日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ブロニカ顆粒10%基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:セラトロダスト顆粒

製薬会社:武田テバ薬品

薬価・規格: 343円(10%1g) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗トロンボキサンA2薬(抗アレルギー薬)詳しく見る

  • 体内のアレルギー反応を抑え、アレルギー性鼻炎や喘息などの症状を改善する薬
抗トロンボキサンA2薬(抗アレルギー薬)の代表的な商品名
  • バイナス
  • ブロニカ
  • ベガ ドメナン

効能・効果詳しく見る

  • 気管支喘息

注意すべき副作用詳しく見る

下痢悪心胃部不快感過敏症黄疸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • セラトロダストとして80mgを1日1回、夕食後に経口投与する

副作用

重大な副作用

悪心胃部不快感黄疸過敏症下痢眩暈倦怠感口渇好酸球増多重篤な肝機能障害食欲不振頭痛そう痒動悸眠気発疹貧血腹痛ふらつき便秘味覚異常

上記以外の副作用

Al−P上昇GOT上昇GPT上昇γ−GTP上昇LDH上昇嘔吐劇症肝炎血小板減少しびれ出血傾向振戦ALT上昇AST上昇皮下出血鼻出血浮腫不眠ほてり

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 肝障害
  • 注意
    • 長期ステロイド療法

患者の属性に応じた注意事項

  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 高齢者(65歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
セフェム系抗生物質製剤 溶血性貧血
溶血性貧血が報告されている薬剤 溶血性貧血
フェナセチン 溶血性貧血
アスピリン 本剤の非結合型濃度が26%上昇

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    気管支喘息。

    用法・用量(添付文書全文)

    セラトロダストとして80mgを1日1回、夕食後に経口投与する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    高齢者には低用量(40mg/日)から投与を開始するなど注意する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時までの調査では824例中97例(11.8%)に、製造販売後の使用成績調査(再審査終了時点)では3,267例中210例(6.4%)に臨床検査値の異常を含む副作用が認められている。
    次の副作用は前記の調査あるいは自発報告等で認められたものである。
    1.重大な副作用
    黄疸、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等を伴う重篤な肝機能障害(0.2%)が現れることがあり、また、劇症肝炎(0.1%未満)が報告されているので、定期的(1カ月に1回)に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).過敏症:(0.1〜5%未満)発疹、そう痒[このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
    2).肝臓:(0.1〜5%未満)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇[定期的(1カ月に1回)に肝機能検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
    3).消化器:(0.1〜5%未満)悪心、食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘、口渇、味覚異常、(0.1%未満)嘔吐。
    4).血液:(0.1〜5%未満)貧血、好酸球増多、(0.1%未満)血小板減少、鼻出血、皮下出血等の出血傾向。
    5).精神神経系:(0.1〜5%未満)眠気、頭痛、眩暈、ふらつき、(0.1%未満)不眠、振戦、しびれ。
    6).その他:(0.1〜5%未満)動悸、倦怠感、(0.1%未満)ほてり、浮腫。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (慎重投与)
    1.高齢者。
    2.肝障害がある患者[本剤は黄疸、肝機能異常を起こすことがあり、また、まれに劇症肝炎が報告されている]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤は気管支拡張剤、ステロイド剤等と異なり、すでに起こっている発作や症状を速やかに軽減する薬剤ではないので、このことは患者に十分説明しておく。
    2.本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続ける。
    3.気管支喘息患者に本剤を投与中、大発作をみた場合は、気管支拡張剤あるいはステロイド剤を投与する。
    4.長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイドの減量をはかる場合は、十分な管理下で徐々に行う。
    5.本剤の使用によりステロイド維持量を減量し得た患者で、本剤の投与を中止する場合は、原疾患悪化の恐れがあるので注意する。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.溶血性貧血が報告されている薬剤(フェナセチン等の解熱消炎鎮痛剤、セフェム系抗生物質製剤等)[ラット、イヌ及びサルの亜急性、慢性毒性試験において、高用量(ラットでは100mg/kg/日以上、イヌ及びサルでは300mg/kg/日)で溶血性貧血がみられており、溶血性貧血を起こす薬剤と併用すると溶血性貧血の危険性が高まる可能性があるので、併用する場合には観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う]。
    2.アスピリン[ヒト血清蛋白結合に対する相互作用の検討(in vitro)において、アスピリンの添加により本剤の非結合型濃度が26%上昇することがある]。
    (高齢者への投与)
    高齢者には低用量(40mg/日)から投与を開始するなど患者の状態を観察しながら慎重に投与する[高齢者での薬物動態試験で血中濃度半減期が長くなり血中濃度時間曲線下面積が大きくなる傾向が認められる]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[ラットの器官形成期投与試験において、母動物の貧血により二次的に誘発されると考えられる胎仔心室中隔欠損が対照に比較して有意に多く認められている(経口、300mg/kg/日)]。
    2.授乳中の婦人に投与する場合には授乳を避けさせる[動物試験(ラット)で母乳中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。
    (取扱い上の注意)
    使用期限内であっても開封後はなるべく速やかに使用する。
    (保管上の注意)
    開封後も遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
    2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
    3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
    4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
    5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
    6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
    7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
    8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
    9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
    10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79