2001.09.16

【日本骨粗鬆症学会速報】 拒食症女児の骨密度、回復には体重増加より月経の再来が重要に

 神経性食欲不振症(いわゆる拒食症)では、発症の低年齢化が問題となっているが、月経が来る前に拒食症を起こした女児では、一般の子供よりも骨密度が低いことがわかった。また、拒食症が治って体重が増え始めても、月経が止まった状態では、骨密度はなかなか回復しないことも明らかになった。順天堂大学小児科の西澤恭子氏らが、9月14日の一般口演で発表したもの。

 西澤氏らは、同院に入院した拒食症女児のうち、初回の入院時に骨密度を測定した24人を追跡。11〜15歳の健常女子167人から得たデータを対照として、入院時の骨密度や、拒食症が治る課程での骨密度の変化を調べた。対象とした女児の平均年齢は13.5歳(11〜16歳)、平均身長は150.8cm、平均体重は29.0kg。24人中9人は初経前で、残りも無月経状態だった。

 その結果、入院時の腰椎骨密度は、初経を迎えていた15人では比較的保たれていたが、大腿骨頚部の骨密度はやや低い傾向があった。一方、月経がまだ始まっていなかった9人では、腰椎、大腿骨頚部のいずれも、骨密度が同じ年齢の女児の平均値よりもかなり低いケースが多かった。

 次に西澤氏らは、経過を2年以上追跡できた8人で、骨密度の変化を標準偏差(SD)で評価した。すると、体脂肪指数(BMI)が18以上に回復していた4人では骨密度が0.16SD回復していたのに対し、BMIが18未満だった4人では1.2SD減少しており、体重の増加が骨密度回復に影響する傾向がみられたが、有意な差ではなかった(p=0.3)。一方、月経の再来でみると、月経が開始した4人の骨密度は0.22SDの減少、月経が止まったままの4人では2.2SDの減少であり、月経の再来が骨密度の回復に影響することがわかった(p=0.02)。

 女性の骨の発達は18歳でピークを迎えるとされ、骨密度の増加には十分な栄養と同時に、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も欠かせない。西澤氏は、小児期に拒食症になった子供について、「骨粗鬆症の予備軍として長期的な経過観察が必要」と指摘。拒食症が骨の成長に与える影響を把握し、患者本人にも骨の健康の大切さを認識してもらうことが、拒食症の治療を進める上で有用と強調した。

-->整形外科スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13