日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

テリパラチド酢酸塩静注用100「旭化成」基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:テリパラチド酢酸塩注射用

製薬会社:旭化成ファーマ

薬価・規格: 1.991E+4円(100酢酸テリパラチド単位1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • Ellsworth−Howard試験

注意すべき副作用詳しく見る

動悸悪心熱感血圧降下頭痛頻脈嘔吐胸痛血圧上昇過敏症顔面潮紅

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1回100テリパラチド酢酸塩単位を用時、日局生理食塩液3mLに溶解し、静脈内に注射する
    • なお、体表面積が1嵬にの小児の場合には、100テリパラチド酢酸塩単位/崚衢燭垢襦Ellsworth−Howard試験実施方法及び判定基準は添付文書参照)

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 高カルシウム血症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦

副作用

主な副作用

動悸悪心熱感血圧降下頭痛頻脈

重大な副作用

嘔吐過敏症顔面潮紅胸痛血圧上昇下痢眩暈しびれ感ショック脱力感発疹不快感不整脈腰痛

上記以外の副作用

あくび意識喪失咽頭痛悪寒顔色不良筋痙攣口渇硬直蕁麻疹全身倦怠感そう痒テタニー

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 高カルシウム血症
  • 慎重投与
    • 過敏症状
    • 気管支喘息
    • 紅斑
    • 心疾患
    • 腎疾患
    • 発疹
    • 膨疹

患者の属性に応じた注意事項

  • 禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    Ellsworth−Howard試験。

    用法・用量(添付文書全文)

    1回100テリパラチド酢酸塩単位を用時、日局生理食塩液3mLに溶解し、静脈内に注射する。
    なお、体表面積が1嵬にの小児の場合には、100テリパラチド酢酸塩単位/崚衢燭垢襦Ellsworth−Howard試験実施方法及び判定基準は添付文書参照)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    総症例1,414例中、149例(10.54%)に副作用が認められた。その主なものは、潮紅、熱感、動悸、頻脈、血圧降下等の循環器症状120例(8.49%)、悪心等の消化器症状22例(1.56%)等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用
    ショック(頻度不明):ショックを起こす可能性があるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、(0.1%未満)蕁麻疹[発現した場合には、投与を中止する]。
    2).循環器:(0.1〜5%未満)顔面潮紅、熱感、動悸、頻脈、不整脈、胸痛、血圧降下、血圧上昇、(0.1%未満)顔色不良。
    3).消化器:(0.1〜5%未満)悪心、嘔吐、下痢、(0.1%未満)口渇。
    4).神経系:(0.1〜5%未満)しびれ感、腰痛、頭痛、眩暈、(0.1%未満)筋痙攣、意識喪失、(頻度不明)テタニー、硬直。
    5).肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)・ALT上昇(GPT上昇)。
    6).その他:(0.1〜5%未満)脱力感、不快感、(0.1%未満)そう痒、全身倦怠感、あくび、(頻度不明)悪寒、咽頭痛。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.高カルシウム血症の患者[高カルシウム血症を悪化させる恐れがある]。
    2.本剤に対して過敏症の既往歴のある患者。
    3.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。
    (慎重投与)
    1.腎疾患・心疾患のある患者[腎疾患・心疾患を悪化させる恐れがある]。
    2.気管支喘息、発疹(紅斑、膨疹等)等の過敏症状を起こしやすい体質の患者。
    3.高齢者。
    (重要な基本的注意)
    本剤はポリペプチド製剤でありショック症状を起こす可能性があるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症等について十分な問診を行い、投与後は患者の状態を十分観察する。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら、慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[ウサギを用いた静脈内投与による器官形成期投与試験において、胎仔毒性(胎仔死亡)が認められている]。
    (適用上の注意)
    1.溶解後:溶解後は速やかに使用する。
    2.投与時:3分以上かけてゆっくり注射する。
    (その他の注意)
    ラットに2年間皮下投与したがん原性試験において、骨肉腫がみられたとの報告がある。
    (保管上の注意)
    8℃以下・遮光保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
    2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
    3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
    4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
    5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
    6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
    7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
    8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
    9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
    10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
    医師と医学研究者におすすめの英文校正