2001.11.05

【生物テロ】 米AFIP、肺炭疽の病理・X線所見などをインターネットで公開

 米国陸軍病理学研究所(AFIP)はこのほど、肺炭疽に関する病理学的な情報を集積したインターネット・サイトを開設した。肺炭疽の病理像や胸部X線写真、CT像など、診断に欠かせない画像が鮮明な画質で閲覧できる。

 肺炭疽患者の胸部X線写真の特徴は、縦隔が拡大し、大量の胸水が進行性に貯留する点。症例として、今回の生物テロの被害を受けたとみられる郵便局員の胸部X線写真も紹介されている。詳しくは、AFIPの「INHALATIONAL ANTHRAX」まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46