2001.08.07

日本呼吸管理学会、呼吸リハビリーション・ガイドラインに関する声明を発表

 日本呼吸管理学会は8月4日、作成を進めてきた呼吸リハビリテーションに関するガイドラインの骨子案を、「呼吸リハビリテーションに関するステートメント」として発表した。大阪で開催された第11回日本呼吸管理学会/第23回日本呼吸療法医学会合同学術集会の二日目に開かれたワークショップで公表されたもの。正式なガイドラインとして刊行するのは来春になる見込み。

 ステートメントは、ガイドライン作成の背景と呼吸リハビリテーションの定義、ガイドラインの骨子、今後の課題となる問題点の指摘から構成されている。小規模な医療施設での利用に配慮し、検査(患者評価)項目やチーム医療の人員構成などについては、柔軟な規定を設けているのが特徴だ。

 呼吸管理学会では、「今後、日本呼吸器学会、日本リハビリテーション医学会などに呼びかけ、共同で推奨する形にしたい」(ガイドライン作成委員長の順天堂大学医学部呼吸器内科教授福地義之助氏)としている。

 なお今回のステートメントは暫定的なもので、8月末に同学会の理事会と評議員会で承認を受けて正式な学会声明となる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54