2001.10.28

【日本高血圧学会速報】 日本高血圧学会、高血圧治療ガイドライン「JSH2000」の評価と問題点を公開の場で討議

 日本高血圧学会が昨年発表した、わが国の高血圧治療ガイドライン「JSH2000」に関し、昨年に引き続き今年も公開の場で討議が行われた。10月27日に開催された教育セッション2「DEBATE:日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン2000年版‐その評価と問題点」では、同ガイドラインで特に評価が分かれる3点について、循環器専門医が意見を戦わせた。

 議論の焦点となったのは、1.カルシウム(Ca)拮抗薬を第一選択薬とすべきか、2.アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬とアンジオテンシン2(A2)受容体拮抗薬をいかに使い分けるか、3.高齢者の血圧はどこまで下げるべきか−−の3点。いずれも、現時点では確たるエビデンスが不足しており、同学会の高血圧治療ガイドライン作成委員間のコンセンサスを基に、JSH2000における記述がなされたとの経緯がある。

 例えば、同ガイドラインではすべての系統の降圧薬が、横並びで第一選択薬と位置付けられている。しかし、わが国の臨床医が最も頻用しており、価格が安いなどの「実用性を加味して」(高血圧治療ガイドライン作成委員長の九州大学名誉教授・藤島正敏氏)、実際には1.Ca拮抗薬、2.ACE阻害薬、3.A2受容体拮抗薬、4.利尿薬、5.β(ベータ)遮断薬、6.α(アルファー)遮断薬−−の順で推奨できるとされている。

 つまり、現行のガイドラインでは、大枠としてCa拮抗薬を第一選択薬として推奨していると受け取れる。今回のディベートでは、まずこの点について、旭川医科大学第一内科の菊池健次郎氏が第一選択薬としての使用に関する「積極派」、自治医科大学循環器内科の島田和幸氏が「慎重派」、横浜高血圧研究センターの金子好宏氏が「併用重視」の立場から自説を展開した(関連トピックス(1)参照)。

 また、A2受容体拮抗薬については、適応について「ACE阻害薬と同様。特に咳でACE阻害薬が使用できない患者」との記述がある。このように、A2受容体拮抗薬をあたかも“咳の出ないACE阻害薬”と位置付けるかのような記述には異論のあるところだ。今回のディベートでは、札幌医科大学第二内科の島本和明氏がACE阻害薬、獨協医科大学循環器内科の松岡博昭氏がA2受容体拮抗薬の立場から、両薬の違いと有用性を解説した(関連トピックス(2)参照)。

 さらにJSH2000では、1999年に改訂された「老年者の高血圧ガイドライン」を踏襲する形で、60歳以上の高齢者では10歳ごとに異なる降圧基準値を設けている。こうした年代別基準値は日本独自のもので、裏打ちとなる大規模試験がないため、賛否両論が出ていた。今回のディベートでは、東京都老人医療センター循環器科の桑島巌氏が高齢者にも積極的な降圧を行うとの立場、神奈川県足柄保険福祉事務所の築山久一郎氏が高齢者には慎重な降圧を行うとの立場から、意見をぶつけ合った(関連トピックス(3)参照)。

■ 関連トピックス ■
(1)◆ 2001.10.30 日本高血圧学会速報】高血圧治療の指標は降圧か臓器保護か、Ca拮抗薬の位置付け巡り議論
(2)◆ 2001.10.30 日本高血圧学会速報】ACE阻害薬 対 A2受容体拮抗薬、エビデンス不足で決着はつけられず
(3)◆ 2001.10.30 日本高血圧学会速報】高齢者の血圧はどこまで下げるべきか、エビデンスの解釈で紛糾

------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施します。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
メルクマニュアル 第17版日本語版(特別装丁版) ・・・10名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1