2001.11.01

【日本高血圧学会速報】 半数の患者は臨床試験参加に同意、予想以上に好意的?

 患者は臨床試験に対して、医療関係者がこれまで想像していたより協力的かもしれない−−。そんな調査結果を国立東静病院臨床研究部の小嶋俊一氏らがまとめ、10月27日のポスターセッションで報告した。朝の家庭収縮期血圧に基づいた無作為介入試験である「HOSP(Hypertension Control Based on Home Systolic Pressure)Study」が現在進められているが、この臨床試験に対する患者への意識調査の結果から明らかになったもの。

 HOSP Study登録への同意を得るための説明文書を読んでもらった上で、説明文書の理解度や研究参加への同意などを質問した。調査手法は、外来通院中の高血圧患者にアンケートを配布し、郵送にて回収する形式をとった。200人中165人から回答が得られ、年齢層や性別については、特に偏りはなかったという。

 研究への参加を依頼された場合に同意すると答えたのは、回答者全体の45.5%で、半数弱の患者が臨床試験に協力する姿勢を示した。この値について小嶋氏は、「患者と医師との間で信頼関係ができているためか、予想していたより高い数字」と述べた。

 同意すると回答した人を年代別でみても特に差はなかったものの、男女別では大きく異なる結果が出た。男性が64.7%だったのに対して、女性はその半分の32.0%に過ぎなかった。このほか、家庭血圧を測定しているか、自分が服用している降圧薬の名称を知っているかという点から比較しても、関連はみられなかったという。

 研究に参加しない理由を尋ねたところ、「(HOSP Studyではプロトコール上、降圧薬の服用を4週間中断する必要があるため)服用を一時中断することへの不安」を挙げた患者が最も多く、74.4%に達し、「(指定された日に通院しなければならないなど)自由が束縛されること」が25.6%、「説明文書が理解できなかった」が11.1%だった。

 小嶋氏は、「中断期間をなくすなど臨床試験のデザインを工夫次第で、より多くの患者の参加が期待できるのではないか。どちらかというと、(患者への説明時間が確保しづらいといった)研究者の環境を含めた医療サイドに問題があるのかもしれない」と語った。

■関連トピックス■
◆ 2001.10.29 日本高血圧学会速報】家庭血圧に基づく無作為介入試験「HOSP study」、Ca拮抗薬とA2受容体拮抗薬を比較


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
メルクマニュアル 第17版日本語版(特別装丁版) ・・・10名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84