基本情報

薬効分類

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)詳しく見る

  • 抗ヒスタミン作用によりアレルギー反応を抑え蕁麻疹、花粉症、喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬
抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)の代表的な商品名
  • アレジオン
  • アレグラ
  • アレロック
  • レスタミン
  • ポララミン
  • クラリチン
  • デザレックス
  • ビラノア

効能・効果詳しく見る

  • アレルギー性鼻炎
  • 気管支喘息
  • 湿疹・皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚そう痒症

注意すべき副作用詳しく見る

痙攣肝機能障害興奮黄疸

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 小児には1日量0.3mL/kg(ケトチフェンとして0.06mg/kg)を2回、朝食後及び就寝前に分けて経口投与する
    • なお、年齢・症状により適宜増減する
  • 年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分けて経口投与する
  • 6カ月以上3歳未満:4mL(ケトチフェンとして0.8mg)
  • 3歳以上7歳未満:6mL(ケトチフェンとして1.2mg)
  • 7歳以上:10mL(ケトチフェンとして2.0mg)
    • 但し、1歳未満の乳児に使用する場合には体重、症状などを考慮して適宜投与量を決める

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症
    • てんかん
  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 授乳婦

副作用

重大な副作用

黄疸肝機能障害痙攣興奮

上記以外の副作用

悪心易刺激性胃部不快感嘔吐過敏症月経異常血尿下痢眩暈倦怠感口渇口内炎残尿感しびれ感食欲不振神経過敏蕁麻疹頭痛体重増加多形紅斑鎮静動悸眠気排尿痛発疹鼻出血頻尿腹痛浮腫不眠ふらつき便秘膀胱炎様症状ほてり味覚異常一過性意識消失

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
    • てんかん
  • 慎重投与
    • てんかんを除く痙攣性疾患
  • 注意
    • 長期ステロイド療法

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 授乳婦
  • 相対禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 乳児
    • 幼児・乳児
  • 注意
    • 乳児
    • 幼児・乳児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
  • 注意
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
中枢抑制剤 眠気
催眠・鎮静剤 眠気
催眠・鎮静剤 眠気
抗ヒスタミン剤 眠気
エタノール摂取 眠気

飲食物との相互作用

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.気管支喘息。
    2.アレルギー性鼻炎。
    3.蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症。

    用法・用量(添付文書全文)

    小児には1日量0.3mL/kg(ケトチフェンとして0.06mg/kg)を2回、朝食後及び就寝前に分けて経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
    年齢別の標準投与量は、次記の用量を1日量とし、1日2回、朝食後及び就寝前に分けて経口投与する。
    6カ月以上3歳未満:4mL(ケトチフェンとして0.8mg)。
    3歳以上7歳未満:6mL(ケトチフェンとして1.2mg)。
    7歳以上:10mL(ケトチフェンとして2.0mg)。
    但し、1歳未満の乳児に使用する場合には体重、症状などを考慮して適宜投与量を決める。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
    1.重大な副作用(頻度不明)
    1).痙攣、興奮:痙攣、興奮が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う(乳児、幼児では特に注意する)。
    2).肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    2.その他の副作用(頻度不明)
    1).泌尿器:頻尿、排尿痛、血尿、残尿感等の膀胱炎様症状[このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
    2).過敏症:発疹、蕁麻疹、浮腫、多形紅斑[このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う]。
    3).精神神経系:眠気、眩暈、ふらつき、倦怠感、口渇、*一過性意識消失[*:このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う]、頭痛、味覚異常、しびれ感、易刺激性、不眠、神経過敏、鎮静。
    4).消化器:悪心、下痢、嘔吐、便秘、腹痛、胃部不快感、食欲不振、口内炎。
    5).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇。
    6).その他:体重増加、ほてり、鼻出血、動悸、月経異常。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (禁忌)
    1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    2.てんかん又はその既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させることがある]。
    (慎重投与)
    てんかんを除く痙攣性疾患、又はこれらの既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させることがある]。
    (重要な基本的注意)
    1.気管支喘息に用いる場合、本剤はすでに起こっている発作を速やかに軽減する薬剤ではないので、このことを患者に十分説明しておく必要がある。
    2.長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイドの減量をはかる場合は十分な管理下で徐々に行う。
    3.眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意する。
    (相互作用)
    併用注意:
    1.中枢神経抑制剤(鎮静剤、催眠剤等)、抗ヒスタミン剤[眠気、精神運動機能低下等を起こすことがある(いずれも中枢神経抑制作用を有するため)]。
    2.アルコール[眠気、精神運動機能低下等を起こすことがあるので、アルコール性飲料の摂取を制限する(いずれも中枢神経抑制作用を有するため)]。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。
    2.授乳中の婦人には投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。
    (小児等への投与)
    乳児、幼児に投与する場合には、観察を十分に行い慎重に投与する[痙攣、興奮等の中枢神経症状が現れることがある]。
    (臨床検査結果に及ぼす影響)
    本剤は、アレルゲン皮内反応を抑制するため、アレルゲン皮内反応検査を実施する3〜5日前より本剤の投与を中止することが望ましい。
    (過量投与)
    1.過量投与時の徴候・症状:傾眠、見当識障害、チアノーゼ、呼吸困難、発熱、錯乱、痙攣、頻脈、徐脈、低血圧、眼振、可逆性昏睡等。特に過量投与時小児では、興奮性亢進、痙攣。
    2.過量投与時の処置:一般的な薬物除去法(催吐、胃洗浄、活性炭投与等)により、本剤を除去し、また必要に応じて対症療法を行う。
    (取扱い上の注意)
    1.他剤との配合は、できるだけ避けることが望ましい。
    2.安定性試験結果の概要:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、ケトチフェンシロップ0.02%「タイヨー」は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
    2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
    3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
    4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
    5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
    6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
    7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
    8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
    9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
    10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1