2002.01.29

【日本疫学会速報】 測定しやすい尿中コチニン定量法を開発、感度と特異度はともに95%以上

 尿中コチニン定量法の一つであるバンビツール酸吸光光度法は、安価で短時間に多くの検体を定量でき疫学調査に適している。しかし、褪色しやすいため、正確な判定結果を得るためには素早く判定する必要があった。岩手医科大学衛生学公衆衛生学講座の佐藤徹氏らは、これまでよりシアン化カリウムを減らし、エタノールを加えることで、吸光度を大幅に安定させ褪色を遅らせることに成功したと、日本疫学会学術総会の1月24日のポスターセッションで報告した。

 佐藤氏らの溶液が従来のものと異なるのは、シアン化カリウムを10分の1に減らし、エタノールを新たに添加した点。つまり、尿0.5mlを試験管に取り、エタノール0.5ml、4mol/lの酢酸緩衝液(pH4.7)0.2ml、1%シアン化カリウム溶液0.1ml、10%クロラミンT溶液0.1ml、1%バンピツール酸溶液0.5mlを順次加え、508nmの吸光度で定量する。

 吸光度がピークに達するまでの時間と、ピーク値の95%以上である時間(定量適正時間)を測定したところ、以前の溶液だとピーク到達は11分後で、定量適正時間は10分間だった。一方、佐藤氏らが考案した溶液だと、ピーク到達までは67分後と遅くなるものの、定量適正時間は80分間と大幅に長くなった。

 さらに、同氏らの溶液の有効性を感度や特異度で評価したところ、良好な結果が得られた。ある工場従業員329人(喫煙者179人、非喫煙者150人、自己申告)の尿を用いて、感度と特異度を求めた。結果は感度が96.1%、特異度が96.7%と、ともに95%以上だった。

 佐藤氏は、定量適正時間は以前の約8倍になったことで、以前よりゆとりをもって吸光度を確認できるので、「疫学調査のように多くの検体を調べる際には、特に有効ではないか」と語った。また、エタノールは安価なため、コストがほとんど変わらないのもメリットと言えるだろう。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正