わが国の高血圧診療の歩み

第21回国際高血圧学会(ISH2006)が、10月15〜19日の5日間、福岡国際会議場(福岡市)で開催される。テーマは「Global Challenge for Overcoming High Blood Pressure」。わが国 では18年ぶりの開催で、3000人以上が参加する見込みである。日経メディカル Onlineでは、ISH2006に先立ち、今学会のプログラムと見どころを随時紹介するとともに、わが国の高血圧診療を支えてきた専門医のインタビューを交え、その半世紀の歴史を振り返り、今後の降圧治療を展望する礎としたい。

スペシャルインタビュー

荻原 俊男氏
(大阪大学教授、ISH2006会長)


臨床に有用な研究結果が集結
多くの臨床医のご参加を

荒川 規矩男氏
(福岡大学名誉教授、第7回日本高血圧学会会長)


ヒト・アンジオテンシンを
世界で初めて単離

今井 潤氏
(東北大学臨床薬学教授)
new!

家庭血圧の世界基準を決めた大迫研究

尾前 照雄氏
(国立循環器病センター名誉総長)
new!

「久山町研究」を世界的な疫学研究に

家森 幸男氏
(京都大学名誉教授、WHO循環器疾患専門委員)
new!

脳卒中発症ラットを開発、予防に生かす

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正