2001.08.02

FDAが飲み込む“胃カメラ”承認、小腸の全体撮影が可能に

 米国食品医薬品局(FDA)は8月1日、カプセル入りで飲み込むことができる、超小型“胃カメラ”、 Given Diagnostic Imaging Systemを承認した。従来の内視鏡検査では、小腸の一部しか見ることができなかったが、このカメラを使うことで、小腸全体の撮影が可能となる。

 カメラには、送信機、電池、ライトが付いている。患者がカメラを飲み込むと、小腸を通過する際に、1秒間に2回の割合で腸粘膜を撮影する。映像は、患者が腰に巻いたベルト状のデータ・レコーダーに自動的に転送され、保存される仕組み。その後、医師がデータをコンピューターに転送し、読映を行う。

 Given Diagnostic Imaging Systemの製造元は、Given Imaging社(ジョージア州)。詳しくはFDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22