率が低いために、スクリーニングの有効性は比較的低くなってしまうという。

 スクリーニングを実施する間隔については、50歳以上については、隔年よりも毎年がより効果的であるとするエビデンスはわずかだったという。40〜49歳についてもまた、毎年の実施が隔年より明らかに有効であるとするエビデンスはなかったが、同年齢グループでは検診の感受性が低いことや、腫瘍の成長が速いことなどから、一部の専門家は毎年の実施を勧めているとしている。

 USPSTFはまた、マンモグラフィによる検診は、70歳以上にとっても有効だと結論付けている。

 一方、同ガイドラインでは、医師らの触診や患者自身の触診のみによるスクリーニングについては、どちらも充分なエビデンスがなく、肯定も否定もできないとしている。

 なお米国では、2001年に乳癌の診断を受けた女性は19万2200人で、同年に乳癌で死亡した女性は4万600人に上るという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051