2002.01.10

米国で、炭疽菌や天然痘などの診断方法を教育するサイト開設

 米国厚生省(HHS)の下部組織である、Agency for Healthcare Research and Quality (AHRQ;医療分野の研究と質向上を支援する部門) はこのほど、病院の救急部門で働く医師や看護婦向けに、炭疽菌や天然痘などの生物テロに関連する疾患について、その診断方法を教育するホームページを開設した。これは、AHRQの契約先である、米Alabama大学Birmingham校(UAB)が開発したもの。

 同サイトでは、生物テロ兵器としての可能性のある、炭疽菌や天然痘、ボツリヌス中毒、ツラレミア、ウイルス性出血熱、ペストの6種類について、その症状を見極める方法に関する教育コースを提供している。コースは5種類で、無料で受講でき、それぞれ1時間の生涯教育(CME)受講証が得られるという。

 各コースでは、症例や写真を紹介し、続いて選択問題があり、間違った答えを選ぶと、それが誤りである根拠が説明されるという。UABのCenter for Disaster Preparedness(緊急事態準備センター)責任者であるMargaret Tresler氏は、「臨床家が忙しいことを配慮して、使いやすいシステムの開発を心がけた」としている。

 同サイトのアドレスは、http://www.bioterrorism.uab.edu。AHRQによるニュース・リリースは、http://www.ahcpr.gov/news/press/pr2002/uabwebpr.htmまで。(當麻あづさ,医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97