日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

献血ベニロン−I静注用500mg基本情報

一般名:乾燥スルホ化人免疫グロブリン注射用

製薬会社:化学及血清療法研究所

薬価・規格: 4889円(500mg10mL1瓶(溶解液付)) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • ギラン・バレー症候群
  • 重症感染症
  • 低ガンマグロブリン血症
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 無ガンマグロブリン血症
  • 川崎病の急性期
  • アレルギー性肉芽腫性血管炎の神経障害の改善
  • チャーグ・ストラウス症候群の神経障害の改善

注意すべき副作用詳しく見る

ショック発熱血圧低下頭痛呼吸困難悪寒チアノーゼ悪心発疹血小板減少嘔吐心不全急性腎不全浮腫蕁麻疹血栓塞栓症アナフィラキシー肝機能障害胸痛黄疸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 本剤は、添付の日局注射用水(10mL)に溶解して、次のとおり効能又は効果に応じて投与する
  • 直接静注する場合は、極めて緩徐に行う
  • 1.低又は無ガンマグロブリン血症:1回にスルホ化人免疫グロブリンG200〜600mg/kg体重を3〜4週間隔で点滴静注又は直接静注する
    • なお、患者の状態に応じて適宜増減する
  • 2.重症感染症における抗生物質との併用:1回にスルホ化人免疫グロブリンG2500〜5000mgを、小児に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG50〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する
    • なお、年齢及び症状に応じて適宜増減する
  • 3.特発性血小板減少性紫斑病:1日にスルホ化人免疫グロブリンG200〜400mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する
    • なお、特発性血小板減少性紫斑病に用いる場合、5日間投与しても症状の改善が認められない場合は以降の投与を中止する
  • 年齢及び症状に応じて適宜増減する
  • 4.川崎病:1日にスルホ化人免疫グロブリンG200mg/kg体重を5日間点滴静注又は直接静注、若しくは2000mg/kg体重を1回点滴静注する
    • なお、年齢及び症状に応じて5日間投与の場合は適宜増減、1回投与の場合は適宜減量する
  • 5.ギラン・バレー症候群:1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg/kg体重を5日間点滴静注又は直接静注する
  • 6.チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎における神経障害の改善:1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg/kg体重を5日間点滴静注する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • ショック
    • 過敏症

副作用

主な副作用

ショック発熱血圧低下頭痛呼吸困難悪寒チアノーゼ悪心発疹血小板減少嘔吐心不全急性腎不全浮腫蕁麻疹血栓塞栓症

重大な副作用

アナフィラキシー黄疸肝機能障害胸痛倦怠感心機能低下戦慄尿量減少肺水腫貧血無菌性髄膜炎

上記以外の副作用

GOT上昇GPT上昇息切れ意識混濁意識障害下肢疼痛下肢浮腫過敏症胸内苦悶局所性浮腫血圧上昇眩暈好酸球増多好中球減少四肢麻痺腫脹食欲不振心筋梗塞神経症状水疱喘息様症状そう痒感体温低下中枢神経症状ALT上昇AST上昇熱感脳梗塞肺塞栓症白血球減少発赤頻脈不安感腹痛溶血性貧血心不全悪化項部硬直心雑音血清クレアチニン値悪化腎機能検査値悪化汗疱深部静脈血栓症突然の呼吸困難

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • ショック
  • 原則禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • IgA欠損症
    • 免疫不全
    • 血栓塞栓症
    • 心機能低下
    • 腎障害
    • 脳血管障害
    • 溶血性貧血
    • 免疫抑制状態
    • 抗IgA抗体を保有
    • 失血性貧血
    • 心臓血管障害
  • 注意
    • 血液型がO型以外
  • 投与に際する指示
    • 急性腎不全
    • 血栓塞栓症
    • 心機能低下

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 小児(0歳〜14歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
風疹ワクチン 効果が得られない
非経口用生ワクチン 効果が得られない
麻疹ワクチン 効果が得られない
水痘ワクチン 効果が得られない
おたふくかぜ・麻疹・風疹の混合ワクチン 効果が得られない
おたふくかぜワクチン 効果が得られない

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.低ガンマグロブリン血症又は無ガンマグロブリン血症。
    2.重症感染症における抗生物質との併用。
    3.特発性血小板減少性紫斑病(他剤が無効で著明な出血傾向があり、外科的処置又は出産等一時的止血管理を必要とする場合)。
    4.川崎病の急性期(重症であり、冠動脈障害の発生の危険がある場合)。
    5.ギラン・バレー症候群(急性増悪期で歩行困難な重症例)。
    6.次の疾患における神経障害の改善(ステロイド剤が効果不十分な場合に限る):チャーグ・ストラウス症候群、アレルギー性肉芽腫性血管炎。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    1.重症感染症において抗生物質との併用に用いる場合は、適切な抗菌化学療法によっても十分な効果の得られない重症感染症を対象とする。
    2.川崎病に用いる場合は、発病後7日以内に投与を開始することが望ましい。
    3.チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎の神経障害の治療に用いる場合は、ステロイド剤による適切な治療(原則として、副腎皮質ステロイドをプレドニゾロン換算で40mg/日を4週間以上投与)によっても十分な効果の得られない患者を対象とする。

    用法・用量(添付文書全文)

    本剤は、添付の日局注射用水(10mL)に溶解して、次のとおり効能又は効果に応じて投与する。直接静注する場合は、極めて緩徐に行う。
    1.低又は無ガンマグロブリン血症:1回にスルホ化人免疫グロブリンG200〜600mg/kg体重を3〜4週間隔で点滴静注又は直接静注する。なお、患者の状態に応じて適宜増減する。
    2.重症感染症における抗生物質との併用:1回にスルホ化人免疫グロブリンG2500〜5000mgを、小児に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG50〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。なお、年齢及び症状に応じて適宜増減する。
    3.特発性血小板減少性紫斑病:1日にスルホ化人免疫グロブリンG200〜400mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。なお、特発性血小板減少性紫斑病に用いる場合、5日間投与しても症状の改善が認められない場合は以降の投与を中止する。年齢及び症状に応じて適宜増減する。
    4.川崎病:1日にスルホ化人免疫グロブリンG200mg/kg体重を5日間点滴静注又は直接静注、若しくは2000mg/kg体重を1回点滴静注する。なお、年齢及び症状に応じて5日間投与の場合は適宜増減、1回投与の場合は適宜減量する。
    5.ギラン・バレー症候群:1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg/kg体重を5日間点滴静注又は直接静注する。
    6.チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎における神経障害の改善:1日にスルホ化人免疫グロブリンG400mg/kg体重を5日間点滴静注する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.急速に注射すると血圧降下を起こす可能性がある(特に低又は無ガンマグロブリン血症の患者には注意する)。
    2.投与速度:
    1).初日の投与開始から30分間は0.01〜0.02mL/kg/分で投与し、副作用等の異常所見が認められなければ、0.03〜0.06mL/kg/分まで徐々に投与速度を上げてもよい。2日目以降は、前日に耐容した速度で投与することができる。
    2).川崎病に対し2000mg/kgを1回投与する場合には、基本的には投与開始から30分間は0.01〜0.02mL/kg/分(異常所見がなければ0.03〜0.06mL/kg/分まで)の投与速度を遵守することとするが、目安としては12時間以上かけて点滴静注する。
    3.低又は無ガンマグロブリン血症の用法・用量は、血清IgGトラフ値を参考に、基礎疾患や感染症などの臨床症状に応じて、投与量、投与間隔を調節する必要があることを考慮する。
    4.チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎の神経障害の治療において、本剤投与後4週間は再投与を行わない(4週間以内に再投与した場合の有効性及び安全性は検討されていない)。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    ベニロンの承認時まで及びベニロン、献血ベニロン−Iの使用成績調査等の総症例14,523例中545例(3.75%)に副作用が認められており、効能・効果別の副作用発現状況は次のとおりである。
    1.低又は無ガンマグロブリン血症*:264症例中11例(4.17%)に副作用が認められた。主な副作用は、発熱3件(1.14%)、悪寒2件(0.76%)、血圧低下2件(0.76%)等であった(承認時及び使用成績調査終了時)。
    *「通常、成人に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG2500〜5000mgを、小児に対しては、1回にスルホ化人免疫グロブリンG50〜150mg/kg体重を点滴静注又は直接静注する。なお、年齢及び症状に応じて適宜増減する。」に従って投与された際の副作用発現状況である。
    2.重症感染症における抗生物質との併用:10,881症例中37例(0.34%)に副作用が認められた。主な副作用は、発疹8件(0.07%)、悪寒6件(0.06%)、発熱6件(0.06%)、蕁麻疹5件(0.05%)、呼吸困難5件(0.05%)、悪心5件(0.05%)等であった(承認時及び使用成績調査終了時)。
    3.特発性血小板減少性紫斑病:709症例中53例(7.48%)に副作用が認められた。主な副作用は、頭痛18件(2.54%)、発熱17件(2.40%)、そう痒症5件(0.71%)、悪心5件(0.71%)、嘔吐4件(0.56%)、発疹4件(0.56%)等であった(承認時及び再審査終了時)。
    4.川崎病:1,389症例中15例(1.08%)に副作用が認められた。主な副作用は、チアノーゼ3件(0.22%)、蕁麻疹3件(0.22%)、ALT(GPT)上昇3件(0.22%)、AST(GOT)上昇3件(0.22%)、振戦2件(0.14%)、悪寒2件(0.14%)、発熱2件(0.14%)、血圧低下2件(0.14%)等であった(承認時及び再審査終了時)。
    5.ギラン・バレー症候群:1,249症例中410例(32.8%)に副作用が認められた。主な副作用は、ALT(GPT)上昇98件(7.8%)、肝機能異常89件(7.1%)、AST(GOT)上昇84件(6.7%)、白血球数減少43件(3.4%)、頭痛35件(2.8%)、好中球数減少27件(2.2%)等であった(承認時及び再審査終了時)。
    6.チャーグ・ストラウス症候群、アレルギー性肉芽腫性血管炎:31症例中19例(61.3%)に副作用が認められた。主な副作用は、頭痛5件(16.1%)、ALT(GPT)上昇3件(9.7%)、血小板減少症2件(6.5%)、倦怠感2件(6.5%)、白血球数減少2件(6.5%)等であった(承認時)。
    なお、川崎病の急性期を対象とした使用成績調査における副作用の発現率は1.14%(12例/1,053例)で、そのうちショック0%(0例0件)、ショック又はショックが疑われる症状(チアノーゼ、血圧低下等)0.28%(3例4件)であり、重篤な副作用の発現率は0%(0例0件)であった。また、川崎病の急性期の再審査期間中に報告された自発報告において、出荷量あたりの重篤な副作用の発現例数は2.8例/1000kg(7例12件)で、そのうちショック1.6例/1000kg(4例4件)、ショック又はショックが疑われる症状(チアノーゼ、血圧低下等)1.6例/1000kg(4例4件)であった。
    1.重大な副作用
    1).ショック、アナフィラキシー(0.1%未満):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、頻脈、不安感、胸内苦悶、血圧低下、チアノーゼ等が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).肝機能障害、黄疸(頻度不明):著しいAST上昇(著しいGOT上昇)、著しいALT上昇(著しいGPT上昇)、著しいAl−P上昇、著しいγ−GTP上昇、著しいLDH上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行う。
    3).無菌性髄膜炎(頻度不明):大量投与により無菌性髄膜炎(項部硬直、発熱、頭痛、悪心・嘔吐あるいは意識混濁等)が現れることがあるので、このような場合は投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).急性腎不全(頻度不明):急性腎不全が現れることがあるので、投与に先立って患者が脱水状態にないことを確認するとともに、観察を十分に行い、腎機能検査値悪化(BUN値悪化、血清クレアチニン値悪化等)、尿量減少が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。なお、急性腎不全の危険性の高い患者においては、適宜減量し、できるだけゆっくりと投与することが望ましい。
    5).血小板減少(頻度不明):血小板減少を起こすことがあるので、観察を十分に行い、このような場合には、適切な処置を行う。
    6).肺水腫(頻度不明):肺水腫が現れることがあるので、呼吸困難等の症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    7).血栓塞栓症(頻度不明):大量投与例で、血液粘度の上昇等により、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓症、深部静脈血栓症等の血栓塞栓症が現れることがあるので、観察を十分に行い、中枢神経症状(眩暈、意識障害、四肢麻痺等)、胸痛、突然の呼吸困難、息切れ、下肢疼痛・下肢浮腫等の症状が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。
    なお、血栓塞栓症の危険性の高い患者においては、適宜減量し、できるだけゆっくりと投与することが望ましい。
    8).心不全(頻度不明):主として川崎病への大量投与例で、循環血漿量過多により心不全を発症又は心不全悪化させることがあるので、観察を十分に行い、呼吸困難、心雑音、心機能低下、浮腫、尿量減少等が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。なお、心機能低下している患者においては、適宜減量し、できるだけゆっくりと投与することが望ましい。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(頻度不明)発赤、腫脹、水疱、汗疱、(0.1〜5%未満)発疹、(0.1%未満)熱感、蕁麻疹、そう痒感、局所性浮腫等[このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
    2).循環器:(頻度不明)血圧低下、血圧上昇。
    3).肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等。
    4).消化器:(0.1%未満)悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛。
    5).血液:(頻度不明)白血球減少、好中球減少、好酸球増多、溶血性貧血、貧血。
    6).その他:(頻度不明)胸痛、体温低下、CK上昇(CPK上昇)、喘息様症状、(0.1〜5%未満)頭痛、発熱、悪寒、戦慄、(0.1%未満)倦怠感。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対しショックの既往歴のある患者。
    (原則禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.IgA欠損症の患者[抗IgA抗体を保有する患者では過敏反応を起こす恐れがある]。
    2.腎障害のある患者[腎機能を悪化させる恐れがある]。
    3.脳血管障害・心臓血管障害又はその既往歴のある患者[大量投与による血液粘度の上昇等により脳梗塞又は心筋梗塞等の血栓塞栓症を起こす恐れがある]。
    4.血栓塞栓症の危険性の高い患者[大量投与による血液粘度の上昇等により血栓塞栓症を起こす恐れがある]。
    5.溶血性貧血・失血性貧血の患者[ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない(感染した場合には、発熱と急激な貧血を伴う重篤な全身症状を起こすことがある)]。
    6.免疫不全患者・免疫抑制状態の患者[ヒトパルボウイルスB19の感染を起こす可能性を否定できない(感染した場合には、持続性貧血を起こすことがある)]。
    7.心機能低下している患者[大量投与により、心不全を発症又は心不全悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    患者への説明:本剤の使用にあたっては、疾病の治療における本剤の必要性とともに、本剤の製造に際しては感染症の伝播を防止するための安全対策が講じられているものの、ヒトの血液を原材料としていることに由来する感染症伝播のリスクを完全に排除することができないことを、患者に対して説明し、その理解を得るよう努める。
    1.本剤の原材料となる献血者の血液については、HBs抗原、抗HCV抗体、抗HIV−1抗体、抗HIV−2抗体及び抗HTLV−1抗体陰性で、かつALT(GPT)値でスクリーニングを実施している。更に、プールした試験血漿については、HIV、HBV、HCV、HAV及びヒトパルボウイルスB19について核酸増幅検査(NAT)を実施し、適合した血漿を本剤の製造に使用しているが、当該NATの検出限界以下のウイルスが混入している可能性が常に存在する。その後の本剤の製造工程であるCohnの低温エタノール分画、スルホ化処理及びウイルス除去膜処理は、HIVをはじめとする各種ウイルスの除去・不活化効果を有することが確認されているが、投与に際しては、次の点に十分注意する。
    1).血漿分画製剤の現在の製造工程では、ヒトパルボウイルスB19等のウイルスを完全に不活化・除去することが困難であるため、本剤の投与によりその感染の可能性を否定できないので、投与後の経過を十分に観察する。
    2).現在までに本剤の投与により変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)等が伝播したとの報告はない。しかしながら、製造工程において異常プリオンを低減し得るとの報告があるものの、理論的なvCJD等の伝播のリスクを完全には排除できないので、投与の際には患者への説明を十分行い、治療上の必要性を十分検討の上投与する。
    2.ショック等重篤な副作用を起こすことがあるので注意して使用し、経過を十分観察する(特に小児等に使用する場合には投与速度に注意するとともに、経過を十分に観察する)。
    3.本剤は抗A及び抗B血液型抗体を有するので、血液型がO型以外の患者に大量投与したとき、溶血性貧血を起こすことがある。
    4.本剤による特発性血小板減少性紫斑病の治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意する。
    5.小児の急性特発性血小板減少性紫斑病は多くの場合自然緩解するものであることを考慮する。
    6.川崎病の患者における追加投与は、本剤投与における効果不十分(発熱の持続等)で症状の改善が見られない等、必要と思われる時のみに行う(本剤の追加投与に関しては有効性、安全性は確立していない)。
    7.ギラン・バレー症候群においては、筋力低下の改善が認められた後、再燃することがあるので、その場合には本剤の再投与を含め、適切な処置を考慮する。
    8.チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎の神経障害において、本剤投与後に明らかな臨床症状の悪化や新たな神経症状の発現等が認められた場合には、治療上の有益性と危険性を十分に考慮した上で、本剤の再投与を判断する(本剤を再投与した場合の有効性及び安全性は確立していない)。
    (相互作用)
    併用注意:非経口用生ワクチン(麻疹ワクチン、おたふくかぜワクチン、風疹ワクチン、麻疹・おたふくかぜ・風疹の混合ワクチン、水痘ワクチン等)[本剤の投与を受けた者は、生ワクチンの効果が得られない恐れがあるので、生ワクチンの接種は本剤投与後3カ月以上延期する(また、生ワクチン接種後14日以内に本剤を投与した場合は、投与後3カ月以上経過した後に生ワクチンを再接種することが望ましい)、なお、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、川崎病、ギラン・バレー症候群、チャーグ・ストラウス症候群又はアレルギー性肉芽腫性血管炎に対する大量療法(200mg/kg以上)後に生ワクチンを接種する場合は、原則として生ワクチンの接種を6カ月以上(麻疹感染の危険性が低い場合の麻疹ワクチン接種は11カ月以上)延期する(本剤の主成分は免疫抗体であるため、中和反応により生ワクチンの効果が減弱される恐れがある)]。
    (高齢者への投与)
    1.一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    2.一般的に高齢者では脳・心臓血管障害又はその既往歴のある患者がみられ、血栓塞栓症を起こす恐れがあるので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない;本剤の投与によりヒトパルボウイルスB19の感染の可能性を否定できない(感染した場合には胎児への障害(流産、胎児水腫、胎児死亡)が起こる可能性がある)]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤には各種感染症の病原体又はその産生物質に対する免疫抗体が含まれているため、投与後の血中にこれら免疫抗体が一時検出されることがあるので、臨床診断には注意を要する。
    (適用上の注意)
    投与時:
    1.溶解時に不溶物の認められるものは使用しない。また、一度溶解したものはできるだけ速やかに使用を開始する(なお、使用後の残液は、細菌汚染の恐れがあるので再使用しない(本剤は細菌の増殖に好適な蛋白であり、しかも保存剤を含有していないため))。
    2.溶解した液をシリコンオイルが塗布されているシリンジで採取した場合、浮遊物が発生する可能性があるため、投与前に薬液中に浮遊物がないか目視で確認する(浮遊物が認められた場合には投与しない)。
    3.他の製剤との混注は避ける。
    (その他の注意)
    本剤は、貴重なヒト血液を原材料として製剤化したものである。有効成分及び添加物としてヒト血液由来成分を含有しており、原材料となったヒト血液を採取する際には、問診、感染症関連の検査を実施するとともに、製造工程における一定の不活化・除去処理などを実施し、感染症に対する安全対策を講じているが、ヒト血液を原材料としていることによる感染症伝播のリスクを完全に排除することはできないため、疾病の治療上の必要性を十分に検討の上、必要最小限の使用にとどめる。
    (取扱い上の注意)
    記録の保存:本剤は特定生物由来製品に該当することから、本剤を使用した場合は、医薬品名(販売名)、その製造番号又は製造記号(ロット番号)、使用年月日、使用した患者の氏名、住所等を記録し、少なくとも20年間保存する。
    (溶解方法)
    冷蔵保存をしていた場合は製剤及び添付の溶剤(日本薬局方注射用水)バイアルを冷蔵庫から取り出し、室温にもどす。製剤バイアルは陰圧となっているため、必ず次記の順序に従って溶解する。
    1.製剤及び溶剤バイアルのゴム栓を消毒する。
    2.注射器で溶剤を全量抜き取り、製剤バイアルに突き刺し、溶剤の全量を壁面に沿ってゆっくり注入する。
    3.製剤バイアルをできるだけ泡をたてないようゆるやかに回転振盪しながら完全に溶解する(激しく振盪しない)。
    (保管上の注意)
    30℃以下に凍結を避けて保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:239
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:375
    3. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:122
    4. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:185
    5. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:82
    6. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:91
    7. 待望の内服薬が承認、治療アドヒアランス向上に期待 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:2
    8. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:124
    9. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
    10. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:96