2001.09.02

「スタチンは安全で有用」、ACCとAHAが患者に向け共同声明

 米国心臓学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は8月30日、脂質低下薬のHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)が、安全で有用であるとする患者向け声明を共同で発表した。今年8月にスタチンの一つ、セリバスタチンナトリウム(わが国での商品名:バイコール、セルタ)が自主回収され(関連トピックス参照)、スタチン服用者の間に不安が広がっているのを受けたもの。

 声明の中で両学会は、「スタチンの有用性と安全性は実証されており、これまで特に副作用を経験していない服用者は、(自己判断で止めずに)服用を続けるべき」と強調。また、横紋筋融解症はすべてのスタチンで見られる副作用であり、セリバスタチンはその頻度が他のスタチンよりも多かったため自主回収されたが、頻度そのものは極めて少ないと指摘した。

 また、セリバスタチンを単独、またはゲムフィブロジルと併用で服用している患者には、すぐにセリバスタチンの服用を止めて主治医に相談するよう指示。同時に、どの種類のスタチンを服用している患者でも、筋肉痛や褐色尿があったら、すぐに主治医に相談するようアドバイスしている。

 なお、わが国では世界各国での自主回収後もしばらくセリバスタチンの販売は続行されたが、8月16日に厚生労働省が、同薬を国内で販売する2企業を指導(関連トピックス参照)。両社は8月23日に自主回収を開始している(関連トピックス参照)。

 両学会の声明「American College of Cardiology and American Heart Association Advisory -- ACC and AHA Reassure Patients About Statins' Effectiveness, Safety」は、こちらまで。なお、両学会は、ホームページ上でスタチン服用者向けの想定質問集も公開している。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.8.9 続報】 バイエル社の高コレステロール血症治療薬「バイコール」、日本除く世界中で販売中止決定
◆ 2001.8.17 続報】独バイエル社が「バイコール」販売中止
厚労省が用法・用量及び使用上の注意の徹底で国内メーカーを指導

◆ 2001.8.23 続報】 高脂血症治療薬セリバスタチン、日本でも自主的に販売を中止


-->医薬品スペシャルへ
-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182