2001.11.08

【日本救急医学会速報】 インフルエンザ脳炎・脳症、成人にも発症か

 11月7日のポスターセッションで、インフルエンザウイルスへの感染がきっかけとなり、急性の神経障害を呈したと考えられる成人症例が報告された。インフルエンザ脳炎・脳症は、わが国で小児例が多数報告されているが、成人例は初めて。原因不明の髄膜炎や脳症では、たとえ成人でも、今後はインフルエンザ脳炎・脳症も鑑別診断に入れる必要がありそうだ。

 この報告を行ったのは、東京女子医科大学第2病院救命救急センターの古賀正義氏ら。古賀氏らは、1999〜2000年のインフルエンザ流行期に、インフルエンザ脳炎・脳症が強く疑われる成人2症例(20歳代と30歳代)を経験。二人とも感冒様の症状で発症し、発熱から0〜2日後に全身痙攣や意識障害などの神経症状が発現。最終的には多臓器不全で死亡した。

 うち一人は、A香港型(H3N2)インフルエンザウイルスの抗体価が基準値の16倍、もう一人はB型の抗体価が64倍に上昇していた。剖検でも、脳浮腫や間質性肺炎、微小血栓など、小児で報告されているインフルエンザ脳炎・脳症と類似する所見が認められたという。

 古賀氏は「臨床経過や剖検所見は小児例と一致しており、成人でも小児と同じ機序でインフルエンザ脳炎・脳症を発症しうると考えられる」と強調。ただし、昨シーズンはこうした症例は経験しておらず、小児に比べると成人発症は極めてまれとみられることや、インフルエンザ脳炎・脳症の罹患に人種差がある(日本でしか報告されていない)ことから、「発症には何らかの宿主側の因子が関与している可能性が高い」と述べ、発症の予防や治療に向けた宿主側因子の検索が課題だとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217