2001.11.08

【生物テロ】 NEJM誌、炭疽に関する論文を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は11月6日、炭疽の最新知識や症例に関する二つの論文をホームページ上で公表した。疾患の治療や予防に大きなインパクトを持つ論文を、雑誌掲載に先立って公表する「Early Release」(早期公表)制度による。 今回公表された2論文は、NEJM誌11月29日号に掲載される。

 論文は、炭疽に関する最新情報を網羅的に紹介したものと、今年9月にニューヨークで皮膚炭疽に罹患した小児の症例報告の2報。前者は、炭疽菌の生物学的・病理的な特徴や炭疽の疫学、肺炭疽や皮膚炭疽など各種炭疽の臨床症状や転機、抗菌薬を用いる治療や予防、院内感染の防止策などについて、現在までに得られた知見を解説している。後者は、親の勤務するテレビ局で皮膚炭疽に罹患したと考えられる2歳小児の症例を、写真付きで報告している。

 論文のタイトルは、「Recognition and Management of Anthrax -- An Update」と「Cutaneous Anthrax Infection」。前者はこちら、後者はこちらで、アブストラクトを閲覧できる。このページから全文(PDF形式)のダウンロードも可能だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:33
  3. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:100
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:667
  5. 働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点 記者の眼 FBシェア数:97
  6. 大学病院の「全床高度急性期」報告に厳しい批判 記者の眼 FBシェア数:46
  7. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:152
  8. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:105
  9. 癌の種類で異なる骨転移治療の進め方 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:28
  10. SPECTのみでアルツハイマーの鑑別はできない プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:25