2002.02.11

【日本胃癌学会速報】 CP遵守率の医師によるばらつき、改善に「個人データ」が威力

 クリニカルパス(標準治療過程、CP)を導入している診療科の悩みの一つは、患者の主治医がだれであるかによってCPの遵守率が異なること。癌研究会附属病院消化器外科の大山繁和氏らは、チーム内の医師ごとにCP遵守率を分析。その数値を元に、看護婦も交えて話し合いを行うことで、管理の統一や指示の簡素化が図れたとの経験を報告した。CPに対する主治医の取り組み姿勢のばらつきは、多くの医療機関に共通する悩みであるだけに、この試みは参考になりそうだ。研究報告は、2月9日のワークショップ1「胃癌とクリニカルパス」で行われた。

 大山氏らは、1999年11月に診療科内にクリニカルパス委員会を設置。胃癌患者の術前・術後管理の現状を調査し、大筋で現状に基づく形で胃切除や胃全摘などに対するCPを作成・導入してきた。ところが、CP導入後の調査で、患者の回復度合いには問題が無いのに、術後の胃透視検査や経口摂取を再開する時期が遅れるケースが続出していることが判明。CP完遂率も平均40%と低くなっていた。

 そこで大山氏らが、同科の6人の医師別にデータを分析し直したところ、6人中二人の医師でCPの使用率(担当患者のうちCPを適用した比率)が半数に満たなかったことが明らかになった。これらの医師では、CPを使用した患者についても、CP通りの治療は行っていなかった。

 このデータを大山氏らはそれぞれの医師に示し、看護婦も交えて話し合いをもった。その場で検査の意義の問い直しや、胃管などの管理の統一性を確認し、汎用性の高いCPを作成することでCPの遵守率を高めることができたという。

 大山氏は「CPにバリアンス(実際に行われた治療とCPとのずれ)が生じる一番の要因は医師側にある。具体的なデータを示し、看護婦を交えて協議することで、CPそのものの改善も含め、遵守率を向上できる」とまとめた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33