2001.10.05

【日本痴呆学会速報】 アルツハイマー病治療のオーストラリアの現状、P. Henschke氏が報告

 薬物、非薬物を含めて、アルツハイマー病の治療をどのように行うべきか――。こうした問題を考える第20回日本痴呆学会学術集会のサテライトシンポジウム「痴呆の治療」において、オーストラリアRepatriation総合病院のPhilip Henschke氏が10月4日、日本と異なり政府がアルツハイマー病の治療方針を定めているオーストラリアの現状などについて講演した。

 オーストラリアの痴呆治療で導入されている薬事ベネフィット・スキーム(PBS;Pharmaceutical Benefit Scheme)について、まず説明を行った。PBSは経済的な効果などを考慮して、政府の委員会が推奨する薬剤リストや、使用を制限している高価格の薬剤などがまとめられているという。例えば、1.専門の内科医もしくは精神科医がミニ・メンタル・ステート検査(MMSE)を行い、その点数が10〜24点であれば軽度から中等度のアルツハイマー病と診断しコリンエステラーゼ阻害薬を投与する、2.治療を始めてから6カ月以内に治療効果の判定を行い、例えばMMSEが2ポイント以上、あるいは認知機能を評価するためのアルツハイマー病認知機能評価スケール(ADAS-Cog;Alzheimer's Disease Assessment Scale, cognitive subscale)が4ポイント以上改善していないと、同薬を使った治療を継続できない――などと決められているという。

 さらに、コリンエステラーゼ阻害薬であるドネペジル(商品名:アリセプト)、リバスチグミン(同:Exelon、本邦未発売)、ガランタミン(同:Reminyl、本邦未発売)の臨床試験結果についてそれぞれ述べた。それらを踏まえて、軽度から中等度のアルツハイマー病に対するコリンエステラーゼ阻害薬の使用は、様々な臨床試験結果を収集し、評価・解析結果が収載されているCochrane Reviewsなどにより支持されているが、6〜12カ月を超えて病気の進行を抑える効果については、強力なエビデンスはないなどと説明した。

 このほか、これまで効果があると言われている、ビタミンE、イチョウ葉、エストロゲン(女性ホルモン)、モノアミンオキシダーゼB遮断薬のセレジリンなどの治療効果を紹介。さらに、将来的に有望と考えられるアルツハイマー病の治療法として、βアミロイドワクチン、アミロイドβの生成を阻害するγセクレターゼ阻害薬、神経成長因子刺激薬を挙げた。

 Henschke氏は痴呆ケアについても簡単に触れ、世話をしている人へのケアが重要との認識を示した。日本と同様にオーストラリアでも、家族によるケアから資金的な裏づけがある公的なケアに少しずつ移行していると述べた。同氏は、アルツハイマー病について、「まだ治癒させることはできない。症状を悪化させる恐れはあるものの、症状を緩和させることはできるし、何より介護ケアにより常に助けることができる」と語った。

 なお、このサテライトシンポジウムは、日本痴呆学会、エーザイ、ファイザー製薬の共催で行われた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180