2001.11.01

【日本アレルギー学会速報】 日本人の気管支喘息、全ゲノム解析の進捗状況が報告

 昨年完了したヒトゲノムの“粗い全文解読”(ドラフト・シーケンス)を受け、次のターゲットとなる疾患感受性遺伝子の同定に向けて、各国の研究者や企業がしのぎを削っている。東京大学大学院医学研究科・筑波大学基礎医学系遺伝医学の野口恵美子氏は、シンポジウム15「アレルギーと遺伝要因」で、いよいよ最終局面を迎えた喘息遺伝子の同定について、現時点での進捗状況を報告した。

 気管支喘息が家族内で集積する、つまり遺伝することは350年以上前から知られていた。しかし、発症には複数の遺伝子が関与しており、環境との相互作用もあるため、原因遺伝子の同定には「全ゲノムを対象とした連鎖解析」が必要となる。野口氏らは、1996年から小児喘息患者とその家族に研究への協力を依頼。集まった153家系のうち、ダニに対して高い免疫グロブリンE(IgE)応答性(RASTスコアが3以上)を持つ小児喘息の47家系197人の全ゲノムを解析し、ダニ感受性喘息と関連が強い染色体上の領域を7カ所見出した。

 次に野口氏らは、これらの領域について、別のダニ感受性喘息患者24人を対象に遺伝子変異を検索。検出された変異のうち、頻度の高いもの(10%以上)を選び、さらに別のダニ感受性喘息患者とその両親の遺伝子を解析(関連解析;TDT)して遺伝子型を調べた。

 現在までに、第4、5、6番染色体上に1カ所ずつ、12、13番染色体上に2カ所ずつの計7カ所の連鎖領域がわかっているが、野口氏はそのうち第5、6、13番染色体に対する検索結果を報告。5番染色体ではインターロイキン12遺伝子、6番染色体ではヒト白血球抗原(HLA)遺伝子や腫瘍壊死因子(TNF)遺伝子、13番染色体ではロイコトリエン受容体遺伝子などに関する多型を見出した。しかし、残念ながらいずれも関連が弱く、「喘息の遺伝子を見つけたとは言えない現状」(野口氏)だという。野口氏は「今後も同様の検索を続け、日本人のダニ感受性喘息に対する疾患感受性遺伝子を同定したい」と結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172