2001.08.28

欧州心臓学会、心疾患による突然死の予防に関する勧告を発表

 欧州心臓学会(ESC)の心疾患突然死に関する諮問委員会(Task Force on Sudden Cardiac Death)は、心疾患による突然死の予防に関する勧告をまとめ、学会への報告書として発表した。報告書は、ESCの学術誌であるEuropean Heart Journal誌8月15日号に掲載された。

 この報告書では、心疾患突然死の予防に関し、新たに得られたエビデンスを整理。患者の病態別に、個々の介入について1. クラス1(行うべき)、2.クラス2a(行った方が良い)、3.クラス2b(行わない方が良い)、4.クラス3(行うべきではない)−−の4段階の勧告を示している。

 勧告の対象となった疾患は、心不全や心筋梗塞から心筋症、QT延長症候群やウォルフ・パーキンソン・ホワイト(WPW)症候群、さらにスポーツ心臓や胸部外傷まで多岐に及ぶ。なかでも、患者数が多くエビデンスが豊富な心不全や心筋梗塞については、詳細な分析が加えられている。

 具体的な介入を挙げると、心不全患者の突然死予防については、β遮断薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬と、スピロノラクトンなどのアルドステロン受容体拮抗薬がクラス1とされた。一方、強心薬やジゴキシンはクラス3となった。

 心筋梗塞後の突然死予防に関しては、クラス1がβ遮断薬とACE阻害薬、脂質低下薬の3薬。エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)もクラス2aとなった。一方、硝酸塩やマグネシウムはクラス3に位置付けられた。抗不整脈薬ではアミオダロンだけがクラス2aで、他はクラス3とされた。植え込み型除細動器(ICD)については、左室駆出力(EF)が40%未満で心室性頻拍(VT)が無症候性、非持続性などの場合にクラス1となった。

 この報告書のタイトルは、「Task Force on Sudden Cardiac Death of the European Society of Cardiology」。現在、全文がPDF形式でこちらからダウンロードできる。


-->医療行政・経営スペシャルへ
-->医薬品スペシャルへ
-->循環器スペシャルへ
-->プロフェッショナル・プログラムのトップページへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27