2001.09.19

【日本体力医学会速報】 ICとEBMが「評価の疫学」の基本に−会長講演より

 9月19日に行われた会長講演「健康科学と疫学について」では、今期大会長を務める東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野の久道茂氏が、臨床研究や疫学研究の科学的妥当性について解説。人を対象とする研究で、「科学性と倫理性を確保するのは、研究者としての責務」だと強調した。

 講演の冒頭で久道氏は、健康科学(ヘルスサイエンス)の定義を紹介。人間が健康な状態を保ち、健康を増進するための科学であり、医学だけでなく栄養学や薬学、スポーツ科学、情報科学、政策科学など多くの学問領域を含む総合科学であるとした。

 その一分野である疫学は、古典的には感染症の記述疫学としてスタートした。しかし、対象となる領域が感染症などの急性疾患から慢性疾患に移るにつれ、疫学の果たす役割も「治療や診断、保健対策事業などの介入の効果を評価する、『評価の疫学』」(久道氏)へと変わってきたという。

 こうした評価を科学的に行う際に欠かせないのが、きちんとデザインされた介入試験だ。久道氏は「いわゆる『われ使った、治った、故に効いた』という“三た論法”で効果ありとされた薬は、次々と再評価で消えていっている」と指弾。わが国で行われている多くの臨床研究で、外因的・内因的なバイアスがかかっていることを指摘し、バイアスを可能な限り排除した試験計画を立てることが重要と述べた。

 さらに久道氏は、近年問題とされることが多い疫学研究の倫理性にも言及。参加者に対してインフォームド・コンセント(IC)を確実に行うことはもちろんだが、まず「介入が科学的でなければ(介入に科学的な根拠がなければ)倫理的でない」と述べ、EBM(根拠に基づく医療)の重要性を強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27