日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

液化窒素基本情報

一般名:液体窒素

製薬会社:エア・ウォーター

薬価・規格: - (1L) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 注射剤の製造の酸化の防止

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する。注射剤の製造に際し、酸化防止のための不活性ガスとして使用する。

    用法・用量(添付文書全文)

    気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    1.使用に当たっては、必ずガス名を「医薬品ラベル等」で確認する。
    2.窒素過多の空気を吸入した場合、軽い眩暈・頭痛・手足のしびれ等の酸欠に伴う症状を呈することがあるので、このような場合は、清浄な空気の場所に移し、しばらく安静にさせる。
    3.高濃度の窒素を吸入すると意識を失うことがあり、このような場合は、清浄な空気の場所に移し直ちに酸素吸入又は直ちに人工呼吸を行い医師の手当を受ける。
    4.合成空気を使用して高気圧療法をする際には、窒素分圧上昇による窒素酔いに留意するとともに、長時間の高気圧曝露では減圧症の危険があるので注意する。
    (取扱い上の注意)
    1.貯蔵上の注意:
    1).定置式超低温液化ガス貯槽の場合
    (1).標識類は常にきれいな状態にしておく。
    (2).貯槽の周辺の整理整頓を心掛ける。
    (3).バルブの開閉状態は、常に「開」、「閉」を表示板で表示する。
    (4).安全弁の元弁は常に全開の状態を維持し、ハンドルは回り止めを施し、封印する。
    (5).超低温液化ガスを取り扱う時は、常に凍害防止のため、革手袋を着用する。
    2).可搬式超低温液化ガス容器の場合
    (1).通風良好な状態を保つ。
    (2).超低温容器は転倒防止の措置をし、立てて置く(チェーン、ロープ等による緊縛あるいは容器立てに収納)。
    (3).容器は、湿気水滴等による腐食を防止する措置を講じる。
     ネ憧鐫崗譴蓮∋・腐食を防止するため、水分を浸入させないようにして、腐食性物質を近くに置かない。
    ◆タ緤、異物等の混入による腐食等を防止するため、使用済みの容器でも、容器のバルブは必ず閉めておく。
    (4).容器は「高圧ガス容器置場」であることを明示した所定の場所に、保管する。
     ネ憧錣蓮⊇偲桐憧錣隼藩兀僂瀝憧錣魘菠して置く。
    ◆ネ憧鐫崗譴砲郎邏箸防要な用具以外の物は置かない。
    .容器置場には関係者以外の立ち入りを禁止する。
    2.消費上の注意:
    1).液化窒素の温度は、−196℃と極めて低温であるため、凍傷等起こさぬように特に注意する。
    2).液化窒素は、気化すると約700倍の体積になるため、液を密閉状態にしないよう特に注意する。
    3).液化窒素を建物内で放出してはならない。酸欠の危険性があるので、換気に十分注意する。
    4).容器は転倒や転がり防止の措置を講じる。
    5).液化窒素を取扱うときは凍害防止のため革手袋を着用する。
    6).液化窒素の容器のバルブ及び凍結部に熱ショックを与えない。
    7).ガスの使用は容器から直接使用しないで、気化設備をへて使用する。
    8).使用後は直ちにバルブを閉じる。
    3.ガス漏洩時の注意:
    1).容器からガス漏れのある場合は、直ちにバルブを閉じてガスの使用を中止する。
    2).容器安全弁(破裂板)からガスが多量に噴出する場合は、容器から離れ換気を良くし、販売店に連絡する。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1