2001.11.05

【日本公衆衛生学会速報】 急性A型肝炎の医療機関からの報告率はわずか10%程度?

 急性A型肝炎は1999年4月から4類感染症として全数報告の対象疾患となっているが、その報告率が10%程度に過ぎないようだ。国立感染症研究所・感染症情報センター(兼大分医科大学微生物学講座)の中島一敏氏らが、臨床検査会社などを対象とした調査からA型肝炎の全発症数を推計したもので、11月1日の一般演題「感染症」で発表した。報告率の低さは、疾病対策を講じる際などに問題になりそうだ。

 中島氏らは、A型肝炎ウイルスの分離培養は困難であるため、急性A型肝炎の確定診断は通常、患者の急性期血清中の免疫グロブリン(IgM)抗体を検出する形で行うことに着目。3大民間臨床検査会社におけるIgM抗体検査の陽性数と全国シェアから全患者数を推計した。

 2000年1〜12月に3社で実施した検査のうち、陽性だったのは1912件。また、検査試薬の購入量から全国シェアを推測したところ、3社で計47%であった。したがって、全患者数は4068人(=1912人÷47%)と推計された。

 一方、2000年に急性A型肝炎報告されたのは394件で、推定報告率は9.7%にとどまった。推定報告率を都道府県別にみたところ、最小0%から最大80%弱となっており、地域により大きく異なることが判明した。さらに、人口10万人当たりの推定患者数についても、都道府県格差が最大約10倍に達することがわかった。

 また、A型肝炎は発症前にウイルスが排泄されるため、感染が広まりやすいのが特徴の一つ。そこで、中島氏らは、全国の保健所591カ所を対象に、急性A型肝炎の集団発生状況についてアンケート調査を行った。574カ所からの回答を集計(回答率96.6%)した結果、集団発生として把握されていたのは12件で、総患者数は116人だった。これは全患者の2.9%に過ぎず、集団発生があまり把握されていない可能性が示唆された。

 中島氏は、「報告率が低過ぎるのは問題。疫学調査の必要性を十分に説明して、現場の医療機関に協力を求めていく必要があるだろう」と語った。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27