2001.11.08

【生物テロ】 NEJM誌、炭疽に関する論文を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は11月6日、炭疽の最新知識や症例に関する二つの論文をホームページ上で公表した。疾患の治療や予防に大きなインパクトを持つ論文を、雑誌掲載に先立って公表する「Early Release」(早期公表)制度による。 今回公表された2論文は、NEJM誌11月29日号に掲載される。

 論文は、炭疽に関する最新情報を網羅的に紹介したものと、今年9月にニューヨークで皮膚炭疽に罹患した小児の症例報告の2報。前者は、炭疽菌の生物学的・病理的な特徴や炭疽の疫学、肺炭疽や皮膚炭疽など各種炭疽の臨床症状や転機、抗菌薬を用いる治療や予防、院内感染の防止策などについて、現在までに得られた知見を解説している。後者は、親の勤務するテレビ局で皮膚炭疽に罹患したと考えられる2歳小児の症例を、写真付きで報告している。

 論文のタイトルは、「Recognition and Management of Anthrax -- An Update」と「Cutaneous Anthrax Infection」。前者はこちら、後者はこちらで、アブストラクトを閲覧できる。このページから全文(PDF形式)のダウンロードも可能だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に インタビュー◎集中治療における終末期医療の日米の違いを考える FBシェア数:146
  2. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:29
  3. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:50
  4. スポーツ貧血治療、実は結構気を遣うんです あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:28
  5. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:79
  7. 幻肢の痛みをバーチャルリアリティーで癒す トレンド◎幻肢痛の治療最前線 FBシェア数:94
  8. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:119
  9. 実は一番厄介なセンター国語対策をどうすべきか 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:5
  10. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1984
医師と医学研究者におすすめの英文校正