2002.02.25

米国厚生省、40歳以上のマンモグラフィによる乳癌検診を推奨

 米国厚生省(HHS)は2月21日、40歳以上のマンモグラフィを用いた、毎年または隔年の乳癌検診が有効であるとする推奨ガイドラインを公表した。その際、触診によるスクリーニングは、行っても行わなくてもよいとしている。これは、HHSがスポンサーである、予防とプライマリケア分野の専門委員会U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)が、主に八つの無作為化コントロール試験(追跡期間は11〜20年)の結果を元にまとめたもの。USPSTFが96年に作成したガイドラインでは、50〜69歳の毎年の実施を勧めていた。

 USPSTFは新ガイドラインの中で、これまでのエビデンスから、マンモグラフィを用いた検診は、50〜69歳の女性で最も有効であるとしている。40〜49歳については、調査対象となった研究のほとんどが死亡率の低下につながることを示しているものの、より高齢のグループに比べ同年齢グループの乳癌罹患率が低いために、スクリーニングの有効性は比較的低くなってしまうという。

 スクリーニングを実施する間隔については、50歳以上については、隔年よりも毎年がより効果的であるとするエビデンスはわずかだったという。40〜49歳についてもまた、毎年の実施が隔年より明らかに有効であるとするエビデンスはなかったが、同年齢グループでは検診の感受性が低いことや、腫瘍の成長が速いことなどから、一部の専門家は毎年の実施を勧めているとしている。

 USPSTFはまた、マンモグラフィによる検診は、70歳以上にとっても有効だと結論付けている。

 一方、同ガイドラインでは、医師らの触診や患者自身の触診のみによるスクリーニングについては、どちらも充分なエビデンスがなく、肯定も否定もできないとしている。

 なお米国では、2001年に乳癌の診断を受けた女性は19万2200人で、同年に乳癌で死亡した女性は4万600人に上るという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215