日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ジョサマイシン錠50mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ジョサマイシン錠

製薬会社:アステラス製薬

薬価・規格: 1E+1円(50mg1錠) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

マクロライド系抗菌薬詳しく見る

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
マクロライド系抗菌薬の代表的な商品名
  • エリスロシン
  • クラリス クラリシッド
  • ジスロマック
  • ジョサマイ ジョサマイシン
  • アセチルスピラマイシン

効能・効果詳しく見る

  • 咽頭炎
  • 上顎洞炎
  • 外傷の二次感染
  • 顎炎
  • 化膿性唾液腺炎
  • 急性気管支炎
  • 喉頭炎
  • 歯冠周囲炎
  • 歯周組織炎
  • 手術創の二次感染
  • 猩紅熱
  • 中耳炎
  • 乳腺炎
  • 熱傷の二次感染
  • 肺炎
  • 麦粒腫
  • 副睾丸炎
  • 副鼻腔炎
  • 扁桃炎
  • 膀胱炎
  • 慢性膿皮症
  • リンパ管炎
  • リンパ節炎
  • 涙嚢炎
  • 感染性腸炎
  • 精巣上体炎
  • 深在性皮膚感染症
  • 表在性皮膚感染症
  • 慢性呼吸器病変の二次感染

注意すべき副作用詳しく見る

下痢悪心腹痛食欲不振アナフィラキシーショック偽膜性大腸炎嘔吐過敏症

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日量をジョサマイシンとして800〜1200mg(力価)とし、3〜4回に分割投与する
  • 小児の場合は1日量を体重1kg当り30mgとし3〜4回に分割投与する
    • また、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩投与中
    • エルゴタミン酒石酸塩含有製剤投与中

副作用

主な副作用

下痢悪心腹痛食欲不振

重大な副作用

アナフィラキシー嘔吐過敏症偽膜性大腸炎ショック発疹皮膚粘膜眼症候群腹痛腹部膨満感

上記以外の副作用

黄疸肝機能異常顔面浮腫血圧低下血便口内炎呼吸困難重篤な大腸炎蕁麻疹舌苔頻回の下痢

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩投与中
    • エルゴタミン酒石酸塩含有製剤投与中
  • 慎重投与
    • 過敏症
    • 肝障害

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
ブロモクリプチン 作用を増強させ嗜眠・眩暈・運動失調
酒石酸エルゴタミン 作用を増強させ四肢の虚血
ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩 作用を増強させ四肢の虚血
免疫抑制剤 作用を増強させ腎障害
シクロスポリン 作用を増強させ腎障害
トリアゾラム 作用を増強させ傾眠

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管炎・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、咽頭炎・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、精巣上体炎(副睾丸炎)、感染性腸炎、涙嚢炎、麦粒腫、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、猩紅熱。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日量をジョサマイシンとして800〜1200mg(力価)とし、3〜4回に分割投与する。小児の場合は1日量を体重1kg当り30mgとし3〜4回に分割投与する。
    また、年齢、症状により適宜増減する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時及び承認後の全調査症例10,779例中、本剤との関連が疑われる副作用発現症例数は605例(5.6%)であった。その主なものは、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔気等であった(1973年11月までの集計)。
    1.重大な副作用
    1).ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、呼吸困難、血圧低下等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2).皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)(頻度不明):皮膚粘膜眼症候群が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).偽膜性大腸炎(頻度不明):外国で偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れたとの報告があるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2).肝臓:(0.1%未満)肝機能異常、(頻度不明)黄疸。
    3).消化器:(0.1〜5%未満)食欲不振、悪心、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、下痢。
    4).その他:(0.1%未満)口内炎、舌苔、(頻度不明)顔面浮腫。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.エルゴタミン酒石酸塩含有製剤投与中又はジヒドロエルゴタミンメシル酸塩投与中の患者。
    (慎重投与)
    1.他のマクロライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.肝障害のある患者[血中濃度が上昇する恐れがある]。
    (相互作用)
    1.併用禁忌:エルゴタミン酒石酸塩を含有する製剤<クリアミン>、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩<ジヒデルゴット>[これらの薬剤の作用を増強させ四肢の虚血を起こす恐れがある(CYP3A4に対する阻害によりこれらの薬剤の代謝が阻害される)]。
    2.併用注意:
    1).免疫抑制剤(シクロスポリン等)[これらの薬剤の作用を増強させ腎障害等を起こすことがある(CYP3A4に対する阻害によりこれらの薬剤の代謝が阻害される)]。
    2).トリアゾラム[この薬剤の作用を増強させ傾眠等を起こすことがある(CYP3A4に対する阻害によりこれらの薬剤の代謝が阻害される)]。
    3).ブロモクリプチンメシル酸塩[この薬剤の作用を増強させ嗜眠・眩暈・運動失調等を起こすことがある(CYP3A4に対する阻害によりこれらの薬剤の代謝が阻害される)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では、用量並びに投与間隔に留意するなど慎重に投与する[一般に高齢者では生理機能が低下している]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳婦:本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行する]。
    (適用上の注意)
    薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
    2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
    3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
    4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
    5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
    6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
    7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
    8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
    9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
    10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
    医師と医学研究者におすすめの英文校正