2001.10.23

【生物テロ】 肺炭疽を防ぐため予防内服について知りたい

 米国厚生省疾病管理・予防センター(CDC)は、肺炭疽を防ぐため予防内服について、ホームページで情報を提供しています。10月19日に更新されたInvestigation of Anthrax Associated with Intentional Exposure and Interim Public Health Guidelines, October 2001の中から、「Editorial Noteより」を目黒区保健所碑文谷保健センターの切明義孝さんが翻訳されていますので、ご本人の了解のもと、ここに紹介させていただきます。

(訳注)
抗生物質の用量は米国人向けの量です。
ご利用の際には主治医の判断で適宜増減してください。
訳は一部抜粋です。必ず原文をお確かめの上、御利用ください。

Investigation of Anthrax Associated with Intentional Exposure and Interim Public Health Guidelines, October 2001の「Editorial Noteより」

 炭疽菌の吸入が疑われるときには肺炭疽を防ぐため予防内服を行う。

 炭疽菌の抗生物質に対する感受性が不明であるときには成人・小児ともにciprofloxacin または doxycycline により治療を開始する。

 tetracyclines や fluoroquinolonesは小児に対する副作用の危険がある。しかし、病状によっては副作用の危険があっても使用せざるをえないことがある。

 後日、ペニシリン感受性が証明されれば、小児の治療薬はamoxicillinに変更する。

 小児に対しては amoxicillin 80 mg/kg/day 分3、8時間毎に経口投与(500mg 3回投与を超えないこと)

 炭疽菌の予防内服には cephalosporins 、 trimethoprim/sulfamethoxazole は無効である。

Table 1. 炭疽菌暴露後の予防内服に関する勧告

成人(妊婦・免疫不全者を含む)
   シプロフロキサシン500mg経口 1日2回
   または
   ドキシサイクリン100mg経口 1日2回
   60日間

小児 (初期治療)
   シプロフロキサシン10-15mg/kg経口 12時間毎
   (シプロキサンの1日量が1グラムを超えないこと)
   または
   ドキシサイクリン
   8歳超 及び 45kg超  100mg 経口1日2回
   8歳超 及び 45kg以下 2.2mg/kg経口1日2回
   8歳以下        2.2mg/kg経口 1日2回
   60日間

 注)ペニシリン感受性が証明されれば、小児の治療薬はamoxicillinに変更する。
 小児の投与量は amoxicillin 80 mg/kg/day 分3、8時間毎に経口投与
 ただし、500mg 3回投与を超えないこと。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180