2001.11.08

【日本救急医学会速報】 インフルエンザ脳炎・脳症、成人にも発症か

 11月7日のポスターセッションで、インフルエンザウイルスへの感染がきっかけとなり、急性の神経障害を呈したと考えられる成人症例が報告された。インフルエンザ脳炎・脳症は、わが国で小児例が多数報告されているが、成人例は初めて。原因不明の髄膜炎や脳症では、たとえ成人でも、今後はインフルエンザ脳炎・脳症も鑑別診断に入れる必要がありそうだ。

 この報告を行ったのは、東京女子医科大学第2病院救命救急センターの古賀正義氏ら。古賀氏らは、1999〜2000年のインフルエンザ流行期に、インフルエンザ脳炎・脳症が強く疑われる成人2症例(20歳代と30歳代)を経験。二人とも感冒様の症状で発症し、発熱から0〜2日後に全身痙攣や意識障害などの神経症状が発現。最終的には多臓器不全で死亡した。

 うち一人は、A香港型(H3N2)インフルエンザウイルスの抗体価が基準値の16倍、もう一人はB型の抗体価が64倍に上昇していた。剖検でも、脳浮腫や間質性肺炎、微小血栓など、小児で報告されているインフルエンザ脳炎・脳症と類似する所見が認められたという。

 古賀氏は「臨床経過や剖検所見は小児例と一致しており、成人でも小児と同じ機序でインフルエンザ脳炎・脳症を発症しうると考えられる」と強調。ただし、昨シーズンはこうした症例は経験しておらず、小児に比べると成人発症は極めてまれとみられることや、インフルエンザ脳炎・脳症の罹患に人種差がある(日本でしか報告されていない)ことから、「発症には何らかの宿主側の因子が関与している可能性が高い」と述べ、発症の予防や治療に向けた宿主側因子の検索が課題だとした。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44