日経メディカル処方薬事典データ協力:株式会社メドレー

ドキシル注20mg基本情報

先発品(後発品なし)

一般名:ドキソルビシン塩酸塩注射液

製薬会社:ヤンセンファーマ

薬価・規格: 99301円(20mg10mL1瓶) 薬価を比較する

添付文書(PDF)

基本情報

薬効分類

抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系)詳しく見る

  • 細胞の増殖に必要なDNAやRNAの合成を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす薬
抗がん性抗生物質(アントラサイクリン系)の代表的な商品名
  • アドリアシン
  • ドキシル
  • ファルモルビシン
  • カルセド

効能・効果詳しく見る

  • エイズ関連カポジ肉腫
  • がん化学療法後に増悪した卵巣癌

注意すべき副作用詳しく見る

口内炎感染出血悪心貧血発熱発疹紅斑頭痛ヘモグロビン減少モニリア症下痢体重減少咽頭炎嘔吐好中球数減少手足症候群浮腫疼痛白血球数減少脱毛症血小板数減少赤血球数減少食欲不振インフルエンザリンパ球数減少低色素性貧血便秘口腔モニリア症咳嗽消化不良無力症疲労胸痛腫脹血中アルブミン減少血栓症間質性肺疾患骨髄抑制クレアチニン増加ニューロパチー上腹部痛不安不眠症低体温低血圧倦怠感動悸単球数増加単球数減少味覚異常咽喉頭疼痛嚥下障害尿中蛋白陽性帯状疱疹悪寒手掌皮疹手足の皮膚落屑末梢性感覚ニューロパチー歯肉炎毛包炎浮動性眩暈深部静脈血栓症点状出血片頭痛痔核白血球数増加皮膚そう痒皮膚色素沈着障害眼障害筋痛糖尿結膜炎総蛋白減少耳鳴肝炎背部痛脚ブロック腹痛膀胱炎蛋白尿血中クレアチニン増加血中クレアチニン減少血中ビリルビン増加血中ビリルビン減少血中尿素増加血中尿素減少血小板数増加足底皮疹関節痛頻脈高カリウム血症高ビリルビン血症高血圧黄疸鼻咽頭炎アフタ性口内炎アレルギー反応胃不快感胃炎胃腸出血

用法・用量(主なもの)詳しく見る

  • 1.がん化学療法後に増悪した卵巣癌:ドキソルビシン塩酸塩として1日1回50mg/屬1mg/分の速度で静脈内投与し、その後4週間休薬する
  • これを1コースとして投与を繰り返す
    • なお、患者の状態により適宜減量する
  • 2.エイズ関連カポジ肉腫:ドキソルビシン塩酸塩として1日1回20mg/屬1mg/分の速度で静脈内投与し、その後2〜3週間休薬する
  • これを1コースとして投与を繰り返す
    • なお、患者の状態により適宜減量する

禁忌・原則禁忌

  • 病気や症状に応じた注意事項
    • 過敏症

副作用

主な副作用

口内炎感染出血悪心貧血発熱発疹紅斑頭痛ヘモグロビン減少モニリア症下痢体重減少咽頭炎嘔吐好中球数減少手足症候群浮腫疼痛白血球数減少脱毛症血小板数減少赤血球数減少食欲不振インフルエンザリンパ球数減少低色素性貧血便秘口腔モニリア症咳嗽消化不良無力症疲労胸痛腫脹血中アルブミン減少血栓症間質性肺疾患骨髄抑制クレアチニン増加ニューロパチー上腹部痛不安不眠症低体温低血圧倦怠感動悸単球数増加単球数減少味覚異常咽喉頭疼痛嚥下障害尿中蛋白陽性帯状疱疹悪寒手掌皮疹手足の皮膚落屑末梢性感覚ニューロパチー歯肉炎毛包炎浮動性眩暈深部静脈血栓症点状出血片頭痛痔核白血球数増加皮膚そう痒皮膚色素沈着障害眼障害筋痛糖尿結膜炎総蛋白減少耳鳴肝炎背部痛脚ブロック腹痛膀胱炎蛋白尿血中クレアチニン増加血中クレアチニン減少血中ビリルビン増加血中ビリルビン減少血中尿素増加血中尿素減少血小板数増加足底皮疹関節痛頻脈高カリウム血症高ビリルビン血症高血圧黄疸鼻咽頭炎

重大な副作用

アフタ性口内炎アレルギー反応胃炎胃腸出血胃不快感咽喉頭炎咽頭不快感悪寒外耳炎潰瘍性口内炎角膜炎喀血過敏症肝機能障害眼脂乾癬眼痛感染症皮膚変色肝不全顔面浮腫気管支炎気胸胸水胸痛胸部不快感筋緊張亢進筋緊張低下筋炎起立性低血圧傾眠痙攣血圧上昇血小板減少症血栓性静脈炎結節性紅斑血尿ケトーシス高カルシウム血症口腔内潰瘍高血糖高脂血症口唇炎高尿酸血症高ナトリウム血症呼吸困難骨髄抑制骨痛錯乱視覚異常四肢痛視神経炎耳痛失神しぶり視野欠損上室性期外収縮情動不安定食道炎食道潰瘍食欲亢進白内障心拡大心室性不整脈心停止心拍数増加腎不全蕁麻疹膵炎舌変色舌炎せつ腫症過換気喘息創傷感染そう痒症足部白癬体重増加体部白癬大腸炎耐糖能障害多汗症多形紅斑脱水中耳炎注射部位疼痛潮紅低カリウム血症低カルシウム血症低血圧低血糖低蛋白血症低ナトリウム血症低マグネシウム血症動悸洞性不整脈洞性頻脈凍瘡糖尿病尿道痛熱傷熱感膿瘍肺炎敗血症肺塞栓症歯痛肺臓炎排尿困難剥脱性皮膚炎蜂巣炎背部痛歯肉腫脹鼻炎鼻出血皮膚壊死皮膚感染皮膚そう痒症皮膚潰瘍鼻漏頻尿頻脈腹水腹痛副鼻腔炎腹部不快感腹部膨満ヘマトクリット減少プロトロンビン時間延長片麻痺ウイルス性肝炎末梢神経炎味覚倒錯性器浮腫膿疱性皮疹リンパ管炎リンパ節症側腹部痛陰部そう痒症錯感覚小腸閉塞溶血心嚢液貯留宿便低リン酸血症尿道障害尿路感染網膜炎好中球数増加上気道感染嗅覚錯誤感覚鈍麻眼乾燥インフルエンザ症候群注射部位反応回転性眩暈γ−GTP増加好酸球増加症硬化性胆管炎小水疱性皮疹爪障害斑状丘疹状皮疹流涙増加皮膚モニリア症左脚ブロックGOT増加GPT増加アルブミン尿AST増加LDH増加単純ヘルペス重篤なinfusion reactionリンパ球数増加口腔感染クリプトコッカス症咳嗽増加Al−P増加肝脾腫大硝子体浮遊物好酸球数増加インフルエンザ様疾患皮膚過角化CPK増加筋骨格硬直CK増加肛門周囲痛注射部位出血総蛋白増加口腔内白斑症放射線損傷尿中ブドウ糖陽性肩部痛潰瘍性直腸炎亀頭炎トロンボプラスチン減少リンパ浮腫重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reaction低脂血症急性脳症候群運動低下血中Na増加重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction尿中ケトン体陽性歯周病心室肥大季節性アレルギー大動脈弁閉鎖不全症CK減少CPK減少駆出率減少口唇糜爛性器発疹平均赤血球ヘモグロビン濃度減少血中Cl減少ヘルペス性口内炎咽頭炎症女性外陰部潰瘍血中K増加血中Na減少血中Cl増加血中K減少うつ病胆汁うっ滞性黄疸

上記以外の副作用

胸部不快感血圧上昇呼吸困難失神心筋症心筋障害喘息潮紅熱感白血球減少症鼻漏発熱性好中球減少症尿pH上昇ALT増加BUN増加致死的な肺塞栓症心電図ST−T変化急性左室不全γ−GTP減少第1度房室ブロックGOT減少心電図ST部分下降AST減少心電図ST−T部分下降LDH減少心電図PQ間隔延長うっ血性心不全

注意事項

病気や症状に応じた注意事項

  • 禁止
    • 過敏症
  • 相対禁止
    • 心血管系疾患
  • 慎重投与
    • 肝機能障害
    • 骨髄抑制
    • 心血管系疾患
    • 大豆アレルギー
  • 注意
    • 縦隔に放射線療法を受けた
    • 心毒性のある薬剤を併用

患者の属性に応じた注意事項

  • 希望禁止
    • 妊婦・産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳〜)
  • 注意
    • 生殖可能な年齢(11歳〜)

相互作用

薬剤との相互作用

薬剤名 影響
骨髄抑制を起こす可能性のある薬剤 骨髄抑制が増強
抗悪性腫瘍剤 骨髄抑制等の副作用が増強
アントラサイクリン系薬剤 心筋障害が増強
潜在的に心毒性を有する抗悪性腫瘍剤 心筋障害が増強
心毒性を有する薬剤 心毒性
シクロホスファミド水和物 心毒性

処方理由

この薬に関連した記事(日経メディカル Online内)もっと見る

    添付文書

    効果・効能(添付文書全文)

    1.がん化学療法後に増悪した卵巣癌。
    2.エイズ関連カポジ肉腫。
    <効能・効果に関連する使用上の注意>
    (卵巣癌)本剤の投与を行う場合には、白金製剤を含む化学療法施行後の症例を対象とし、白金製剤に対する感受性を考慮して本剤以外の他の治療法を慎重に検討した上で、本剤の投与を開始する。

    用法・用量(添付文書全文)

    1.がん化学療法後に増悪した卵巣癌:ドキソルビシン塩酸塩として1日1回50mg/屬1mg/分の速度で静脈内投与し、その後4週間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
    2.エイズ関連カポジ肉腫:ドキソルビシン塩酸塩として1日1回20mg/屬1mg/分の速度で静脈内投与し、その後2〜3週間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。
    <用法・用量に関連する使用上の注意>
    1.本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した場合の有効性及び安全性は確立していない。
    2.本剤は、5%ブドウ糖注射液で希釈する。希釈方法については、本剤の投与量に合わせ、次のa)、b)いずれかの方法で行う。
    a).本剤の投与量が90mg未満の場合:5%ブドウ糖注射液250mLで希釈する。
    b).本剤の投与量が90mg以上の場合:5%ブドウ糖注射液500mLで希釈する。
    急速な投与によりinfusion reaction発現の危険性が高くなる恐れがあるため、急速静脈内投与又は希釈しない溶液での投与は行わない。
    3.他の薬剤<5%ブドウ糖注射液を除く>等との配合又は同じ静注ラインでの同時注入は避ける。
    4.副作用により、本剤を休薬、減量、中止する場合には、次の基準を考慮する(なお、減量を行った場合は、有害事象が軽快しても減量前の投与量に戻さない)。
    [用量調節基準(卵巣癌)]
    1).手足症候群:
    (1).(卵巣癌)手足症候群<Grade1>(手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の紅斑>、手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の腫脹>又は手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の落屑>):患者が以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は投与を継続し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、最長2週間投与を延期し、投与再開時には用量を25%減量する。
    (2).(卵巣癌)手足症候群<Grade2>(手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の紅斑>、手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の落屑>又は手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の腫脹>、手足症候群<直径が2cm未満の小さな水疱>又は手足症候群<直径が2cm未満の小さな潰瘍>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、用量を25%減量の上、投与を再開し、2週間以内に軽快し、以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は、投与を再開し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (3).(卵巣癌)手足症候群<Grade3>(手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の水疱>、手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の潰瘍>又は手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の腫脹>、手足症候群<普段の衣服を着ることができない>):Grade0に回復するまで最長2週間投与を延期し、2週間たってもGrade0〜2に軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (4).(卵巣癌)手足症候群<Grade4>(手足症候群<感染性合併症の原因となるびまん性の進行>又は手足症候群<感染性合併症の原因となる局所性の進行>、あるいは手足症候群<寝たきり状態又は入院>):Grade0に回復するまで最長2週間投与を延期し、2週間たってもGrade0〜2に軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    2).口内炎:
    (1).(卵巣癌)口内炎<Grade1>(口内炎<痛みのない潰瘍>、口内炎<痛みのない紅斑>又は口内炎<軽度の痛み>):患者が以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は投与を継続し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、最長2週間投与を延期し、投与再開時には用量を25%減量する。
    (2).(卵巣癌)口内炎<Grade2>(口内炎<痛みのある紅斑・食事はできる>、口内炎<痛みのある浮腫・食事はできる>又は口内炎<痛みのある潰瘍・食事はできる>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、用量を25%減量の上、投与を再開し、2週間以内に軽快し、以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は、投与を再開し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (3).(卵巣癌)口内炎<Grade3>(口内炎<痛みのある紅斑・食事ができない>、口内炎<痛みのある浮腫・食事ができない>又は口内炎<痛みのある潰瘍・食事ができない>):Grade0に回復するまで最長2週間投与を延期し、2週間たってもGrade0〜2に軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (4).(卵巣癌)口内炎<Grade4>(口内炎<経静脈栄養を必要とする>又は口内炎<経管栄養を必要とする>):Grade0に回復するまで最長2週間投与を延期し、2週間たってもGrade0〜2に軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    3).骨髄抑制:
    (1).(卵巣癌)骨髄抑制<Grade1>(好中球1500/μL以上2000/μL未満又は血小板75000/μL以上150000/μL未満):投与を継続する。
    (2).(卵巣癌)骨髄抑制<Grade2>(好中球1000/μL以上1500/μL未満又は血小板50000/μL以上75000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期する。
    (3).(卵巣癌)骨髄抑制<Grade3>(好中球500/μL以上1000/μL未満又は血小板25000/μL以上50000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期する。
    (4).(卵巣癌)骨髄抑制<Grade4>(好中球500/μL未満又は血小板25000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期し、持続性の好中球数減少(好中球500/μL未満が7日以上継続するか、本剤投与後22日目までに軽快しない場合)又は血小板25000/μL未満が認められた場合には、投与再開時、サイトカイン(G−CSF等)を併用するか、あるいは用量を25%減量する。
    4).肝機能障害:
    (1).(卵巣癌)血清ビリルビン値が1.2〜3.0mg/dL:用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (2).(卵巣癌)血清ビリルビン値が3.0mg/dLを超える:本剤との因果関係が否定できない場合、本剤の投与を中止し、本剤との因果関係が否定される場合、用量を50%減量の上、投与を再開する。
    5).その他の副作用(卵巣癌):重度の副作用<Grade3以上>が発現した場合、Grade0〜2に軽快するまで最大2週間延期し、用量を25%減量する。
    [用量調節基準(エイズ関連カポジ肉腫)]
    1).手足症候群:
    (1).(エイズ関連カポジ肉腫)手足症候群<Grade1>(手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の紅斑>、手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の腫脹>又は手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の落屑>):患者が以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は投与を継続し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、最長2週間投与を延期し、投与再開時には用量を25%減量する。
    (2).(エイズ関連カポジ肉腫)手足症候群<Grade2>(手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の紅斑>、手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の落屑>又は手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の腫脹>、手足症候群<直径が2cm未満の小さな水疱>又は手足症候群<直径が2cm未満の小さな潰瘍>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快し、以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は、投与を再開し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (3).(エイズ関連カポジ肉腫)手足症候群<Grade3>(手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の水疱>、手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の潰瘍>又は手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の腫脹>、手足症候群<普段の衣服を着ることができない>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (4).(エイズ関連カポジ肉腫)手足症候群<Grade4>(手足症候群<感染性合併症の原因となるびまん性の進行>又は手足症候群<感染性合併症の原因となる局所性の進行>、あるいは手足症候群<寝たきり状態又は入院>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    2).口内炎:
    (1).(エイズ関連カポジ肉腫)口内炎<Grade1>(口内炎<痛みのない潰瘍>、口内炎<痛みのない紅斑>又は口内炎<軽度の痛み>):患者が以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は投与を継続し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、最長2週間投与を延期し、投与再開時には用量を25%減量する。
    (2).(エイズ関連カポジ肉腫)口内炎<Grade2>(口内炎<痛みのある紅斑・食事はできる>、口内炎<痛みのある浮腫・食事はできる>又は口内炎<痛みのある潰瘍・食事はできる>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快し、以前にGrade3又は4の本事象を経験していない場合は、投与を再開し、以前にGrade3又は4の本事象を経験している場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (3).(エイズ関連カポジ肉腫)口内炎<Grade3>(口内炎<痛みのある紅斑・食事ができない>、口内炎<痛みのある浮腫・食事ができない>又は口内炎<痛みのある潰瘍・食事ができない>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    (4).(エイズ関連カポジ肉腫)口内炎<Grade4>(口内炎<経静脈栄養を必要とする>又は口内炎<経管栄養を必要とする>):Grade0〜1に軽快するまで最長2週間投与を延期し、2週間たっても軽快しない場合は、本剤の投与を中止し、2週間以内に軽快した場合は、用量を25%減量の上、投与を再開する。
    3).骨髄抑制:
    (1).(エイズ関連カポジ肉腫)骨髄抑制<Grade1>(好中球1500/μL以上2000/μL未満又は血小板75000/μL以上150000/μL未満):投与を継続する。
    (2).(エイズ関連カポジ肉腫)骨髄抑制<Grade2>(好中球1000/μL以上1500/μL未満又は血小板50000/μL以上75000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期する。
    (3).(エイズ関連カポジ肉腫)骨髄抑制<Grade3>(好中球500/μL以上1000/μL未満又は血小板25000/μL以上50000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期する。
    (4).(エイズ関連カポジ肉腫)骨髄抑制<Grade4>(好中球500/μL未満又は血小板25000/μL未満):好中球1500/μL以上、血小板75000/μL以上になるまで投与を延期し、投与再開時には、サイトカイン(G−CSF等)を併用するか、あるいは用量を25%減量する。
    4).肝機能障害:肝機能障害のある患者に対する本剤の治療経験は限られている。従来のドキソルビシン塩酸塩製剤での経験に基づき、血清ビリルビン値が次のように上昇した場合は、本剤を減量することが望ましい。
    (1).(エイズ関連カポジ肉腫)血清ビリルビン値が1.2〜3.0mg/dLの場合は、通常量の1/2。
    (2).(エイズ関連カポジ肉腫)血清ビリルビン値が3.0mg/dLを超える場合は、通常量の1/4。

    副作用(添付文書全文)簡潔に見る

    <再発卵巣癌:国内臨床第2相試験>:国内で行われた再発卵巣癌(ミューラー管を発生起源とした卵管癌、腹膜癌を含む)を対象とした臨床試験では、74例中、副作用(臨床検査値異常を含む)は74例(100%)に認められた。主な副作用は、白血球数減少69例(93.2%)、好中球数減少69例(93.2%)、リンパ球数減少66例(89.2%)、ヘモグロビン減少63例(85.1%)、手足症候群58例(78.4%)、口内炎57例(77.0%)、赤血球数減少56例(75.7%)、血小板数減少45例(60.8%)、悪心45例(60.8%)、血中LDH増加38例(51.4%)、食欲不振37例(50.0%)、発疹37例(50.0%)、血中アルブミン減少36例(48.6%)、疲労34例(45.9%)、体重減少24例(32.4%)であった(承認時)。
    <再発卵巣癌:特定使用成績調査>:再発卵巣癌を対象とした特定使用成績調査における副作用(臨床検査値異常を含む)は1,581例(72.8%)に認められた。主な副作用は、口内炎795例(36.6%)、手足症候群723例(33.3%)、白血球減少症372例(17.1%)、好中球減少症294例(13.5%)、悪心224例(10.3%)、貧血204例(9.4%)、血小板減少症194例(8.9%)であった(再審査終了時)。
    <エイズ関連カポジ肉腫:外国臨床試験>:外国で行われたエイズ関連カポジ肉腫を対象とした4臨床試験では、720例中、血液学的検査での異常として血小板減少症439例(61.0%)、貧血399例(55.4%)、好中球減少症352例(48.9%)が認められた。有害事象(本剤との因果関係の有無にかかわらず発現した事象)の情報は705例から得られ、83%に副作用が認められた。主な副作用(血液学的検査関連の副作用を除く)は、悪心119例(16.9%)、無力症70例(9.9%)、低色素性貧血69例(9.8%)、発熱64例(9.1%)、脱毛症63例(8.9%)、Al−P増加、嘔吐、下痢各55例(7.8%)、口内炎48例(6.8%)、口腔モニリア症39例(5.5%)であった。
    1.重大な副作用
    1).心筋障害(頻度不明):心筋症、うっ血性心不全が現れることがあるので、本剤投与時には患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止する。特に、ドキソルビシン塩酸塩の総投与量が500mg/屬鯆兇┐襪筏淦左室不全が生じる可能性があるので注意する。
    2).骨髄抑制(白血球数減少93.2%、好中球数減少93.2%、血小板数減少60.8%、ヘモグロビン減少85.1%、赤血球数減少75.7%):白血球数減少、好中球数減少、血小板数減少、貧血(ヘモグロビン減少、赤血球数減少)が現れることがあり、また、骨髄抑制が生じた結果、感染症、発熱性好中球減少症又は出血が起こることがあるので、本剤投与時には頻回に血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    3).infusion reaction(18.9%):infusion reactionのうち重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction又は重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reactionが現れることがあるので、投与中は患者の状態を十分に観察し、重篤なinfusion reactionが認められた場合は投与を中止するなど適切な処置を行う。
    4).手足症候群(78.4%):腫脹、疼痛、紅斑、手足の皮膚落屑を特徴とする手掌皮疹・足底皮疹が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    5).口内炎(77.0%):口内炎が現れることがあるので、本剤投与時には頻回に観察を行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    6).肝機能障害(頻度不明):肝機能障害が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    7).間質性肺疾患(間質性肺疾患1.4%、肺臓炎1.4%):間質性肺疾患が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    8).肺塞栓症(頻度不明):致死的な肺塞栓症がまれに報告されているので、患者の状態を十分に観察し、このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    9).深部静脈血栓症(1.4%):深部静脈血栓症が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、このような症状が現れた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。
    2.その他の副作用
    1).再発卵巣癌:国内臨床第2相試験(n=74)
    (1).感染症及び寄生虫症(卵巣癌):(5%〜30%未満)毛包炎、鼻咽頭炎、(5%未満)上気道感染、外耳炎、口腔感染、体部白癬、膀胱炎、ウイルス性肝炎、帯状疱疹、ヘルペス性口内炎、感染、インフルエンザ、咽頭炎、皮膚感染、足部白癬、尿路感染、創傷感染、咽喉頭炎。
    (2).血液及びリンパ系障害(卵巣癌):(30%以上)リンパ球数減少、(5%〜30%未満)単球数減少、血小板数増加、白血球数増加、単球数増加、(5%未満)リンパ球数増加、好酸球数増加、ヘマトクリット減少、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、好中球数増加。
    (3).免疫系障害(卵巣癌):(5%未満)季節性アレルギー、過敏症。
    (4).代謝及び栄養障害(卵巣癌):(30%以上)食欲不振、(5%未満)高カリウム血症、耐糖能障害。
    (5).精神障害(卵巣癌):(5%未満)不眠症。
    (6).神経系障害(卵巣癌):(5%〜30%未満)頭痛、味覚異常、末梢性感覚ニューロパチー、(5%未満)嗅覚錯誤、浮動性眩暈、感覚鈍麻、片頭痛。
    (7).眼障害(卵巣癌):(5%未満)眼障害、白内障、結膜炎、眼乾燥、眼脂、角膜炎、流涙増加、硝子体浮遊物。
    (8).耳及び迷路障害(卵巣癌):(5%未満)耳痛、耳鳴。
    (9).心臓障害(卵巣癌):(5%未満)第1度房室ブロック、動悸、洞性頻脈、大動脈弁閉鎖不全症、左脚ブロック、洞性不整脈、上室性期外収縮、心室肥大、駆出率減少、心電図ST部分下降、心拍数増加、心電図ST−T部分下降、心電図PQ間隔延長、心電図ST−T変化。
    (10).血管障害(卵巣癌):(5%〜30%未満)高血圧、(5%未満)起立性低血圧、潮紅。
    (11).呼吸器、胸郭及び縦隔障害(卵巣癌):(5%〜30%未満)咽喉頭疼痛、咳嗽、(5%未満)咽頭不快感、鼻漏、咽頭炎症、鼻出血、喀血。
    (12).胃腸障害(卵巣癌):(30%以上)悪心、(5%〜30%未満)便秘、下痢、嘔吐、消化不良、上腹部痛、痔核、(5%未満)腹部膨満、腹痛、胃不快感、口唇炎、嚥下障害、肛門周囲痛、口唇糜爛、腹部不快感、歯肉腫脹、歯肉炎、歯周病、小腸閉塞、舌変色、歯痛。
    (13).肝胆道系障害(卵巣癌):(30%以上)LDH増加、(5%〜30%未満)AST増加(GOT増加)、ALT増加(GPT増加)、γ−GTP増加、Al−P増加、血中ビリルビン増加、血中ビリルビン減少、(5%未満)高ビリルビン血症、AST減少(GOT減少)、LDH減少、γ−GTP減少。
    (14).皮膚及び皮下組織障害(卵巣癌):(30%以上)発疹、(5%〜30%未満)脱毛症、皮膚色素沈着障害、(5%未満)爪障害、紅斑、皮膚そう痒症、多汗症、皮膚過角化、点状出血。
    (15).筋骨格系及び結合組織障害(卵巣癌):(5%〜30%未満)背部痛、(5%未満)四肢痛、肩部痛、側腹部痛、筋痛、筋骨格硬直、関節痛。
    (16).腎及び尿路障害(卵巣癌):(5%〜30%未満)蛋白尿、尿中蛋白陽性、血中クレアチニン増加、血中クレアチニン減少、(5%未満)頻尿、尿道障害、尿道痛、尿中ブドウ糖陽性、尿pH上昇、尿中ケトン体陽性。
    (17).生殖系及び乳房障害(卵巣癌):(5%未満)性器発疹、陰部そう痒症、女性外陰部潰瘍。
    (18).全身障害及び投与局所様態(卵巣癌):(30%以上)疲労、体重減少、(5%〜30%未満)倦怠感、発熱、胸痛、(5%未満)注射部位反応、胸部不快感、悪寒、熱感、低体温、インフルエンザ様疾患。
    (19).臨床検査(卵巣癌):(30%以上)血中アルブミン減少、(5%〜30%未満)総蛋白減少、CK減少(CPK減少)、血中Na減少、血中尿素増加、血中尿素減少、血中Cl減少、血中K減少、血中K増加、CK増加(CPK増加)、血中Cl増加、血中Na増加、(5%未満)血圧上昇、総蛋白増加。
    (20).傷害、中毒及び処置合併症(卵巣癌):(5%未満)凍瘡、熱傷。
    2).エイズ関連カポジ肉腫:外国臨床試験(n=705)[5%以上の副作用は、血液学的検査関連の副作用を除く]
    (1).全身(エイズ関連カポジ肉腫):(5%以上)無力症、発熱、(1%〜5%未満)頭痛、背部痛、感染、アレルギー反応、悪寒、(1%未満)顔面浮腫、蜂巣炎、敗血症、膿瘍、放射線損傷、インフルエンザ症候群、モニリア症、低体温、注射部位出血、注射部位疼痛、クリプトコッカス症、腹水。
    (2).心臓血管(エイズ関連カポジ肉腫):(1%〜5%未満)胸痛、低血圧、頻脈、(1%未満)血栓性静脈炎、心嚢液貯留、出血、動悸、失神、脚ブロック、心拡大、心停止、片頭痛、血栓症、心室性不整脈。
    (3).皮膚・付属器(エイズ関連カポジ肉腫):(5%以上)脱毛症、(1%〜5%未満)単純ヘルペス、発疹、皮膚そう痒、(1%未満)斑状丘疹状皮疹、皮膚潰瘍、皮膚変色、帯状疱疹、剥脱性皮膚炎、皮膚モニリア症、多形紅斑、結節性紅斑、せつ腫症、乾癬、膿疱性皮疹、皮膚壊死、蕁麻疹、小水疱性皮疹。
    (4).消化器(エイズ関連カポジ肉腫):(5%以上)悪心、嘔吐、下痢、口腔モニリア症、(1%〜5%未満)口腔内潰瘍形成、舌炎、便秘、アフタ性口内炎、食欲不振、嚥下障害、腹痛、(1%未満)消化不良、胆汁うっ滞性黄疸、胃炎、歯肉炎、潰瘍性直腸炎、大腸炎、食道潰瘍、食道炎、胃腸出血、肝不全、口腔内白斑症、膵炎、潰瘍性口内炎、肝炎、肝脾腫大、食欲亢進、黄疸、硬化性胆管炎、しぶり、宿便。
    (5).内分泌(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)糖尿病。
    (6).血液及びリンパ(エイズ関連カポジ肉腫):(5%以上)低色素性貧血、(1%〜5%未満)溶血、プロトロンビン時間延長、(1%未満)好酸球増加症、リンパ節症、リンパ管炎、リンパ浮腫、点状出血、トロンボプラスチン減少。
    (7).代謝・栄養(エイズ関連カポジ肉腫):(5%以上)Al−P増加、(1%〜5%未満)ALT増加(GPT増加)、体重減少、低カルシウム血症、高ビリルビン血症、高血糖、(1%未満)LDH増加、高ナトリウム血症、クレアチニン増加、BUN増加、脱水、浮腫、高カルシウム血症、高カリウム血症、高脂血症、高尿酸血症、低血糖、低カリウム血症、低脂血症、低マグネシウム血症、低ナトリウム血症、低リン酸血症、低蛋白血症、ケトーシス、体重増加。
    (8).筋骨格(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)筋痛、関節痛、骨痛、筋炎。
    (9).神経(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)錯感覚、不眠症、末梢神経炎、うつ病、ニューロパチー、不安、痙攣、筋緊張低下、急性脳症候群、錯乱、片麻痺、筋緊張亢進、運動低下、回転性眩暈。
    (10).呼吸器(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)胸水、喘息、気管支炎、咳嗽増加、過換気、咽頭炎、気胸、鼻炎、副鼻腔炎。
    (11).特殊感覚(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)中耳炎、味覚倒錯、視覚異常、盲、結膜炎、眼痛、視神経炎、耳鳴、視野欠損。
    (12).泌尿生殖(エイズ関連カポジ肉腫):(1%未満)血尿、亀頭炎、膀胱炎、排尿困難、性器浮腫、糖尿、腎不全。
    (13).その他(エイズ関連カポジ肉腫):(1%〜5%未満)呼吸困難、アルブミン尿、肺炎、網膜炎、情動不安定、浮動性眩暈、傾眠。

    使用上の注意(添付文書全文)簡潔に見る

    (警告)
    1.従来のドキソルビシン塩酸塩製剤の代替として本剤を投与しない。
    2.本剤の投与は、緊急時に十分対応できる医療施設において、本剤投与が適切と判断される症例についてのみ実施する。
    3.本剤の卵巣癌患者への投与は、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで実施する。また、卵巣癌患者への治療開始に先立ち、患者又はその家族に本剤の臨床試験成績等を踏まえて、有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与する。
    4.ドキソルビシン塩酸塩が有する心毒性に注意する。ドキソルビシン塩酸塩の総投与量が500mg/屬鯆兇┐襪函⊃感攵祿欧砲茲襪Δ歎貔心不全が生じる可能性がある。ドキソルビシン塩酸塩の総投与量については、他のアントラサイクリン系薬剤や関連化合物による前治療又は併用を考慮する。また、縦隔に放射線療法を受けた患者又はシクロホスファミドを併用などの心毒性のある薬剤を併用している患者では、より低い総投与量(400mg/屐砲膿監農が発現する可能性があるので注意する。本剤投与開始前、及び本剤投与中は頻回に心機能検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止する。
    5.心血管系疾患又はその既往歴のある患者には、治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ投与する。
    6.重度骨髄抑制が生じることがあるため、頻回に血液検査を行うなど患者の状態を十分に観察する。
    7.ほてり、潮紅、呼吸困難、胸部不快感、熱感、悪心、息切れ、胸部絞扼感及び咽喉絞扼感、低血圧等を含む急性のinfusion reactionが認められており、これらの症状は、多くの患者で投与中止又は終了後、数時間から1日で軽快し、また、投与速度の減速により軽快することもあるが、一部の患者では、重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction又は重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reactionが報告されているので、緊急時に十分な対応のできるよう治療薬と救急装置を準備した上で投与を開始し、infusion reaction発現の危険性を最小限にするため投与速度は1mg/分を超えないこととし、このようなinfusion reactionが生じた場合は投与を中止するなど適切な処置を行う。
    (禁忌)
    従来のドキソルビシン塩酸塩製剤又は本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。
    (慎重投与)
    1.心血管系疾患又はその既往歴のある患者[心筋障害が現れることがある]。
    2.骨髄抑制のある患者(エイズ関連カポジ肉腫患者では、HIVや併用薬等により、また、卵巣癌患者では前治療等の影響により、本剤の投与開始前から骨髄抑制が認められる場合がある)[骨髄機能をより強く抑制する恐れがある]。
    3.肝機能障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]。
    4.高齢者。
    5.大豆アレルギーのある患者[本剤の添加物に大豆由来の成分が含まれている]。
    (重要な基本的注意)
    1.本剤はドキソルビシン塩酸塩をリポソームに封入した製剤であることから、本剤の有効性、安全性、薬物動態等は従来のドキソルビシン塩酸塩製剤と異なる。本剤を従来のドキソルビシン塩酸塩製剤の代替として使用しない。また、本剤を従来のドキソルビシン塩酸塩製剤と同様の用法・用量で投与しない。
    2.ドキソルビシン塩酸塩が有する心毒性に注意し、本剤投与開始前、及び本剤投与中は頻回に、心機能検査(心電図、心エコー、放射性核種スキャン、心内膜心筋生検等)を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止する。
    3.骨髄抑制が生じた結果、感染症、発熱性好中球減少症又は出血がおこることがあるので、頻回に血液検査を行うなど患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な処置を行う。また、他の骨髄抑制作用を有する薬剤との併用により、骨髄抑制が増強される可能性がある。
    4.急性のinfusion reaction(ほてり、潮紅、胸部不快感、呼吸困難、悪心、熱感、背部痛、頻脈、そう痒症、鼻漏、腹痛、動悸、血圧上昇、顔面腫脹、頭痛、悪寒、胸痛、胸部絞扼感及び咽喉絞扼感、発熱、発疹、チアノーゼ、失神、気管支痙攣、喘息、無呼吸、低血圧、息切れ等を特徴とする)が現れることがあり、これらの症状は、投与中止又は終了後、数時間から1日で軽快することが多く、また、投与速度の減速により軽快することもあるが、一方、重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction又は重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reactionが現れることがあるので、緊急時に十分な対応のできるよう治療薬と救急装置を準備した上で投与を開始し、infusion reaction発現の危険性を最小限にするため投与速度は1mg/分を超えないこととし、このようなinfusion reactionが生じた場合は投与を中止するなど適切な処置を行う。
    5.肝機能障害が現れることがあるので、本剤投与前及び投与中は肝機能検査を定期的に行い、患者の状態を十分観察し、異常が認められた場合には、減量、休薬又は投与中止など、適切な処置を行う。
    6.本剤を含め、トポイソメラーゼ2阻害剤を投与した患者で、二次性急性骨髄性白血病が報告されている。
    7.本剤の投与に際しては、アレルギー歴、薬物過敏症等について十分な問診を行う。
    8.生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。
    (相互作用)
    本剤は、従来のドキソルビシン塩酸塩製剤で相互作用が知られている薬剤と相互作用を示す可能性がある。
    併用注意:
    1.本剤投与前の心臓部あるいは縦隔への放射線照射、潜在的に心毒性を有する抗悪性腫瘍剤(アントラサイクリン系薬剤等)[心筋障害が増強される恐れがある(心筋に対する蓄積毒性が増強される)]。
    2.他の抗悪性腫瘍剤[骨髄抑制等の副作用が増強することがある(副作用が相互に増強される)]。
    3.放射線照射[骨髄抑制等の副作用が増強することがあり、本剤の投与で、放射線照射の前治療に起因する皮膚反応が再発することがある(副作用が相互に増強される)]。
    (高齢者への投与)
    高齢者では特に心毒性、骨髄抑制が現れやすく、また、肝機能が低下していることが多いため高い血中濃度が持続する恐れがあるので、用量に留意して患者の状態を観察しながら慎重に投与する。
    (妊婦・産婦・授乳婦等への投与)
    1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[動物実験(ラット、ウサギ)で胎仔毒性及び流産誘発作用が報告されている]。
    2.授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。
    (小児等への投与)
    小児等に対する安全性は確立されていない(使用経験がない)。
    (過量投与)
    1.徴候、症状:ドキソルビシン塩酸塩の短期間での過量投与により粘膜炎、白血球減少症及び血小板減少症の頻度が増加することがある。
    2.処置:過量投与時、血小板及び顆粒球の輸血、抗菌剤投与等、適切な処置を行うとともに、過量投与による粘膜炎に対する対症療法を行う。
    (適用上の注意)
    1.投与経路:静脈内にのみ投与する。皮下、筋肉内投与は行わない。
    2.調製時:本剤の取扱い及び調製にあたっては、手袋を使用するなど慎重に行う。本剤が皮膚又は粘膜に触れた場合には、直ちに石鹸でよく洗う。
    3.投与時:
    1).本剤のバイアルは1回使い切りである。バイアル中の未使用残液は適切に廃棄する。また、希釈後は2〜8℃で保存し、24時間以内に投与する。
    2).血管外漏出により、注射部位壊死が生じたとの報告があるので、静脈内投与に際し、薬液が血管外に漏れないよう注意し、血管外漏出の徴候あるいは症状(刺痛感、灼熱感、紅斑等)が生じた場合には、投与を直ちに中止し、別の静脈で再開する(なお、漏出部位を冷やすことで、症状が緩和される場合がある)。
    3).本剤投与の際は、インラインフィルターを使用しない。また、投与ラインの急速なフラッシュは避ける。
    (その他の注意)
    1.本剤を1年以上投与した患者又はドキソルビシン塩酸塩の総投与量が720mg/屬鯆兇┐心擬圓如二次性口腔内腫瘍が報告されている。但し、本剤投与後の二次性口腔内腫瘍の報告数は少なく、更に、投与期間及び総投与量の情報は、一部の患者の情報に基づくものであり限られている。
    2.動物実験でドキソルビシン塩酸塩及び関連化合物は遺伝毒性及び発癌性を有することが示されている。
    3.ラットに反復静脈内投与した実験で、1mg/kg投与群において精巣小型化及び精巣内精子数減少が認められ、イヌに反復静脈内投与した実験で、0.25〜1mg/kg投与群において精巣重量減少、精細管変性及び精子未形成が認められた。
    4.ドキソルビシン塩酸塩の有する色により、尿が赤色となることがある。
    (保管上の注意)
    2〜8℃(凍結を避ける)。

    Information PR

    ログインしていません

    Close UpコンテンツPR

    ログインしていません

    もっと見る

    人気記事ランキング

    1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
    2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
    3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
    4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
    5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
    6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
    7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
    8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
    9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
    10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55