日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ランプレンカプセル50mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:クロファジミンカプセル

製薬会社:サンド

薬価・規格: 229.4円(50mg1カプセル) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • ハンセン病

注意すべき副作用詳しく見る

胃不快感腸閉塞脾臓梗塞血栓塞栓症皮膚着色皮膚病変皮膚が暗赤色〜黒褐色に着色皮膚色素沈着障害毛髪着色皮膚乾燥

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.ハンセン病(多菌型):クロファジミンとして50mgを1日1回又は200mg〜300mgを週2〜3回に分割して、食直後に経口投与する
  • 年齢・症状により適宜増減する
  • 投与期間は最低2年とし、可能であれば皮膚塗抹陰性になるまで投与する
  • 原則として、他剤と併用して使用する
  • 2.ハンセン病(らい性結節性紅斑):クロファジミンとして100mgを1日1回、食直後に経口投与する
  • らい反応が安定した場合には100mgを週3回に減量する
  • 投与期間は3カ月以内とする

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦
    • 乳児
  • 年齢や性別に応じた注意事項
    • 乳児(0日〜364日)

副作用

主な副作用

胃不快感皮膚着色皮膚病変皮膚が暗赤色〜黒褐色に着色皮膚色素沈着障害毛髪着色皮膚乾燥光線過敏症魚鱗癬ざ瘡様発疹発疹

重大な副作用

腸閉塞脾臓梗塞血栓塞栓症

上記以外の副作用

紅皮症皮膚そう痒剥脱性皮膚炎胃腸出血好酸球性腸炎悪心嘔吐腹痛下痢便秘食欲不振結膜着色角膜着色涙液着色黄斑部色素沈着角膜上皮下色素沈着眼乾燥感眼刺激感眼灼熱感視力低下眩暈頭痛嗜眠神経痛皮膚着色による抑うつ症状肝炎黄疸肝腫大AST上昇ビリルビン上昇貧血好酸球増多汗着色痰着色尿着色便着色鼻汁着色精液着色母乳着色リンパ節症膀胱炎骨痛浮腫疲労発熱血管痛レイノー様現象体重減少味覚障害モニリア口唇炎低カリウム血症血糖値上昇血沈亢進血清アルブミン増加

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 慎重投与
    • 胃腸障害
    • 頻回の下痢
    • 頻回の腹痛

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 授乳婦
    • 乳児
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 妊婦・産婦
  • 投与に際する指示
    • 妊婦・産婦
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 乳児(0日〜364日)
  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
イソニアジド 血漿中及び尿中濃度は上昇

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    ハンセン病。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.ハンセン病(多菌型):クロファジミンとして50mgを1日1回又は200mg〜300mgを週2〜3回に分割して、食直後に経口投与する。年齢・症状により適宜増減する。投与期間は最低2年とし、可能であれば皮膚塗抹陰性になるまで投与する。原則として、他剤と併用して使用する。
    2.ハンセン病(らい性結節性紅斑):クロファジミンとして100mgを1日1回、食直後に経口投与する。らい反応が安定した場合には100mgを週3回に減量する。投与期間は3カ月以内とする。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    ハンセン病患者を対象にした使用成績調査において、97例中報告された副作用は38.1%(37例)に66件で、主な副作用は、色素沈着障害22件、胃不快感4件等であった(再審査終了時)。
    1.重大な副作用(頻度不明):次のような副作用が現れることがある。このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    1).腸閉塞。
    2).脾臓梗塞。
    3).血栓塞栓症。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).皮膚:皮膚着色(皮膚病変及び皮膚が暗赤色〜黒褐色に着色)、皮膚色素沈着障害、毛髪着色、皮膚乾燥、光線過敏症、魚鱗癬、ざ瘡様発疹、紅皮症、発疹、皮膚そう痒、剥脱性皮膚炎。
    2).消化器:胃腸出血、好酸球性腸炎、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、便秘、食欲不振、胃不快感。
    3).眼:結膜着色・角膜着色・涙液着色、黄斑部色素沈着・角膜上皮下色素沈着、眼乾燥感・眼刺激感・眼灼熱感、視力低下。
    4).精神神経系:眩暈、頭痛、嗜眠、神経痛、皮膚着色による抑うつ症状。
    5).肝臓:肝炎、黄疸、肝腫大、AST上昇(GOT上昇)、ビリルビン上昇。
    6).血液:貧血、好酸球増多。
    7).その他:汗着色・痰着色・尿着色・便着色・鼻汁着色・精液着色・母乳着色等、リンパ節症、膀胱炎、骨痛、浮腫、疲労、発熱、血管痛、レイノー様現象、体重減少、味覚障害、モニリア口唇炎、低カリウム血症、血糖値上昇、血沈亢進、血清アルブミン増加。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    胃腸障害(頻回の下痢・頻回の腹痛等)のある患者[症状を悪化させる恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用にあたっては、「ハンセン病診断・治療指針」(厚生省・(財)藤楓協会発行)を参考に治療を行うことが望ましい。
    2.ハンセン病の治療にあたっては、本剤による治療についての科学的データの蓄積が少ないことを含め、患者に十分な説明を行い、インフォームド・コンセントを得る。
    3.本剤を高用量で長期投与した場合、腸間膜リンパ節、脾臓等に蓄積し、沈殿するので、空腸粘膜の固有層や腸間膜リンパ節に本剤の結晶が蓄積すると、腸疾患が発症する可能性があり、まれに腸閉塞、脾臓梗塞を起こすことが報告されているので、胃腸症状(下痢・腹痛等)が発現した場合には、減量、休薬、投与間隔をあけるなどの処置を行う。
    4.本剤服用による皮膚の着色で、結果的に抑うつ症状を生じる可能性があるので、患者の精神状態に十分注意する。また皮膚及び毛髪の着色は可逆的であるが、皮膚の着色は、本剤中止後、消失までに数カ月〜数年かかることをあらかじめ患者に説明しておく。なお、皮膚の着色は日光曝露によって濃くなることが報告されている。
    5.本剤投与中に眩暈、視力低下、疲労、頭痛を訴える患者には、自動車の運転、機械の操作等危険を伴う作業に従事させないよう十分注意する。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では、生理機能が低下しているので減量するなど慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立されていない(動物実験(マウス・ラット)で着床数減少、胎仔体重減少及び新生仔死亡率増加がみられており、また、マウスでは胎仔死亡数増加及び胎仔頭骨の化骨遅延増加がみられている)]。
    2.妊娠中に投与した場合、胎盤を通過し、出生児に皮膚着色がみられることがある。
    3.本剤投与中に妊娠が確認された場合には、継続治療の必要性について検討する[妊娠中はハンセン病の症状が悪化しやすい]。
    4.授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[ヒト母乳中へ移行し、母乳着色及び乳児の皮膚着色することがある]。
    (適用上の注意)
    1.保管時:本剤はチョコレート様の外観でバニラのにおいがするので、小児の手の届かない所に保管するよう患者に説明する。
    2.服用時:消化管からの吸収促進を図るため、食直後に服用又は食事・ミルク等とともに服用する。
    (その他の注意)
    高用量(300mg/日)の本剤とイソニアジド<300mg/日>併用投与を受けている患者で、本剤の皮膚の濃度は低かったが、血漿中及び尿中濃度は上昇したとの報告がある。
    (保管上の注意)
    過酷な温度条件で崩壊遅延を認める場合があるので、35℃以上で保存しない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
    2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
    3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
    4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
    5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
    6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
    8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
    9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
    10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
    医師と医学研究者におすすめの英文校正