日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 深在性真菌感染症

注意すべき副作用詳しく見る

心停止心不全不整脈心室頻拍心室細動心房細動急性肝不全腎障害急性腎不全高窒素血症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.静注:(調製法)本品静注時1バイアル(50mg)に注射用水か5%ブドウ糖注射液10mLを加えて溶かし溶液が透明になるまでゆっくりと振盪しこの溶解液(アムホテリシンB5mg/mL)を5%ブドウ糖注射液で500mL以上に希釈(アムホテリシンB0.1mg/mL以下の濃度)して使用する
  • 1日体重1kg当りアムホテリシンB0.25mg(力価)より開始し、次回より症状を観察しながら漸増し、1日量として体重1kg当り0.5mg(力価)を点滴静注するが、投与量は1日体重1kg当り1mg(力価)又は隔日体重1kg当り1.5mg(力価)までとする
  • 副作用の発現のため投与困難な場合には、初回量は1日1mg(力価)より開始し、症状を観察しながら漸増し、1日総量50mg(力価)までを連日又は隔日1回点滴静注する
  • 点滴静注は3〜6時間以上かけて徐々に行う
  • 患者の症状、状態に応じて適宜用量を調節する
  • 2.気管内注入:本品1バイアル(50mg)を注射用水10mLに溶解し、その0.2〜4mL(1〜20mg)を更に注射用水約10mLに希釈(アムホテリシンB0.1〜2mg/mL)して用いる
  • 初回量は1日1mg(力価)又は5〜10mg(力価)より開始し、漸次増量し、1日10〜20mg(力価)を隔日1回気管内に注入する
  • 3.胸膜内注入:気管内注入と同じ要領で溶解したアムホテリシンB液を、初回量は1日1mg(力価)より開始し、漸次増量し、5〜20mg(力価)を週1〜3回、胸水排除後、胸膜内に注入する
  • 4.髄腔内注入:1バイアル(50mg)を注射用水10mLに溶解し、その0.2〜4mL(1〜20mg)を更に注射用水20〜30mLに適宜希釈して用いる
  • 1回0.25〜1mg(力価)を採取髄液量を超えない液量で漸増法により1日1回隔日、又は3日毎に徐々に注入する
  • 5.膀胱内注入:アムホテリシンB15〜20mg(力価)を注射用水100mLに溶解し、膀胱内の尿を排除し、1日1〜2回尿道カテーテルをとおして直接注入する
  • 膀胱内注入後薬剤は1時間以上(出来れば2〜3時間)膀胱内にとどめておく
  • 6.皮内注:1バイアル(50mg)を2%プロカイン10mLに溶解し、その0.1〜0.4mL(アムホテリシンBとして0.5〜2mg(力価))を病巣皮内及び皮下に分注する
  • 1回の総量は50mg(力価)を限度とし、10〜30日の間隔で行う
  • 7.吸入:1バイアル(50mg)を注射用水10〜20mLで溶解し、1回2.5〜5mg/mLを1日2〜5回吸入する
  • 1〜2カ月継続して行う

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • 腎機能低下

副作用

主な副作用

倦怠感不可逆的な腎障害頭痛食欲不振悪心嘔吐下痢消化不良痙攣性心窩部痛痙攣出血性胃腸炎

重大な副作用

心停止心不全不整脈心室頻拍心室細動心房細動急性肝不全腎障害急性腎不全高窒素血症尿細管性アシドーシス腎石灰沈着腎性尿崩症無尿乏尿BUN上昇クレアチニン上昇低張尿多飲多尿皮膚粘膜眼症候群Stevens−Johnson症候群中毒性表皮壊死融解症Toxic Epidermal NecrolysisTENアナフィラキシー無顆粒球症肺水腫低カリウム血症重篤な低カリウム血症血清カリウム値異常変動全身倦怠感脱力感横紋筋融解症筋肉痛CK上昇CPK上昇血中ミオグロビン上昇尿中ミオグロビン上昇中枢神経障害髄膜炎脳症脊髄障害対麻痺

上記以外の副作用

下血過敏症発疹そう痒潮紅アレルギー反応斑点状丘疹性皮疹凝固障害貧血血小板減少白血球減少顆粒球減少好酸球増多白血球増多血圧低下血圧上昇呼吸困難気管支痙攣過敏性肺臓炎肝機能異常黄疸末梢神経障害複視霧視聴力低下難聴耳鳴高カリウム血症低マグネシウム血症発熱悪寒関節痛眩暈疼痛体重減少血栓性静脈炎注射部疼痛

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • 腎機能低下
  • 慎重投与
    • 腎障害
  • 投与に際する指示
    • 腎障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者
  • 投与に際する指示
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)
  • 投与に際する指示
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
白血球輸注 急性肺機能障害
シスプラチン 腎障害が発現・悪化
ペンタミジン 腎障害が発現・悪化
アミノグリコシド系抗生物質 腎障害が発現・悪化
シクロスポリン 腎障害が発現・悪化
ガンシクロビル 腎障害が発現・悪化
タクロリムス水和物 腎障害が発現・悪化
ホスカルネット 腎障害が発現・悪化
副腎皮質ホルモン剤 低カリウム血症を増悪
ヒドロコルチゾン 低カリウム血症を増悪
ACTH 低カリウム血症を増悪
三酸化ヒ素 血清電解質の異常
三酸化ヒ素 QT延長
強心配糖体製剤 毒性<不整脈等>を増強
ジギトキシン 毒性<不整脈等>を増強
ジゴキシン 毒性<不整脈等>を増強
抗不整脈剤 催不整脈作用を増強
非脱分極性筋弛緩剤 クラーレ様薬剤の麻痺作用を増強し呼吸抑制
塩化ツボクラリン クラーレ様薬剤の麻痺作用を増強し呼吸抑制
塩化パンクロニウム クラーレ様薬剤の麻痺作用を増強し呼吸抑制
フルシトシン 毒性<骨髄抑制作用>を増強
利尿剤 腎障害を発現・悪化
フロセミド 腎障害を発現・悪化

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    深在性真菌感染症。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.静注:
    (調製法)本品静注時1バイアル(50mg)に注射用水か5%ブドウ糖注射液10mLを加えて溶かし溶液が透明になるまでゆっくりと振盪しこの溶解液(アムホテリシンB5mg/mL)を5%ブドウ糖注射液で500mL以上に希釈(アムホテリシンB0.1mg/mL以下の濃度)して使用する。
    1日体重1kg当りアムホテリシンB0.25mg(力価)より開始し、次回より症状を観察しながら漸増し、1日量として体重1kg当り0.5mg(力価)を点滴静注するが、投与量は1日体重1kg当り1mg(力価)又は隔日体重1kg当り1.5mg(力価)までとする。副作用の発現のため投与困難な場合には、初回量は1日1mg(力価)より開始し、症状を観察しながら漸増し、1日総量50mg(力価)までを連日又は隔日1回点滴静注する。点滴静注は3〜6時間以上かけて徐々に行う。患者の症状、状態に応じて適宜用量を調節する。
    2.気管内注入:本品1バイアル(50mg)を注射用水10mLに溶解し、その0.2〜4mL(1〜20mg)を更に注射用水約10mLに希釈(アムホテリシンB0.1〜2mg/mL)して用いる。初回量は1日1mg(力価)又は5〜10mg(力価)より開始し、漸次増量し、1日10〜20mg(力価)を隔日1回気管内に注入する。
    3.胸膜内注入:気管内注入と同じ要領で溶解したアムホテリシンB液を、初回量は1日1mg(力価)より開始し、漸次増量し、5〜20mg(力価)を週1〜3回、胸水排除後、胸膜内に注入する。
    4.髄腔内注入:1バイアル(50mg)を注射用水10mLに溶解し、その0.2〜4mL(1〜20mg)を更に注射用水20〜30mLに適宜希釈して用いる。1回0.25〜1mg(力価)を採取髄液量を超えない液量で漸増法により1日1回隔日、又は3日毎に徐々に注入する。
    5.膀胱内注入:アムホテリシンB15〜20mg(力価)を注射用水100mLに溶解し、膀胱内の尿を排除し、1日1〜2回尿道カテーテルをとおして直接注入する。膀胱内注入後薬剤は1時間以上(出来れば2〜3時間)膀胱内にとどめておく。
    6.皮内注:1バイアル(50mg)を2%プロカイン10mLに溶解し、その0.1〜0.4mL(アムホテリシンBとして0.5〜2mg(力価))を病巣皮内及び皮下に分注する。1回の総量は50mg(力価)を限度とし、10〜30日の間隔で行う。
    7.吸入:1バイアル(50mg)を注射用水10〜20mLで溶解し、1回2.5〜5mg/mLを1日2〜5回吸入する。1〜2カ月継続して行う。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.静注においては、副作用発現により投与困難な場合があるので、初回は試験的に1mg(力価)を5%ブドウ糖注射液20mLに溶解し20〜30分かけて投与し、30分毎に体温、脈拍、呼吸、血圧を2〜4時間観察することが望ましい。
    2.静注においては、1日総投与量は体重1kg当り1.5mg(力価)を超えない。
    3.静注においては、休薬後7日以上を経て投与を再開する場合には用法及び用量欄の記載に従い初回量より再開する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    副作用の概要:本剤は使用成績等の副作用発現頻度が明確になる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    1).心停止、心不全、不整脈(心室頻拍、心室細動、心房細動等):観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).急性肝不全:急性肝不全が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    3).腎障害:急性腎不全、高窒素血症、尿細管性アシドーシス、腎石灰沈着、腎性尿崩症等の腎障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、無尿、乏尿、BUN上昇、クレアチニン上昇、低張尿、多飲、多尿等が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    4).皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN):皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).アナフィラキシー:アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    6).無顆粒球症:無顆粒球症が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    7).肺水腫:肺水腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    8).低カリウム血症:重篤な低カリウム血症が現れることがあり、血清カリウム値異常変動に伴い心室頻拍等の不整脈、全身倦怠感、脱力感等が発現する恐れがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
    9).横紋筋融解症:低カリウム血症を伴う横紋筋融解症が現れることがあるので、筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    10).中枢神経障害:本剤の髄腔内注入で、髄膜炎、脳症、脊髄障害、対麻痺等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。
    2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行う。特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する。
    1).腎臓:(頻度不明)BUN上昇、クレアチニン上昇、低張尿[観察を十分に行い、定期的に尿一般検査、クレアチニンクリアランス試験、BUN試験等の検査を実施することが望ましく、症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する(総投与量が5gを超えると不可逆的な腎障害が現れることがあるので十分注意し、症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する)]。
    2).精神神経系:(頻度不明)頭痛、倦怠感[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    3).消化器:(頻度不明)食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、消化不良、痙攣性心窩部痛、出血性胃腸炎、下血[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    4).過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒、潮紅、アレルギー反応、斑点状丘疹性皮疹[投与を中止する]。
    5).血液:(頻度不明)凝固障害、貧血、血小板減少、白血球減少、顆粒球減少、好酸球増多、白血球増多[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    6).循環器:(頻度不明)血圧低下、血圧上昇[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    7).呼吸器:(頻度不明)呼吸困難、気管支痙攣、過敏性肺臓炎[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    8).肝臓:(頻度不明)肝機能異常、黄疸[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    9).神経系:(頻度不明)末梢神経障害、複視、霧視、聴力低下、難聴、耳鳴[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。
    10).その他:(頻度不明)低カリウム血症、高カリウム血症、低マグネシウム血症、発熱、悪寒、筋肉痛、関節痛、眩暈、痙攣、疼痛、体重減少、血栓性静脈炎、注射部疼痛[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    腎障害のある患者[本剤の投与により、更に腎機能が低下する恐れがあるので、一旦休薬するか、投与間隔をあけて投与する]。
    (重要な基本的注意)
    1.毒性が非常に強いため深在性の重篤な疾患にのみ適用する。
    2.腎障害(急性腎不全、尿細管性アシドーシス、腎石灰沈着、BUN上昇、クレアチニン上昇、低張尿等)が現れることがあるので、定期的に腎機能、血清電解質(特にカリウム、マグネシウム)の検査を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合は減量、休薬、血清電解質の補正等適切な処置を行う(特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する)。総投与量が5gを超えると不可逆的な腎障害が現れることがあるので十分に注意し、また、本剤投与前に補液及びナトリウム補給を行うことにより、腎毒性の発現を低下させることがある。
    3.本剤は毒性が強く、患者によって忍容性の変動が大きいため、定期的に腎機能、肝機能、血清電解質(特にカリウム、マグネシウム)、血球数等の検査を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量、休薬等適切な処置を行う。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:白血球輸注[白血球輸注中又は直後に本剤を投与した患者に、急性肺機能障害がみられたとの報告があるので、同時投与はできるだけ避けるか、肺機能をモニターすることが望ましい(機序は不明である)]。
    2.併用注意:
    1).シスプラチン、ペンタミジン、アミノグリコシド系抗生物質、シクロスポリン、ガンシクロビル、タクロリムス水和物、ホスカルネットナトリウム水和物[腎障害が発現・悪化する恐れがあるので、頻回に腎機能検査(クレアチニン、BUN等)を行うなど、患者の状態を十分に観察する(両薬剤とも腎毒性を持つ)]。
    2).副腎皮質ホルモン剤(ヒドロコルチゾン等)、ACTH[低カリウム血症を増悪させることがあるので、血清中の電解質及び心機能を観察する(副腎皮質ホルモンは血清カリウムを排泄する作用がある)]。
    3).三酸化ヒ素[血清電解質の異常を来し、併用薬剤によるQT延長が発現する恐れがあるので、血清中の電解質及び心機能を観察する(両薬剤とも血清電解質の異常を引き起こすことがある)]。
    4).強心配糖体(ジギトキシン、ジゴキシン等)[ジギタリスの毒性<不整脈等>を増強するので、血清電解質及び心機能を観察する(本剤による低カリウム血症により、多量のジギタリスが心筋Na・K−ATPaseに結合し、心筋収縮力増強と不整脈が起こる)]。
    5).抗不整脈剤[抗不整脈剤の催不整脈作用を増強する恐れがあるので、血清電解質及び心機能を観察する(本剤による低カリウム血症のため、抗不整脈剤の毒性が増強される)]。
    6).非脱分極性筋弛緩剤(塩化ツボクラリン、塩化パンクロニウム等)[クラーレ様薬剤の麻痺作用を増強し呼吸抑制が起こる恐れがある(本剤による低カリウム血症により、これらの薬剤の神経・筋遮断作用を増強させる作用がある)]。
    7).フルシトシン[フルシトシンの毒性<骨髄抑制作用>を増強させるとの報告がある(本剤によるフルシトシンの細胞内取り込み促進や腎排泄障害作用により、フルシトシンの毒性が増強される)]。
    8).利尿剤(フロセミド等)[腎障害を発現・悪化することがあるので、併用する場合は十分に塩類を補給し、腎毒性の軽減をはかることが望ましい(利尿剤によるナトリウム欠乏により、本剤による腎血流量の減少を助長する)]。
    9).頭部放射線療法[併用により白質脳症が現れたとの報告がある(頭部放射線照射により血液脳関門に変化が生じ、本剤の神経毒性が発症する)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行するかは不明である]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
    (過量投与)
    過量投与により、心停止、呼吸停止が起こることがあるので、過量投与の疑いがある場合には、投与を中止し、患者の状態(心肺機能・腎機能・肝機能、血液学的状態、血清電解質)を観察し、適切な処置を行う(なお、本剤は血液透析によって除去できない)。
    (適用上の注意)
    1.注射時の注意:血管痛、血栓又は静脈炎を起こすことがあるので、注射液調製、注射部位、注射方法等に十分注意し、その注射速度はできるだけ遅くする。なお、注射時、悪寒、戦慄が起こった場合には、更に注射速度を遅くする(注射部位の変更及び隔日投与で、血栓性静脈炎の発生頻度を低下させるとの報告がある)。
    2.調製時:溶解剤として、生理食塩液等の電解質溶液を使用しない、また、糖尿病患者でブドウ糖液が使用できない場合は、キシリトール輸液等の非電解質溶液の使用を考慮する(沈殿が生じる)。
    3.投与速度:本剤を1時間以内で静脈内投与すると高カリウム血症、不整脈を起こすとの報告があるので、特に腎機能低下している患者では、1時間以内の投与を避ける。
    4.投与器具:本剤はコロイド溶液であり、1.0ミクロンより小さい孔径のインラインフィルターを使用すると、目詰まりを起こすことがあるので使用しない。インラインフィルターを使用する場合は、本剤の通過を確実にするために、1.0ミクロン以上の孔径のものを使用する。
    (取扱い上の注意)
    溶解液(アムホテリシンB5mg/mL)は遮光し、冷蔵庫に保存し、なるべく早く使用する。
    (保管上の注意)
    遮光して冷所(1〜15℃)保存。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:94
    2. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:68
    3. 熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由 記者リポート FBシェア数:108
    4. 見逃してはならないクモ膜下出血 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:2
    5. 麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ フリーランス麻酔科医への影響は? 2019年から要件追加、2年の猶予 FBシェア数:189
    6. 東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:315
    7. 「月1回訪問+オンライン」で在宅医療を効率化 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《4》 FBシェア数:26
    8. 肝細胞癌治療にパワーのある2次治療薬が加わる 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
    9. 冠静脈デバイスは冠虚血治療のラストリゾートか 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:30
    10. 聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次… 学会トピック◎日本病院学会2018 FBシェア数:235
    医師と医学研究者におすすめの英文校正