2001.08.02

FDAが飲み込む“胃カメラ”承認、小腸の全体撮影が可能に

 米国食品医薬品局(FDA)は8月1日、カプセル入りで飲み込むことができる、超小型“胃カメラ”、 Given Diagnostic Imaging Systemを承認した。従来の内視鏡検査では、小腸の一部しか見ることができなかったが、このカメラを使うことで、小腸全体の撮影が可能となる。

 カメラには、送信機、電池、ライトが付いている。患者がカメラを飲み込むと、小腸を通過する際に、1秒間に2回の割合で腸粘膜を撮影する。映像は、患者が腰に巻いたベルト状のデータ・レコーダーに自動的に転送され、保存される仕組み。その後、医師がデータをコンピューターに転送し、読映を行う。

 Given Diagnostic Imaging Systemの製造元は、Given Imaging社(ジョージア州)。詳しくはFDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266