2001.11.08

【日本救急医学会速報】 インフルエンザ脳炎・脳症、成人にも発症か

 11月7日のポスターセッションで、インフルエンザウイルスへの感染がきっかけとなり、急性の神経障害を呈したと考えられる成人症例が報告された。インフルエンザ脳炎・脳症は、わが国で小児例が多数報告されているが、成人例は初めて。原因不明の髄膜炎や脳症では、たとえ成人でも、今後はインフルエンザ脳炎・脳症も鑑別診断に入れる必要がありそうだ。

 この報告を行ったのは、東京女子医科大学第2病院救命救急センターの古賀正義氏ら。古賀氏らは、1999〜2000年のインフルエンザ流行期に、インフルエンザ脳炎・脳症が強く疑われる成人2症例(20歳代と30歳代)を経験。二人とも感冒様の症状で発症し、発熱から0〜2日後に全身痙攣や意識障害などの神経症状が発現。最終的には多臓器不全で死亡した。

 うち一人は、A香港型(H3N2)インフルエンザウイルスの抗体価が基準値の16倍、もう一人はB型の抗体価が64倍に上昇していた。剖検でも、脳浮腫や間質性肺炎、微小血栓など、小児で報告されているインフルエンザ脳炎・脳症と類似する所見が認められたという。

 古賀氏は「臨床経過や剖検所見は小児例と一致しており、成人でも小児と同じ機序でインフルエンザ脳炎・脳症を発症しうると考えられる」と強調。ただし、昨シーズンはこうした症例は経験しておらず、小児に比べると成人発症は極めてまれとみられることや、インフルエンザ脳炎・脳症の罹患に人種差がある(日本でしか報告されていない)ことから、「発症には何らかの宿主側の因子が関与している可能性が高い」と述べ、発症の予防や治療に向けた宿主側因子の検索が課題だとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161