2001.08.17

米ブッシュ大統領、胚性幹細胞を用いた研究に政府資金を投入

 米国ブッシュ大統領は8月8日、胚性幹細胞を用いた研究に対し、制限付きで政府資金を投入することを決めた。胚性幹細胞とは、受精してから2カ月までの胎芽と呼ばれる、いわば胎児になる前段階のものから得られる幹細胞のこと。宗教団体などは、受精卵の段階で人間の生命であり、研究に用いることは倫理的に問題があるとして反対している。一方、研究者や患者団体は助成による研究の推進を望んでいる。そのため米国では、こうした研究に対し、これまでは政府資金による助成を行わないできた。

 胚性幹細胞を用いた研究は、アルツハイマー病やパーキンソン病、若年性糖尿病など、多くの病気の治療につながる可能性があると考えられている。ブッシュ大統領は、この点を重視し、既に存在する60株の胚性幹細胞を用いた研究に対してのみ、政府の助成を行うことを決めた。これらの幹細胞は、「既に“生死”が明確になっている」(ブッシュ大統領)との判断からだという。そこで、胎芽から新たに幹細胞を取り出す研究には、助成は行わない。

 ブッシュ大統領はまた、シカゴ大学の生物医学倫理学者、Leon Kass氏を座長とする委員会を発足し、幹細胞研究の運用に関する適切なガイドラインなどを作成してく。

 詳しくは、ホワイト・ハウスによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130