2001.08.07

日本呼吸管理学会、呼吸リハビリーション・ガイドラインに関する声明を発表

 日本呼吸管理学会は8月4日、作成を進めてきた呼吸リハビリテーションに関するガイドラインの骨子案を、「呼吸リハビリテーションに関するステートメント」として発表した。大阪で開催された第11回日本呼吸管理学会/第23回日本呼吸療法医学会合同学術集会の二日目に開かれたワークショップで公表されたもの。正式なガイドラインとして刊行するのは来春になる見込み。

 ステートメントは、ガイドライン作成の背景と呼吸リハビリテーションの定義、ガイドラインの骨子、今後の課題となる問題点の指摘から構成されている。小規模な医療施設での利用に配慮し、検査(患者評価)項目やチーム医療の人員構成などについては、柔軟な規定を設けているのが特徴だ。

 呼吸管理学会では、「今後、日本呼吸器学会、日本リハビリテーション医学会などに呼びかけ、共同で推奨する形にしたい」(ガイドライン作成委員長の順天堂大学医学部呼吸器内科教授福地義之助氏)としている。

 なお今回のステートメントは暫定的なもので、8月末に同学会の理事会と評議員会で承認を受けて正式な学会声明となる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1