2001.11.01

【日本アレルギー学会速報】 粉末式吸入ステロイド薬、吸入力の弱い患者で“吸い残し”が発生

 粉末式の吸入ステロイド薬は、「吸入手技が容易」との点で評価が高い。しかし、息を吸う力が弱い患者では、複数回に分けて吸っても3割以上の粉末が容器内に残ってしまうことが、JA岐阜厚生連昭和病院内科の大林浩幸氏らの調べで明らかになった。粉末式の吸入ステロイド薬を処方する際は、患者の吸入力を調べ、吸い残しを少なくするよう指導するなどの工夫が必要になりそうだ。研究結果は、10月31日の一般演題「気管支喘息 管理2」で報告された。

 吸入ステロイド薬は、気管支喘息患者の気道の炎症を抑え、発作を起こしにくくするために欠かせない薬剤。従来はガス状にしたステロイドを噴射して吸入するタイプのみが販売されていたが、1998年末に粉末式のプロピオン酸フルチカゾン(商品名:フルタイド)が登場。吸入手技の簡便さと力価の高さから、多くの喘息患者に処方されている。

 大林氏らは、粉末式のプロピオン酸フルチカゾンでは「吸入流速が1分間に60リットル以上あれば良い」とされている点に着目。本当にその速度以上なら問題が無く、それ未満の場合は不向きなのかを検討した。

 対象患者は、数週間以上病状が安定している気管支喘息患者50人。これらの患者に吸入練習用のドライパウダー(乳糖)を吸入してもらい、最大吸気流速と吸入後の残量との関係を調べた。

 その結果、最大吸気流速が60l/分以上の患者では、吸入後の残量は3割以下で、吸入回数を増やせばさらに残量が減ることがわかった。しかし、高齢者や慢性閉塞性肺疾患(COPD)合併者など、最大吸気流速が60l/分未満の患者では、流速が下がるにつれて残量が増加。吸入回数を3回に増やしても、3割以上の薬剤が容器内に残ってしまうことが明らかになった。

 ただし、粉末式のプロピオン酸フルチカゾンでは、吸入補助用に添加されている乳糖よりも薬剤の方が粒子が細かい。そのため、「たとえ容器内に粉が残っていても、有効成分は吸い込めている可能性もある」(大林氏)という。その上で大林氏は「現状ではやはり吸い残しのリスクを減らす工夫が必要」と述べ、吸入力が弱い患者には、容器を爪でたたいてトレーに薬剤を完全に落とす、長く吸う、3回に分けて吸うなどの指導を行うべきと強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正