2001.09.19

【日本体力医学会速報】 ICとEBMが「評価の疫学」の基本に−会長講演より

 9月19日に行われた会長講演「健康科学と疫学について」では、今期大会長を務める東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野の久道茂氏が、臨床研究や疫学研究の科学的妥当性について解説。人を対象とする研究で、「科学性と倫理性を確保するのは、研究者としての責務」だと強調した。

 講演の冒頭で久道氏は、健康科学(ヘルスサイエンス)の定義を紹介。人間が健康な状態を保ち、健康を増進するための科学であり、医学だけでなく栄養学や薬学、スポーツ科学、情報科学、政策科学など多くの学問領域を含む総合科学であるとした。

 その一分野である疫学は、古典的には感染症の記述疫学としてスタートした。しかし、対象となる領域が感染症などの急性疾患から慢性疾患に移るにつれ、疫学の果たす役割も「治療や診断、保健対策事業などの介入の効果を評価する、『評価の疫学』」(久道氏)へと変わってきたという。

 こうした評価を科学的に行う際に欠かせないのが、きちんとデザインされた介入試験だ。久道氏は「いわゆる『われ使った、治った、故に効いた』という“三た論法”で効果ありとされた薬は、次々と再評価で消えていっている」と指弾。わが国で行われている多くの臨床研究で、外因的・内因的なバイアスがかかっていることを指摘し、バイアスを可能な限り排除した試験計画を立てることが重要と述べた。

 さらに久道氏は、近年問題とされることが多い疫学研究の倫理性にも言及。参加者に対してインフォームド・コンセント(IC)を確実に行うことはもちろんだが、まず「介入が科学的でなければ(介入に科学的な根拠がなければ)倫理的でない」と述べ、EBM(根拠に基づく医療)の重要性を強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正