日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

オースギ荊芥連翹湯エキスG基本情報

一般名:荊芥連翹湯エキス顆粒

製薬会社:大杉製薬

薬価・規格: 8.7円(1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 慢性鼻炎
  • にきび
  • 蓄膿症
  • 慢性扁桃炎

注意すべき副作用詳しく見る

ミオパシー低カリウム血症偽アルドステロン症肝機能障害黄疸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1日12.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する
    • なお、年齢、体重、症状により適宜増減する

副作用

重大な副作用

黄疸肝機能障害偽アルドステロン症低カリウム血症ミオパシー

上記以外の副作用

悪心胃部不快感嘔吐過敏症間質性肺炎血圧上昇下痢呼吸困難四肢痙攣四肢麻痺食欲不振咳嗽そう痒体液貯留体重増加脱力感ナトリウム貯留発疹発熱浮腫肺音異常

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 悪心
    • 嘔吐
    • 食欲不振
    • 著しく胃腸虚弱

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
カンゾウ含有製剤 低カリウム血症
グリチルリチン製剤 低カリウム血症

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび。

    用法・用量(添付文書全文)

    1日12.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。
    1.重大な副作用
    1).間質性肺炎:発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常等が現れた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。
    2).偽アルドステロン症:低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム貯留・体液貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症が現れることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行う。
    3).ミオパシー:低カリウム血症の結果としてミオパシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・四肢麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行う。
    4).肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).過敏症:発疹、そう痒等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2).消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢等。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.著しく胃腸虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢等が現れることがある]。
    2.食欲不振、悪心、嘔吐のある患者[これらの症状が悪化する恐れがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与する。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避ける。
    2.本剤にはカンゾウが含まれているので、血清カリウム値や血圧値等に十分留意し、異常が認められた場合には投与を中止する。
    3.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する。
    (相互作用)
    併用注意:カンゾウ含有製剤、グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤[偽アルドステロン症が現れやすくなり、また、低カリウム血症の結果として、ミオパシーが現れやすくなる(グリチルリチン酸は尿細管でのカリウム排泄促進作用があるため、血清カリウム値の低下が促進されることが考えられる)]。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない]。
    (取扱い上の注意)
    1.直射日光を避け、湿気の少ない涼しい所に保管する。
    2.本剤は天然の生薬を原料としているので、色や味等に多少の差異を生じることがあるが、効果に変わりない。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:319
    2. インフルエンザ治癒証明に意義なし REPORT FBシェア数:983
    3. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:6
    4. 最悪の事態は油断とともにやってくる 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
    5. 時代とともに失われたナースのスキル 病院珍百景 FBシェア数:23
    6. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:70
    7. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:225
    8. 血糖管理はHbA1cを見るだけでは不十分 リポート◎糖尿病の新管理指標「血糖トレンド」に注目集まる FBシェア数:855
    9. 「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 クリニック事件簿 FBシェア数:287
    10. 放射線アブレーションによる心室頻拍治療 NEJM誌から FBシェア数:61
    医師と医学研究者におすすめの英文校正