2001.09.19

【日本体力医学会速報】 ICとEBMが「評価の疫学」の基本に−会長講演より

 9月19日に行われた会長講演「健康科学と疫学について」では、今期大会長を務める東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野の久道茂氏が、臨床研究や疫学研究の科学的妥当性について解説。人を対象とする研究で、「科学性と倫理性を確保するのは、研究者としての責務」だと強調した。

 講演の冒頭で久道氏は、健康科学(ヘルスサイエンス)の定義を紹介。人間が健康な状態を保ち、健康を増進するための科学であり、医学だけでなく栄養学や薬学、スポーツ科学、情報科学、政策科学など多くの学問領域を含む総合科学であるとした。

 その一分野である疫学は、古典的には感染症の記述疫学としてスタートした。しかし、対象となる領域が感染症などの急性疾患から慢性疾患に移るにつれ、疫学の果たす役割も「治療や診断、保健対策事業などの介入の効果を評価する、『評価の疫学』」(久道氏)へと変わってきたという。

 こうした評価を科学的に行う際に欠かせないのが、きちんとデザインされた介入試験だ。久道氏は「いわゆる『われ使った、治った、故に効いた』という“三た論法”で効果ありとされた薬は、次々と再評価で消えていっている」と指弾。わが国で行われている多くの臨床研究で、外因的・内因的なバイアスがかかっていることを指摘し、バイアスを可能な限り排除した試験計画を立てることが重要と述べた。

 さらに久道氏は、近年問題とされることが多い疫学研究の倫理性にも言及。参加者に対してインフォームド・コンセント(IC)を確実に行うことはもちろんだが、まず「介入が科学的でなければ(介入に科学的な根拠がなければ)倫理的でない」と述べ、EBM(根拠に基づく医療)の重要性を強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67