日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

エリスロシン点滴静注用500mg基本情報

基本情報

薬効分類

マクロライド系抗菌薬詳しく見る

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
マクロライド系抗菌薬の代表的な商品名
  • エリスロシン
  • クラリス クラリシッド
  • ジスロマック
  • ジョサマイ ジョサマイシン
  • アセチルスピラマイシン

効能・効果詳しく見る

  • 外傷の二次感染
  • ジフテリア
  • 手術創の二次感染
  • 熱傷の二次感染
  • 肺炎

注意すべき副作用詳しく見る

アナフィラキシー偽膜性大腸炎急性腎不全肝機能障害黄疸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • エリスロマイシンとして1日600〜1500mg(力価)を2〜3回に分けて1回2時間以上かけて点滴静注する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • ピモジド投与中
    • エルゴタミン含有製剤投与中
    • アスナプレビル投与中

副作用

重大な副作用

アナフィラキシー黄疸肝機能障害偽膜性大腸炎急性腎不全急性間質性腎炎血便下痢重篤な大腸炎ショック心室細動心室頻拍難聴皮膚粘膜眼症候群中毒性表皮壊死融解症

上記以外の副作用

悪心胃痛嘔吐過敏症胸内苦悶血圧低下呼吸困難食欲不振視力低下蕁麻疹膵炎発疹頻回の下痢腹痛霧視

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • ピモジド投与中
    • エルゴタミン含有製剤投与中
    • アスナプレビル投与中
  • 慎重投与
    • 肝機能障害
    • 心疾患

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 新生児(低出生体重児を含む)
    • 乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 乳児(0日〜364日)
    • 新生児(0日〜27日)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
アスナプレビル 血中濃度が上昇し肝臓に関連した副作用が発現・重症化
ジソピラミド 血中濃度上昇
キニジン硫酸塩水和物 血中濃度上昇
ワルファリンカリウム 血中濃度上昇に伴う出血傾向・プロトロンビン時間延長
塩酸イリノテカン 活性代謝物の血中濃度上昇に伴う骨髄機能抑制・下痢等の副作用を増強
フェロジピン 血中濃度上昇に伴う降圧作用の増強
ベラパミル 乳酸アシドーシス
ミダゾラム 血中濃度上昇に伴う鎮静作用の増強
トリアゾラム 血中濃度上昇に伴う鎮静作用の増強
アトルバスタチンカルシウム水和物 脱力感
シンバスタチン 脱力感
ピタバスタチンカルシウム 血中濃度を上昇
パクリタキセル 血中濃度を上昇
シロスタゾール 血中濃度を上昇
シルデナフィル 血中濃度を上昇
塩酸バルデナフィル 血中濃度を上昇
タダラフィル 血中濃度を上昇
ドセタキセル水和物 血中濃度を上昇
セレギリン塩酸塩 血中濃度を上昇
ブロモクリプチン 血中濃度を上昇
副腎皮質ホルモン剤 消失半減期が延長
メチルプレドニゾロン 消失半減期が延長
エドキサバントシル酸塩水和物 血中濃度を上昇させ出血のリスクを増大
P糖蛋白の基質となる薬剤 排出が阻害され血中濃度が上昇
ピモジド 類薬クラリスロマイシンとの併用によりピモジドの血中濃度が上昇
テオフィリン 血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣
アミノフィリン製剤 血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣
シクロスポリン 血中濃度上昇に伴う腎障害
タクロリムス水和物 血中濃度上昇に伴う腎障害
コルヒチン 血中濃度上昇に伴う下痢・腹痛・発熱・筋肉痛・汎血球減少・呼吸困難
ブロナンセリン 血中濃度が上昇し作用が増強
臭化水素酸エレトリプタン 血中濃度が上昇し作用が増強
ジゴキシン<服用> 作用増強による嘔気・嘔吐・不整脈等の中毒症状
シメチジン 本剤の血中濃度上昇に伴う難聴
リトナビル 本剤のAUCが上昇
エルゴタミンを含有する製剤 血中濃度が上昇し四肢の虚血・血管攣縮
ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩含有製剤 血中濃度が上昇し四肢の虚血・血管攣縮
酒石酸エルゴタミン 血中濃度が上昇し四肢の虚血・血管攣縮
エプレレノン 血中濃度が上昇し作用が増強
ザフィルルカスト 血中濃度が低下
CYP3A酵素で代謝を受ける薬剤 代謝を阻害し血中濃度を上昇
バルプロ酸 血中濃度上昇に伴う傾眠・運動失調
カルバマゼピン 血中濃度上昇に伴う眩暈・運動失調
硫酸ビンブラスチン 血中濃度上昇に伴う好中球減少・筋肉痛
エベロリムス 血中濃度が上昇し作用が増強
エバスチン 代謝物カレバスチンの血中濃度が上昇
サキナビルメシル酸塩 血中濃度が上昇し作用が増強

処方理由

マクロライド系この薬をファーストチョイスする理由(2017年1月更新)もっと見る

  • ・発売されてからもうずいぶん経っており、使い勝手が分かりきっているから。ただし、新しいマクロライド系抗菌薬と比べて切れがやや悪い印象がある。(50歳代診療所勤務医、総合診療科)
  • ・長期投与時の副作用が少ないと感じる。消化管の蠕動運動の改善もみられる。(50歳代病院勤務医、小児科)
  • ・最もよく処方しているものの、肝機能障害の副作用が出た例がありました。(60歳代病院勤務医、一般内科)
  • ・慢性気管支炎の方に少量長期処方をしています。(60歳代病院勤務医、一般内科)

マクロライド系抗菌薬この薬をファーストチョイスする理由(2015年6月更新)もっと見る

  • ・昔からある薬で、使い慣れているから。(50代病院勤務医、循環器内科)
  • ・安価で無難な薬として使用しています。(70歳以上開業医、一般内科)
  • ・エコリシン眼軟膏を使い慣れているから、つい処方してしまう。(40代病院勤務医、眼科)
  • ・同種同効薬と比較した場合、副作用が少なく、使い慣れているし、薬価もリーズナブルなところがエリスロシンの長所。(50代病院勤務医、総合診療科)
  • ・咽頭痛の強さ、咳の程度、痰の量、症状の経過日数などからウイルス性の軽度な感冒でないと思われた場合、百日咳も視野に入れる場合などに、まずはエリスロシンを使います。(50代病院勤務医、一般内科)
  • ・びまん性汎細気管支炎(DPB)など慢性気道疾患があり感染を繰り返す例に、少量エリスロマイシン療法をしています。DPBが確定的でなくても、寝たきり患者で感染を来しづらくなった患者を多く経験しています。ごくたまに肝機能障害のリスクがあります。(50代病院勤務医、一般内科)
  • ・抗炎症効果を狙っての少量マクロライド療法で、エリスロマイシンを使うことが多い。非結核性抗酸菌症(NTM)であっても、その後の抗菌薬の選択(クラリスロマイシンに対する耐性化)に影響が少ないため。(30代病院勤務医、呼吸器内科)

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、ジフテリア。

    用法・用量(添付文書全文)

    エリスロマイシンとして1日600〜1500mg(力価)を2〜3回に分けて1回2時間以上かけて点滴静注する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.経口投与が困難な場合、あるいは、緊急を要する場合に本剤を使用する。
    2.本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。
    3.急速な静注によって心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)が発現したとの報告があるので、患者の状態に十分注意しながら、必ず1回2時間以上かけて点滴静注する。
    [注射液調製法]
    1).注射液は注射用水で5%溶液をつくり、これをブドウ糖注射液、生理食塩液等で希釈して点滴静注溶液とする。5%溶液を調製するには、本剤1バイアル500mg(力価)に注射用水10mLを加える。
    2).5%溶液調製の際には、生理食塩液あるいは無機塩類を含有する溶液を使用しない。5%溶液を更に希釈する際には、注射用水を使用しない(低張になる)。
    3).5%溶液は冷蔵庫内で2週間安定である。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用
    1).偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(頻度不明):偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎が現れることがあるので、腹痛、頻回の下痢が現れた場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2).心室頻拍、心室細動、QT延長(頻度不明):心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)、心室細動、QT延長が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    3).ショック、アナフィラキシー(頻度不明):ショック、アナフィラキシーが現れることがあるので、呼吸困難、胸内苦悶、血圧低下等が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4).中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens−Johnson症候群)(頻度不明):中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    5).急性腎不全(急性間質性腎炎)(頻度不明):急性腎不全(急性間質性腎炎)が現れることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    6).肝機能障害、黄疸(頻度不明):AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇等を伴う肝機能障害や黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、蕁麻疹[これらの症状が現れた場合には、投与を中止する]。
    2).消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、胃痛、下痢、膵炎。
    3).聴覚:難聴[大量投与により、可逆性の難聴が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、休薬等の適切な処置を行う]。
    4).眼:視力低下、霧視。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.エルゴタミン含有製剤投与中、ピモジド投与中、アスナプレビル投与中の患者。
    (慎重投与)
    1.肝機能障害のある患者[血中濃度が上昇する恐れがある]。
    2.心疾患のある患者[QT延長、心室頻拍(Torsades de Pointesを含む)を起こすことがある]。
    (重要な基本的注意)
    本剤によるショック、アナフィラキシー様症状の発生を確実に予知できる方法がないので、次の措置をとる。
    1.事前に既往歴等について十分な問診を行う(なお、抗生物質等によるアレルギー歴は必ず確認する)。
    2.投与に際しては、必ずショック等に対する救急処置のとれる準備をしておく。
    3.投与開始から投与終了後まで、患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行い、特に、投与開始直後は注意深く観察する。
    (相互作用)
    本剤は薬物代謝酵素CYP3Aで代謝され、また、CYP3Aと結合し、複合体を形成し、これにより、CYP3Aを阻害することから、CYP3Aで代謝される薬剤と併用したとき、併用薬剤の代謝を阻害し血中濃度を上昇させる可能性がある。また、本剤はP−糖蛋白阻害作用を有することから、P−糖蛋白質を介して排出される薬剤と併用したとき、併用薬剤の排出が阻害され血中濃度が上昇する可能性がある。
    1.併用禁忌:
    1).エルゴタミン含有製剤(エルゴタミン酒石酸塩含有製剤、ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩含有製剤)<クリアミン、ジヒデルゴット等>[これらの薬剤の血中濃度が上昇し四肢の虚血・血管攣縮等が報告されている(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    2).ピモジド<オーラップ>[類薬クラリスロマイシンとの併用によりピモジドの血中濃度が上昇し、QT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>等が報告されている(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    3).アスナプレビル<スンベプラ>[アスナプレビルの血中濃度が上昇し肝臓に関連した副作用が発現・重症化する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    2.併用注意:
    1).ジソピラミド、キニジン硫酸塩水和物[血中濃度上昇に伴うQT延長、心室性不整脈<Torsades de Pointesを含む>等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    2).テオフィリン、アミノフィリン水和物[テオフィリンの血中濃度上昇に伴う悪心・嘔吐・不整脈・痙攣等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    3).シクロスポリン、タクロリムス水和物[血中濃度上昇に伴う腎障害等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    4).ワルファリンカリウム[血中濃度上昇に伴う出血傾向・プロトロンビン時間延長等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    5).イリノテカン塩酸塩水和物[活性代謝物の血中濃度上昇に伴う骨髄機能抑制・下痢等の副作用を増強する恐れがあるため、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    6).ビンブラスチン硫酸塩[血中濃度上昇に伴う好中球減少・筋肉痛等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    7).バルプロ酸ナトリウム[血中濃度上昇に伴う傾眠・運動失調等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    8).フェロジピン[血中濃度上昇に伴う降圧作用の増強が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    9).ベラパミル塩酸塩[血圧低下、徐脈性不整脈、乳酸アシドーシス等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    10).ミダゾラム、トリアゾラム[血中濃度上昇に伴う鎮静作用の増強が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    11).カルバマゼピン[血中濃度上昇に伴う眩暈・運動失調等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    12).コルヒチン[血中濃度上昇に伴う下痢・腹痛・発熱・筋肉痛・汎血球減少・呼吸困難等が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    13).シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物[これらの薬剤の血中濃度を上昇させることがあり、また、シンバスタチン、アトルバスタチンカルシウム水和物との併用により、筋肉痛、脱力感、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れたとの報告がある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    14).ピタバスタチンカルシウム[これらの薬剤の血中濃度を上昇させることがある(本剤がピタバスタチンの肝臓への取り込みを阻害するためと考えられる)]。
    15).ブロモクリプチンメシル酸塩、ドセタキセル水和物、パクリタキセル、セレギリン塩酸塩、シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル、シロスタゾール[これらの薬剤の血中濃度を上昇させることがあるので、減量するなど慎重に投与する(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    16).ブロナンセリン[ブロナンセリンの血中濃度が上昇し作用が増強する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    17).エプレレノン[エプレレノンの血中濃度が上昇し作用が増強する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    18).エレトリプタン臭化水素酸塩[エレトリプタンの血中濃度が上昇し作用が増強する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    19).エベロリムス[エベロリムスの血中濃度が上昇し作用が増強する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    20).サキナビルメシル酸塩[サキナビルの血中濃度が上昇し作用が増強する恐れがある(本剤はCYP3Aと結合し、複合体を形成するため、これらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    21).副腎皮質ホルモン剤(メチルプレドニゾロン等)[これらの薬剤の消失半減期が延長するとの報告があるので、減量するなど慎重に投与する(本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    22).エバスチン[エバスチンの代謝物カレバスチンの血中濃度が上昇するとの報告がある(本剤はこれらの薬剤の代謝を抑制することがある)]。
    23).エドキサバントシル酸塩水和物[エドキサバンの血中濃度を上昇させ出血のリスクを増大させる恐れがあるので、併用する場合、エドキサバントシル酸塩水和物の用量は、エドキサバントシル酸塩水和物の添付文書を参照する(本剤がP−糖蛋白質を阻害するためと考えられる)]。
    24).ジゴキシン<経口>[ジゴキシンの作用増強による嘔気・嘔吐・不整脈等の中毒症状が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(本剤の腸内細菌叢への影響により、ジゴキシンの代謝が抑制される)]。
    25).ザフィルルカスト[ザフィルルカストの血中濃度が低下するとの報告がある(機序は不明である)]。
    26).シメチジン[本剤の血中濃度上昇に伴う難聴が報告されているので、減量するなど慎重に投与する(これらの薬剤のCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が抑制されると考えられる)]。
    27).リトナビル[本剤のAUCが上昇することが予想される(これらの薬剤のCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が抑制されると考えられる)]。
    (高齢者への投与)
    用量に留意するなど慎重に投与する[一般に高齢者では生理機能が低下している]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    新生児、乳児で、肥厚性幽門狭窄が現れたとの報告があるので、嘔吐等の症状に注意する。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:点滴静注にのみ使用する。
    2.投与速度:必ず1回2時間以上かけて点滴静注する。
    3.投与時:血管痛、血栓、静脈炎を起こすことがあるので、注意する。
    (その他の注意)
    外国で重症筋無力症悪化したとの報告がある。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1