2001.07.26

左利きは炎症性大腸疾患の危険因子?、コホート研究が示唆

 英国で行われたコホート研究で、クローン病や潰瘍性大腸炎には、右利きよりも左利きの人の方が約2倍かかりやすいことが示唆された。研究結果は、Gut誌8月号に掲載された。

 この研究を行ったのは、英国王立Free大学のD. L. Morris氏ら。Morris氏らは、英国で行われている二つのコホート調査に基づき、利き手と炎症性大腸疾患の関連を検討した。

 1970年に産まれた人をコホートとする「1970 British Cohort Study」では、10歳の時に利き手をチェック。1958年に生まれた人をコホートとする「National Child Development Study」では、7歳の時に利き手を調べている。

 Morris氏らは、この二つのコホートの対象者について、炎症性大腸疾患に罹患しているかどうかを検査。性別を補正して利き手と疾患との相関を調べた。

 その結果、左利きの人がクローン病に罹患しているオッズ比は、右利きの人の2.13倍(95%信頼区間:0.97〜4.65)、潰瘍性大腸炎についても2.13倍(同:0.92〜4.91)となった。両者を併せ「炎症性大腸疾患」としてオッズ比を求めると、2.13倍(同:1.20〜3.78、p=0.010)となり、左利きの人では有意に炎症性大腸疾患が多いことが明らかになった。

 クローン病や潰瘍性大腸炎には、自己免疫疾患との側面もある。Morris氏らは、1.“左利き”が免疫に関する何らかの遺伝的な素因を反映している(“左利き遺伝子”と“自己免疫疾患遺伝子”が、染色体上で近い場所にあるなど)、2.左利きであることが、腸疾患や自己免疫疾患を起こしやすくする環境因子になっている‐‐の二つの理由が考えられるとしている。

 この論文のタイトルは、「Inflammatory bowel disease and laterality: is left handedness a risk?」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急