2002.02.25

米国厚生省、40歳以上のマンモグラフィによる乳癌検診を推奨

 米国厚生省(HHS)は2月21日、40歳以上のマンモグラフィを用いた、毎年または隔年の乳癌検診が有効であるとする推奨ガイドラインを公表した。その際、触診によるスクリーニングは、行っても行わなくてもよいとしている。これは、HHSがスポンサーである、予防とプライマリケア分野の専門委員会U.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)が、主に八つの無作為化コントロール試験(追跡期間は11〜20年)の結果を元にまとめたもの。USPSTFが96年に作成したガイドラインでは、50〜69歳の毎年の実施を勧めていた。

 USPSTFは新ガイドラインの中で、これまでのエビデンスから、マンモグラフィを用いた検診は、50〜69歳の女性で最も有効であるとしている。40〜49歳については、調査対象となった研究のほとんどが死亡率の低下につながることを示しているものの、より高齢のグループに比べ同年齢グループの乳癌罹患率が低いために、スクリーニングの有効性は比較的低くなってしまうという。

 スクリーニングを実施する間隔については、50歳以上については、隔年よりも毎年がより効果的であるとするエビデンスはわずかだったという。40〜49歳についてもまた、毎年の実施が隔年より明らかに有効であるとするエビデンスはなかったが、同年齢グループでは検診の感受性が低いことや、腫瘍の成長が速いことなどから、一部の専門家は毎年の実施を勧めているとしている。

 USPSTFはまた、マンモグラフィによる検診は、70歳以上にとっても有効だと結論付けている。

 一方、同ガイドラインでは、医師らの触診や患者自身の触診のみによるスクリーニングについては、どちらも充分なエビデンスがなく、肯定も否定もできないとしている。

 なお米国では、2001年に乳癌の診断を受けた女性は19万2200人で、同年に乳癌で死亡した女性は4万600人に上るという。

 詳しくは、HHSによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 蔓延するE型肝炎ウイルスを侮るな リポート◎年間新規感染者は15万人、免疫抑制下では劇症化リスクも FBシェア数:99
  2. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:749
  3. 「あの医者は検査してくれない」にこう対処 特集◎検査の賢い減らし方《実践編2》 FBシェア数:3
  4. 20歳を過ぎた「スターバースト」には要注意! 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:8
  5. 私がナースに戻ったワケ 病院珍百景 FBシェア数:2
  6. 検査は身体診察による診断の「答え合わせ」 特集◎検査の賢い減らし方《実践編3》 FBシェア数:36
  7. ギプス固定で肺塞栓、当時の医療水準に照らして予防… 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  8. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  9. リコンは本当に多い? カデット特集●医者の離婚 FBシェア数:1
  10. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:25