2001.11.08

【生物テロ】 NEJM誌、炭疽に関する論文を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は11月6日、炭疽の最新知識や症例に関する二つの論文をホームページ上で公表した。疾患の治療や予防に大きなインパクトを持つ論文を、雑誌掲載に先立って公表する「Early Release」(早期公表)制度による。 今回公表された2論文は、NEJM誌11月29日号に掲載される。

 論文は、炭疽に関する最新情報を網羅的に紹介したものと、今年9月にニューヨークで皮膚炭疽に罹患した小児の症例報告の2報。前者は、炭疽菌の生物学的・病理的な特徴や炭疽の疫学、肺炭疽や皮膚炭疽など各種炭疽の臨床症状や転機、抗菌薬を用いる治療や予防、院内感染の防止策などについて、現在までに得られた知見を解説している。後者は、親の勤務するテレビ局で皮膚炭疽に罹患したと考えられる2歳小児の症例を、写真付きで報告している。

 論文のタイトルは、「Recognition and Management of Anthrax -- An Update」と「Cutaneous Anthrax Infection」。前者はこちら、後者はこちらで、アブストラクトを閲覧できる。このページから全文(PDF形式)のダウンロードも可能だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0