2001.11.02

【日本公衆衛生学会速報】 腸管出血性大腸菌の発現に病原性関連遺伝子eaeAが関与の可能性

 O157などに代表される腸管出血性大腸菌(EHEC)は健常者からも検出されるため、感染症対策の必要性を判断する上で課題となっている。健常者由来のEHECの病原性発現などについてはこれまで明らかになっていなかったが、病原性の発現に病原性関連遺伝子の一つであるeaeAが深く関与している可能性が示された。石川県保健環境センターの倉本早苗氏らが、健常者由来の腸管出血性大腸菌と患者由来のそれを比較検討した結果わかった。11月1日の一般演題「感染症」で報告された。

 そもそものきっかけは、給食調理従事者など健常者の定期検便から、EHECを約0.02%の割合で分離していたこと。倉本氏らは1996年8月から2001年8月までに分離できたEHECを、健常者由来EHEC(健常者群)70株と患者由来・患者接触者由来のEHEC(患者群)84株の2群に分けて、病原性関連遺伝子であるeaeA、bfpA、aggR、astAの検出、生化学性状試験などを行った。

 両群を比較したところ、大きな相違点としてeaeA保有の有無が挙げられた。健常者群ではeaeAを保有していたのは 32.9%に過ぎなかったが、患者群では100%が保有という結果だった。また、O157とO26は由来によらず全株がeaeAを持っており、健常者群において、O157とO26以外のEHECでeaeAを保有していたのは57株中10株(17.5%)と少なかった。

 なお、astAについては、一部の株は保有していたものの由来による相違はみられず、aggRとbfpAについては、すべてのEHECから検出されなかった。生化学性状検査も特に両群に差はなかった。

 倉本氏は、こうした結果を踏まえて、「eaeAがEHECの病原性発現に深く関与していることが示唆され、一方、eaeA非保有株が病原性を発現させる可能性は低いのではないか」との見解を示し、「今後、両群の傾向について分析をさらに進め、動物実験などで検証していきたい」と語った。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44