2001.09.16

【日本骨粗鬆症学会速報】 拒食症女児の骨密度、回復には体重増加より月経の再来が重要に

 神経性食欲不振症(いわゆる拒食症)では、発症の低年齢化が問題となっているが、月経が来る前に拒食症を起こした女児では、一般の子供よりも骨密度が低いことがわかった。また、拒食症が治って体重が増え始めても、月経が止まった状態では、骨密度はなかなか回復しないことも明らかになった。順天堂大学小児科の西澤恭子氏らが、9月14日の一般口演で発表したもの。

 西澤氏らは、同院に入院した拒食症女児のうち、初回の入院時に骨密度を測定した24人を追跡。11〜15歳の健常女子167人から得たデータを対照として、入院時の骨密度や、拒食症が治る課程での骨密度の変化を調べた。対象とした女児の平均年齢は13.5歳(11〜16歳)、平均身長は150.8cm、平均体重は29.0kg。24人中9人は初経前で、残りも無月経状態だった。

 その結果、入院時の腰椎骨密度は、初経を迎えていた15人では比較的保たれていたが、大腿骨頚部の骨密度はやや低い傾向があった。一方、月経がまだ始まっていなかった9人では、腰椎、大腿骨頚部のいずれも、骨密度が同じ年齢の女児の平均値よりもかなり低いケースが多かった。

 次に西澤氏らは、経過を2年以上追跡できた8人で、骨密度の変化を標準偏差(SD)で評価した。すると、体脂肪指数(BMI)が18以上に回復していた4人では骨密度が0.16SD回復していたのに対し、BMIが18未満だった4人では1.2SD減少しており、体重の増加が骨密度回復に影響する傾向がみられたが、有意な差ではなかった(p=0.3)。一方、月経の再来でみると、月経が開始した4人の骨密度は0.22SDの減少、月経が止まったままの4人では2.2SDの減少であり、月経の再来が骨密度の回復に影響することがわかった(p=0.02)。

 女性の骨の発達は18歳でピークを迎えるとされ、骨密度の増加には十分な栄養と同時に、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌も欠かせない。西澤氏は、小児期に拒食症になった子供について、「骨粗鬆症の予備軍として長期的な経過観察が必要」と指摘。拒食症が骨の成長に与える影響を把握し、患者本人にも骨の健康の大切さを認識してもらうことが、拒食症の治療を進める上で有用と強調した。

-->整形外科スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84