2001.11.01

【日本アレルギー学会速報】 粉末式吸入ステロイド薬、吸入力の弱い患者で“吸い残し”が発生

 粉末式の吸入ステロイド薬は、「吸入手技が容易」との点で評価が高い。しかし、息を吸う力が弱い患者では、複数回に分けて吸っても3割以上の粉末が容器内に残ってしまうことが、JA岐阜厚生連昭和病院内科の大林浩幸氏らの調べで明らかになった。粉末式の吸入ステロイド薬を処方する際は、患者の吸入力を調べ、吸い残しを少なくするよう指導するなどの工夫が必要になりそうだ。研究結果は、10月31日の一般演題「気管支喘息 管理2」で報告された。

 吸入ステロイド薬は、気管支喘息患者の気道の炎症を抑え、発作を起こしにくくするために欠かせない薬剤。従来はガス状にしたステロイドを噴射して吸入するタイプのみが販売されていたが、1998年末に粉末式のプロピオン酸フルチカゾン(商品名:フルタイド)が登場。吸入手技の簡便さと力価の高さから、多くの喘息患者に処方されている。

 大林氏らは、粉末式のプロピオン酸フルチカゾンでは「吸入流速が1分間に60リットル以上あれば良い」とされている点に着目。本当にその速度以上なら問題が無く、それ未満の場合は不向きなのかを検討した。

 対象患者は、数週間以上病状が安定している気管支喘息患者50人。これらの患者に吸入練習用のドライパウダー(乳糖)を吸入してもらい、最大吸気流速と吸入後の残量との関係を調べた。

 その結果、最大吸気流速が60l/分以上の患者では、吸入後の残量は3割以下で、吸入回数を増やせばさらに残量が減ることがわかった。しかし、高齢者や慢性閉塞性肺疾患(COPD)合併者など、最大吸気流速が60l/分未満の患者では、流速が下がるにつれて残量が増加。吸入回数を3回に増やしても、3割以上の薬剤が容器内に残ってしまうことが明らかになった。

 ただし、粉末式のプロピオン酸フルチカゾンでは、吸入補助用に添加されている乳糖よりも薬剤の方が粒子が細かい。そのため、「たとえ容器内に粉が残っていても、有効成分は吸い込めている可能性もある」(大林氏)という。その上で大林氏は「現状ではやはり吸い残しのリスクを減らす工夫が必要」と述べ、吸入力が弱い患者には、容器を爪でたたいてトレーに薬剤を完全に落とす、長く吸う、3回に分けて吸うなどの指導を行うべきと強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0