2001.08.02

FDAが飲み込む“胃カメラ”承認、小腸の全体撮影が可能に

 米国食品医薬品局(FDA)は8月1日、カプセル入りで飲み込むことができる、超小型“胃カメラ”、 Given Diagnostic Imaging Systemを承認した。従来の内視鏡検査では、小腸の一部しか見ることができなかったが、このカメラを使うことで、小腸全体の撮影が可能となる。

 カメラには、送信機、電池、ライトが付いている。患者がカメラを飲み込むと、小腸を通過する際に、1秒間に2回の割合で腸粘膜を撮影する。映像は、患者が腰に巻いたベルト状のデータ・レコーダーに自動的に転送され、保存される仕組み。その後、医師がデータをコンピューターに転送し、読映を行う。

 Given Diagnostic Imaging Systemの製造元は、Given Imaging社(ジョージア州)。詳しくはFDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130