日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

キドニーシンチTc−99m注基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ジメルカプトコハク酸テクネチウム(99mTc)注射液

製薬会社:日本メジフィジックス

薬価・規格: 660円(10MBq) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

効能・効果詳しく見る

  • 腎疾患の診断

注意すべき副作用詳しく見る

過敏症発疹そう痒感血圧低下気分不良

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • テクネチウム−99mとして37〜185MBqを肘静脈に注射し、1時間以上の経過を待って、被検部をガンマカメラ又はスキャンナで撮影することにより、腎シンチグラムをとる
    • なお、年齢、体重により適宜増減する

禁忌・原則禁忌

  • 患者の属性に応じた注意事項
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦

副作用

主な副作用

過敏症発疹そう痒感血圧低下気分不良

注意事項

患者の属性に応じた注意事項

  • 原則禁止
    • 妊婦・産婦
    • 授乳婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    腎シンチグラムによる腎疾患の診断。

    用法・用量(添付文書全文)

    テクネチウム−99mとして37〜185MBqを肘静脈に注射し、1時間以上の経過を待って、被検部をガンマカメラ又はスキャンナで撮影することにより、腎シンチグラムをとる。なお、年齢、体重により適宜増減する。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    承認時までの臨床試験及び市販後の副作用頻度調査(全10,538例)において副作用が認められた例はなかった。
    その他の副作用(頻度不明)
    1.過敏症:発疹、そう痒感。
    2.循環器:血圧低下。
    3.その他:気分不良。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (重要な基本的注意)
    診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最少限度にとどめる。
    (高齢者への投与)
    一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には、原則として投与しないことが望ましいが、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与する。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立していない(現在までのところ、十分な臨床成績が得られていない)。
    (その他の注意)
    1.(社)日本アイソトープ協会医学・薬学部会放射性医薬品安全性専門委員会の「放射性医薬品副作用事例調査報告」において、まれに血管迷走神経反応(気分不良、血圧低下など)、アレルギー反応(発赤、そう痒感など)が現れることがあると報告されている。
    2.本剤は、医療法その他の放射線防護に関する法令、関連する告示及び通知等を遵守し、適正に使用する。
    (保管上の注意)
    遮光。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
    2. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:67
    3. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:32
    4. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:51
    5. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
    6. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
    7. 抗RSV抗体の投与回数制限で救えない命がある 倉敷中央病院総合周産期母子医療センター主任部長の渡部晋一氏に聞く FBシェア数:35
    8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:74
    9. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:239
    10. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:48
    医師と医学研究者におすすめの英文校正