2002.01.15

【日本免疫学会速報】 抗アポトーシス分子サバイビン、癌免疫療法の有力な標的分子に

 日本免疫学会第31回総会が2001年12月11日、大阪国際会議場で開幕した。今期会長は大阪大学バイオメディカル教育研究センター腫瘍医学部門の濱岡利之氏が務める。今期総会は、日本臨床免疫学会第29回総会(12月10〜11日)との合同開催。

第31回日本免疫学会・第29回日本臨床免疫学会総会が開幕

RA自然発症マウスの関節炎発症機構が解明、胸腺でのT細胞選択異常が鍵に

PPARγのリガンド、慢性関節リウマチの有力な治療薬候補に

抗アポトーシス分子サバイビン、癌免疫療法の有力な標的分子に

悪性骨軟部腫瘍に対するペプチドワクチン、来年度にも臨床入り

抗IL6r抗体の腸炎抑制効果、動物モデルで解明

骨髄移植で免疫寛容を誘導、移植肢が1年以上免疫抑制薬なしで生着

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172