2001.08.17

米ブッシュ大統領、胚性幹細胞を用いた研究に政府資金を投入

 米国ブッシュ大統領は8月8日、胚性幹細胞を用いた研究に対し、制限付きで政府資金を投入することを決めた。胚性幹細胞とは、受精してから2カ月までの胎芽と呼ばれる、いわば胎児になる前段階のものから得られる幹細胞のこと。宗教団体などは、受精卵の段階で人間の生命であり、研究に用いることは倫理的に問題があるとして反対している。一方、研究者や患者団体は助成による研究の推進を望んでいる。そのため米国では、こうした研究に対し、これまでは政府資金による助成を行わないできた。

 胚性幹細胞を用いた研究は、アルツハイマー病やパーキンソン病、若年性糖尿病など、多くの病気の治療につながる可能性があると考えられている。ブッシュ大統領は、この点を重視し、既に存在する60株の胚性幹細胞を用いた研究に対してのみ、政府の助成を行うことを決めた。これらの幹細胞は、「既に“生死”が明確になっている」(ブッシュ大統領)との判断からだという。そこで、胎芽から新たに幹細胞を取り出す研究には、助成は行わない。

 ブッシュ大統領はまた、シカゴ大学の生物医学倫理学者、Leon Kass氏を座長とする委員会を発足し、幹細胞研究の運用に関する適切なガイドラインなどを作成してく。

 詳しくは、ホワイト・ハウスによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0