2001.08.28

欧州心臓学会、心疾患による突然死の予防に関する勧告を発表

 欧州心臓学会(ESC)の心疾患突然死に関する諮問委員会(Task Force on Sudden Cardiac Death)は、心疾患による突然死の予防に関する勧告をまとめ、学会への報告書として発表した。報告書は、ESCの学術誌であるEuropean Heart Journal誌8月15日号に掲載された。

 この報告書では、心疾患突然死の予防に関し、新たに得られたエビデンスを整理。患者の病態別に、個々の介入について1. クラス1(行うべき)、2.クラス2a(行った方が良い)、3.クラス2b(行わない方が良い)、4.クラス3(行うべきではない)−−の4段階の勧告を示している。

 勧告の対象となった疾患は、心不全や心筋梗塞から心筋症、QT延長症候群やウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群、さらにスポーツ心臓や胸部外傷まで多岐に及ぶ。なかでも、患者数が多くエビデンスが豊富な心不全や心筋梗塞については、詳細な分析が加えられている。

 具体的な介入を挙げると、心不全患者の突然死予防については、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬と、スピロノラクトンなどのアルドステロン受容体拮抗薬がクラス1とされた。一方、強心薬やジゴキシンはクラス3となった。

 心筋梗塞後の突然死予防に関しては、クラス1がβ遮断薬とACE阻害薬、脂質低下薬の3薬。エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)もクラス2aとなった。一方、硝酸塩やマグネシウムはクラス3に位置付けられた。抗不整脈薬ではアミオダロンだけがクラス2aで、他はクラス3とされた。植え込み型除細動器(ICD)については、左室駆出力(EF)が40%未満で心室性頻拍(VT)が無症候性、非持続性などの場合にクラス1となった。

 この報告書のタイトルは、「Task Force on Sudden Cardiac Death of the European Society of Cardiology」。現在、全文がPDF形式でこちらからダウンロードできる。


-->医療行政・経営スペシャルへ
-->医薬品スペシャルへ
-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130