2001.11.12

AHA2001が米国Anaheimで開幕

 米国心臓協会学術集会(AHA2001)が11月11日(現地時間)、米国California州にあるAnaheim Convention Centerにおいて開幕した。今学術集会の会長は、米国Duke大学Medical CenterのAugustus O. Grant氏が務めている。会期は14日までの4日間。4000近い発表が行われる予定のため、昨年同様、「基礎(Basic Science)」「臨床(Clinical Science)」「疫学(Population Science)」の3分野に分けてプログラムが編集されている。プレナリー・セッション、サンデー・モーニング・セッション、スペシャル・セッションのほか、各分野において最新のデータや研究成果などが発表される見込みだ。

 今年は、昨年の参加者からの指摘や意見を反映し、プログラムの組み方を変更している。例えば、Late-Breaking Clinical Trials Sessionsをこれまでは最終日の午後のみに実施していたのを、4日間に分けて行うようにした。また、規模が大き過ぎるという指摘を受け、似たテーマの発表が重複しないように配慮するなど、適切な規模にしたという。そのため、アブストラクトの採択率が1999年は33%だったのが、今年は28%に下がっている。

 また、Personal Digital Assistant(PDA)用のBeaming Stationが設けられたのも今回の特徴。会場6カ所に設置され、プログラムや展示品に関する情報などがダウンロードできるという。不評だった重いプログラムを持ち歩かずに済むようになりそうだ。

 次回のAHA2002は、ChicagoにあるMcCormick Placeで2002年11月17〜20日にかけて開催される予定。AHA2001の詳細については、こちらのホームページまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266