2002.02.11

【日本胃癌学会速報】 CP遵守率の医師によるばらつき、改善に「個人データ」が威力

 クリニカルパス(標準治療過程、CP)を導入している診療科の悩みの一つは、患者の主治医がだれであるかによってCPの遵守率が異なること。癌研究会附属病院消化器外科の大山繁和氏らは、チーム内の医師ごとにCP遵守率を分析。その数値を元に、看護婦も交えて話し合いを行うことで、管理の統一や指示の簡素化が図れたとの経験を報告した。CPに対する主治医の取り組み姿勢のばらつきは、多くの医療機関に共通する悩みであるだけに、この試みは参考になりそうだ。研究報告は、2月9日のワークショップ1「胃癌とクリニカルパス」で行われた。

 大山氏らは、1999年11月に診療科内にクリニカルパス委員会を設置。胃癌患者の術前・術後管理の現状を調査し、大筋で現状に基づく形で胃切除や胃全摘などに対するCPを作成・導入してきた。ところが、CP導入後の調査で、患者の回復度合いには問題が無いのに、術後の胃透視検査や経口摂取を再開する時期が遅れるケースが続出していることが判明。CP完遂率も平均40%と低くなっていた。

 そこで大山氏らが、同科の6人の医師別にデータを分析し直したところ、6人中二人の医師でCPの使用率(担当患者のうちCPを適用した比率)が半数に満たなかったことが明らかになった。これらの医師では、CPを使用した患者についても、CP通りの治療は行っていなかった。

 このデータを大山氏らはそれぞれの医師に示し、看護婦も交えて話し合いをもった。その場で検査の意義の問い直しや、胃管などの管理の統一性を確認し、汎用性の高いCPを作成することでCPの遵守率を高めることができたという。

 大山氏は「CPにバリアンス(実際に行われた治療とCPとのずれ)が生じる一番の要因は医師側にある。具体的なデータを示し、看護婦を交えて協議することで、CPそのものの改善も含め、遵守率を向上できる」とまとめた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79