2001.11.08

【日本救急医学会速報】 インフルエンザ脳炎・脳症、成人にも発症か

 11月7日のポスターセッションで、インフルエンザウイルスへの感染がきっかけとなり、急性の神経障害を呈したと考えられる成人症例が報告された。インフルエンザ脳炎・脳症は、わが国で小児例が多数報告されているが、成人例は初めて。原因不明の髄膜炎や脳症では、たとえ成人でも、今後はインフルエンザ脳炎・脳症も鑑別診断に入れる必要がありそうだ。

 この報告を行ったのは、東京女子医科大学第2病院救命救急センターの古賀正義氏ら。古賀氏らは、1999〜2000年のインフルエンザ流行期に、インフルエンザ脳炎・脳症が強く疑われる成人2症例(20歳代と30歳代)を経験。二人とも感冒様の症状で発症し、発熱から0〜2日後に全身痙攣や意識障害などの神経症状が発現。最終的には多臓器不全で死亡した。

 うち一人は、A香港型(H3N2)インフルエンザウイルスの抗体価が基準値の16倍、もう一人はB型の抗体価が64倍に上昇していた。剖検でも、脳浮腫や間質性肺炎、微小血栓など、小児で報告されているインフルエンザ脳炎・脳症と類似する所見が認められたという。

 古賀氏は「臨床経過や剖検所見は小児例と一致しており、成人でも小児と同じ機序でインフルエンザ脳炎・脳症を発症しうると考えられる」と強調。ただし、昨シーズンはこうした症例は経験しておらず、小児に比べると成人発症は極めてまれとみられることや、インフルエンザ脳炎・脳症の罹患に人種差がある(日本でしか報告されていない)ことから、「発症には何らかの宿主側の因子が関与している可能性が高い」と述べ、発症の予防や治療に向けた宿主側因子の検索が課題だとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0